コーヒーを水筒に入れて出かけよう!メリット、注意点

もう暑い夏が終わり、涼しくなってきましたね。どこかに出かけるには、いい気候になってきました。コーヒーを水筒に入れて、出かける時ってないですか?水筒コーヒーのメリットと注意点を見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

水筒コーヒーのメリット

お金の節約になる

コンビニ、自動販売機、どこに行っても売っている缶コーヒー。手軽で便利ですが、毎日缶コーヒーを飲んでいたら、結構な出費になります。

缶コーヒー1本130円として、1ヵ月毎日飲んだとします。130円×30日=3900円です。たかが3900円と思う人もいるでしょうが、塵も積もればなんとやらで、1年で見てみると3900円×12ヵ月=46800円になります。1日2本、3本と飲む人は、これ以上の出費になってしまいます。

これが水筒コーヒーなら、インスタントコーヒー230g値段は1023円のものを使うとして(スーパーの特売品ならもっと安く買えるかも)、マグカップに約76杯分作れます。

コーヒー1杯が、1023円÷76杯=13.46円です。これを500mlの水筒に入れると、大体4~5杯分入ると思います。5杯入るとして、13.46円×5杯=67.3円/日となります。

1ヵ月だと、67.3円×30日=2019円です。1年だと、2019円×12ヵ月=24228円になります。

缶コーヒーと比べると、缶コーヒー46800円/年-水筒コーヒー24228円/年=22572円もお得になります。(大体の目安として見てください。インスタントコーヒーの値段、1日飲む量によっては多少違います。)

ペットボトルのコーヒー(900ml)を買って、水筒に入れ替えるだけでも缶コーヒーよりは、お得です。

約22500円も得します。節約したお金で、美味しいものを食べたり、洋服を買ったり、貯金したり有意義に使って下さい。

 

自分の好きなタイミングでコーヒーが飲める

飲みたいときに飲める!これが一番のメリットです。飲みたいときに、自分のお気に入りのコーヒーを飲むのが、一番美味しいですね。

どこかに遊びに行って、コンビニも自動販売機もないのんびりした所で、飲むコーヒーは格別かもしれませんね。

水筒コーヒーの作り方

温かいコーヒーを入れるより冷たいコーヒーを入れることを、おすすめします。温かいコーヒーを入れると、酸化が進んで不味くなるからです。

ペットボトルのコーヒーを冷蔵庫で冷やして、それを水筒に入れるのも一つの方法ですが、安くするならインスタントコーヒーを水筒に入れるほうが安いです。

 

インスタントコーヒーを水筒に入れる方法をご紹介します

氷2:水3の割合がベストです。氷が溶けた時のことを考慮して濃い目に作っていきます。

では、作っていきましょう。今回は、水筒の容量は500mlのものとします。

  1. 用意するものは、氷200ml分、水300ml、コーヒー粉10g(濃い目が好きな人は、12~15g)
  2. 水筒に氷200ml分を入れて、冷やしておきます。
  3. 水を100gだけ沸騰させます。沸騰したら1分待ちます。(温度を90℃にするため。沸騰直後よりも90℃でコーヒーを作る方が、美味しくなるため)
  4. 1分待ったらコーヒー粉を入れて、ダマがなくなるまでよくかき回して、溶かしてください。
  5. 4のコーヒーを氷の入った水筒に入れて下さい。
  6. 最後に残った水200mlを注いで、完成です。

簡単に出来ますので、ぜひお試しください。

いつも通りホットコーヒーを作って、冷蔵庫で1日冷やしてそれを水筒に入れてもいいですが、味、香りを気にする人は、上記の1~6のやり方で水筒に入れた方が、美味しく飲めます。

水筒コーヒーの注意点

アイスコーヒーを水筒に入れましょう

上記でお話したように、アイスコーヒーを水筒に入れるのがオススメです。なぜかと言いますと、温かいコーヒーだと酸化しやすいからです。温度が低いと酸化するスピードが遅くなるからです。

酸化してるかどうかの見分け方は、飲んだ時に渋い酸味と舌に残る苦味が口の中、喉に残ります。下痢、腹痛を起こす可能性があります。

 

ミルクは入れないようにしましょう

大体どの水筒にも、乳製品は入れないで下さい。と説明書に書いてあります。なぜかと言いますと、ミルクのタンパク質、植物油脂が腐敗の原因になるからです。砂糖、ガムシロップは大丈夫です。どうしてもミルクが入れたい人は、水筒に直接入れずにコップに入れてから、ミルク、フレッシュを入れるようにしましょう。

 

コーヒーの臭いがとれない

水筒にコーヒーを入れるとコーヒーの茶渋が付着して臭いがなかなかとれなくなってしまいます。水筒の中も茶色くなってしまいますし、フタの部分も茶色くなってしまいます。フタの部分のシリコンやゴムは、洗っても落ちません。

カビ、雑菌の原因になるので、しっかり洗いましょう。洗うときは金たわし、ステンレスたわしは、キズがついてしまうので使わないようにしてください。

茶渋がついて取れなくなってしまったら、重曹がオススメです。やり方は

  1. クエン酸と重曹を1:1で混ぜます。量は、小さじ1杯ずつです。
  2. 水300mlと1.を水筒の中に入れてシャカシャカします。
  3. そのまま1日置いておいてください。

次の日には、キレイになっています。

フタ部分のシリコン、ゴムも同様に1.2.とやって下さい。シャカシャカした水に、フタ部分をつけ置きしておけばキレイになります。

塩素系漂白剤は、使用しないでください。臭いが残って消毒臭くなってしまいます。美味しいコーヒーが不味くなっています。

1週間に1回行えば清潔に長く使えます。

まとめ

水筒コーヒーは、節約にもなるし、何より好きな時に飲めるのが、いいですよね。

会社に持っていくのもよし。遊びに持っていくのもよし。色々と活用させて素敵なコーヒーライフを送ってください。

注意点は、頭の片隅にでも覚えておいていただいたら、幸いです。

 

コーヒー
スポンサーリンク
SNSフォローボタン
りんさくをフォローする
りんさくBOOKS

コメント

  1. […] コーヒーを水筒に入れて出かけよう!メリット、注意点 […]

タイトルとURLをコピーしました