注目!!コーヒーフレッシュはヤバい!体に及ぼす影響とは?

最近はコンビニでも、喫茶店でも、カフェでも、コーヒーを注文すると必ずと言っていいほど、フレッシュがついてきます。

みさなんは、そのフレッシュを使いますか?それとも使わずブラックコーヒーで飲みますか?

確かにフレッシュを入れると、マイルドになり飲みやすくなります。ですが、フレッシュってミルクだと思っていませんか?実は、ミルクではないのです。だから常温で置いておいても、腐ったりしないのです。

そのフレッシュが、危険なものだと知っていましたか。

今回は、フレッシュについて色々と勉強したいと思います。

スポンサーリンク

フレッシュとは?

コーヒー、紅茶などに加えるポーションタイプのクリームのこと。

関東では、「コーヒーミルク」、「クリーム」と呼ばれていますが、関西では「フレッシュ」と呼ばれています。どれも同じ小さなカップに入ったミルクみたいなものです。

コーヒーフレッシュの成分は?

コーヒーフレッシュって何から出来ていると思う?と聞くと、「ミルク」、「牛乳」、「生クリーム」と答えると人がほとんどだと思いますが、そんなものは1滴も入っていません。

それじゃあ何から出来ているのかというと、「植物油」、「水」、「乳化剤」からできています。

作り方は、植物性油脂と水を混ぜる。油と水は混ざらないないので、乳化剤を入れて混ぜる。するとうまく混ざって白く濁る。それに、増粘多糖類でとろみを出してPH調整剤で日持ちさせ、カラメル色素、香料で色、味、匂いをつけて完成です。これだけ『添加物』がたくさん入っているのに、体にいいわけがないですよね。

ちなみにアイスクリームの種類で、アイスミルク、ラクトアイスは、フレッシュと同じ成分が含まれているものが多いです。特にラクトアイスは注意してください。

人体への影響

トランス脂肪酸

植物性油脂には、トランス脂肪酸が含まれています。

トランス脂肪酸とは、脂質を構成している脂肪酸の一種で、酸化に弱く、常温で液体です。液体の油に水素添加して硬化油にする時に発生します。マーガリン、ショートニングなどに含まれています。
トランス脂肪酸を過剰摂取すると、「悪玉コレステロール」を増やして「善玉コレステロール」を減少させるとされています。
 
どういうことかと言うと、脳梗塞や心臓病になりやすくなると言うことです。
 
最近では、植物性油脂ではなく、乳脂肪を使っているものもあります。トランス脂肪酸が含まれていない商品もあります。気になる人は、パッケージ裏の表示を見てみるといいかもしれません。
 
過剰摂取と言いましても、トランス脂肪酸の摂取量は、1日に2g未満とされています。コーヒーフレッシュ1個当たり約0.04g(メーカーによる)ぐらいですので、単純に計算しても約50個までは大丈夫ということになります。

乳化剤

水と油を混ぜるときに使用する乳化剤

乳化剤としてよく使われる「ショ糖脂肪酸エステル」を過剰摂取すると、発がん性、肝臓病、下痢になりやすくなるとされています。

普通の食生活では、過剰摂取するほど食べることはないとされています。ですが、

妊婦さんは、胎児の染色体異常を引き起こす可能性があります。十分に気を付けて下さい。
 
乳化剤にはもう1つ「リン酸塩」というのがあります。過剰摂取するとカルシウムの吸収が悪くなったり、腎臓機能が低下したりします。
 

コーヒーフレッシュの代用品

豆乳

苦味を抑えて味をまろやかにしてくれます。ほのかな甘みもあり、栄養もたくさん含まれているので、ダイエット、健康志向の人には最適な代用品です。

牛乳

どのご家庭でも、冷蔵庫に1本は入っていると思います。フレッシュほどのコクは出ませんが、とてもまろやかになり後味もスッキリします。お手軽なうえに低価格ですので、代用品にはオススメです。
 
脂肪分が多いほどまろまかな味わいになりますが、その分カロリーも高くなります。入れすぎには注意してください。

生クリーム

生クリームを使用するときは、コーヒーに溶けやすい水溶性が高い生クリームがいいと思います。濃厚でコクがあるコーヒーになります。

だだ生クリーム自体カロリーが高いため、入れすぎるには注意しましょう。

マシュマロ

生クリーム同様コクがでて、まろやかな口当たりになります。入れすぎると甘みが強くなります。1~2個がベストです。

クリープ

ミルクを粉末状にしたもので、乳脂肪が含まれています。香料も着色料も使用していないので、体に優しいです。味も牛乳同様まろやかで飲みやすくなります。オススメな代用品です。

スキムミルク

スキムミルクって聞いたことありますか?
 
スキムミルクとは、牛乳から脂肪分を取って粉末状にしたものです。(脱脂粉乳とも言います)
 
コーヒーは脂肪分が多いほど、まろやかで口当たりの良いコーヒーになります。脂肪分がないということは、物足りないと思う人もいると思いますが、カロリーは低くダイエットには良いと思います。
 
味は、スッキリとしています。
 

まとめ

過剰摂取しなければ体への影響は、さほど気にすることはありませんが、他にもミルクだと思っていたものが、油と添加物の混ぜ物というものは、たくさんあります。

気になる人は、パッケージの裏の表示をチェックしてみてください。

健康には気をつけてください。

 

 
コーヒー
スポンサーリンク
SNSフォローボタン
りんさくをフォローする
りんさくBOOKS

コメント

タイトルとURLをコピーしました