インスタントコーヒーが美味しいコーヒーに早変わり‼

忙しい朝、忙しい昼はやっぱりインスタントコーヒーですよね。お湯を注ぐだけで、手軽にコーヒーを飲めるのですから。

最近では、インスタントコーヒーも色々な種類があって、値段も手ごろですし味も美味しものがたくさんありますよね。

そのままでも美味しいインスタントコーヒーですが、ちょっと手を加えるだけでより一層美味しいインスタントコーヒーが出来上がります。

スポンサーリンク

インスタントコーヒーとは

1771年にイギリスで、発明されました。

コーヒーノキに真っ白な花が咲き、その真っ白な花から真っ赤に熟したコーヒーの実ができます。

その種子がコーヒー豆と呼ばれるものです。

雑談ですが、コーヒーの花の開花期間て何日ぐらいと思いますか? その期間は、たったの2日だけなんです。日本人で咲いている姿を見た人は、数えれる程度だといいます。現地の人でも見逃す事があるそうです。

その2日間だけは、農園が雪景色のように真っ白になるそうです。一度見てみたいですね。

観葉植物で『コーヒーノキ』が売っているのをたまに見かけますが、コーヒーの花を咲かせるには、それなりの太陽の光、温度が必要とされています。そのため観葉植物では、花は咲かないと言われています。

ちなみにコーヒー花の花言葉は、一緒に休みましょうです。[コーヒーを飲んで一緒にリラックスしましょう」という由来だそうです。

コーヒー豆を焙煎して、抽出したコーヒー液を乾燥させて粉末にしたものがインスタントコーヒーです。

インスタントコーヒーには、「スプレードライ法」と「フリーズドライ法」があります。

スプレードライ法

噴霧乾燥法とも言います。高温のコーヒー液を乾燥した筒の中に入れて、素早くコーヒー液を噴霧して乾燥させる方法。コーヒー粉は微粉状になるため、冷たい水にも溶けやすくなります。

フリーズドライ法

コーヒー液をマイナス40℃以下で凍らせたあとに、細かく砕きます。それを、真空状態で乾燥させて水分を蒸発させる方法。

熱をかけなくてすむため、風味、香りが失われにくいですが、手間がかかるためスプレードライ法のコーヒー粉より、値段が高くなります。

インスタントコーヒーの淹れ方

普通はカップにインスタントコーヒーを入れて、お湯を注いで出来上がり。っていうのが一般的だと思います。

これでも美味しく飲めますが、ひと手間加えるだけで、もっと美味しく飲めるやり方があります。それは、最初にカップにコーヒーを入れて、それに少量の水を加えてグルグルかき回します。(コーヒーのダマなくなるまで)なくなったら、お湯を注いで完成です。

これだけで、味も香りもぜんぜん違います。最初に水でかき混ぜることによって、デンプンの固まるのを防ぐからだそうです。

  1. カップをあらかじめ温めておく
  2. スプーン1杯(2g程度)のお好きなインスタントコーヒーをカップに入れる
  3. スプーン1杯のお水を入れる
  4. ダマがなくなるまでかき混ぜる
  5. お湯(140cc)を注いでグルグルかき混ぜて完成

あとはお好みで砂糖、ミルクを入れて下さい。

もうひと手間加えると、苦味を抑えたまろやかなコーヒーが出来上がります。それは、
出来上がったコーヒーを電子レンジで30秒温めて下さい。

飲みやすく、まろやかなコーヒーになります。ぜひお試しください。

あとコーヒー粉を、フライパンで色が変わるぐらいまで軽く乾煎りします。そのコーヒー粉で淹れると香ばしい、いい香りのコーヒーになります。コーヒー粉は、焦げやすいので注意してください。
インスタントコーヒーでカフェオレを作る場合は

  1. カップに牛乳3:水1の割合で入れる。牛乳150ml、水50mlがおすすめの割合です。よくかき混ぜてください。
  2. インスタントコーヒーをスプーンに3杯と砂糖を2杯(お好みですが甘くしたいなら3杯に)1.でかき混ぜた上に置きます。かき混ぜないで、そっと置くのがポイントです。
  3. それを電子レンジ(600W)で2分加熱してください。(インスタントコーヒーを香ばしくするため)
  4. レンジから取り出したコーヒーをよくかき混ぜれば完成です。

フライパンで乾煎りしたコーヒー粉を使うのもいいです。その時は、3.の作業は必要ないです。

香ばしい口当たりの良いまろやかなカフェインに仕上がります。少し面倒ですが、やってみる価値はあると思います。一度試してみて下さい。

インスタントコーヒーは味が薄い、美味しくない。香りがしない。と色々言われてますが、ちょっと手を加えるだけで、ドリップコーヒーにも負けないぐらい美味しくなります。

手軽なインスタントコーヒーでよきコーヒーライフを楽しんでください。

コーヒー
スポンサーリンク
SNSフォローボタン
りんさくをフォローする
りんさくBOOKS

コメント

タイトルとURLをコピーしました