猫との暮らし

スポンサーリンク
猫との暮らし

健康を願って愛猫と節分を楽しもう♪ 猫が大豆を食べてしまっても大丈夫?

鬼は外、福は内♪2月3日になると、どのご家庭からも聞こえてきそうですね。昔から節分は、豆をまいて邪気を払い無病息災を願う行事と親しまれてきました。あの豆には大豆が使用されているのですが、猫を飼っているご家庭はあの大豆で猫が遊んだり食べてしまう事はありませんか?猫は大豆を食べても大丈夫なのかを見ていきたいと思います。
猫との暮らし

なぜ十二支に「ネコ」がいないの?ネコ年がない理由とネコ年がある国

干支と聞くと、12種類の動物を思い浮かべる方も多いと思います。干支というのは古代中国で作られました。「十干」の10種類と「十二支」12種類を組み合わせてできたものを「干支」と呼んでいるのです。しかし、猫好きさんなら気付くと思いますが、干支には猫が入っていませんね。なぜ猫が入っていないのかを、見ていきたいと思います。
猫との暮らし

どうしてそんなに可愛い仕草をするの?猫が首をかしげる理由とは

猫がする可愛い仕草には、必ず意味があると言われています。その中の一つとして、猫が人間のように首をかしげるという仕草があります。僕たち人間から見ると「んん…なんだあれは?」「わかんな~い」と言っているように思えてしまいますよね。実は、それ以外にも理由があるのです。なぜ猫は首をかしげるのかを見ていきましょう。
スポンサーリンク
猫との暮らし

猫のウンチはトイレに詰まるってホント?流せる猫砂も注意が必要!

猫を飼っていると、毎日必ずしなくちゃいけない事があります。それはトイレ掃除です。では、愛猫がトイレにしてあるウンチはどうされていますか?猫のウンチをトイレに流すと詰まる原因になるという話を聞いたことはないでしょうか?なぜ猫のウンチはトイレに流すと詰まるのでしょうか?猫砂は流しても大丈夫なのか?詳しく見ていきましょう。
猫との暮らし

夜中に「ニャーニャー」どうしたの?愛猫が夜鳴きをする理由と対処法

「愛猫が夜中に鳴くから、寝不足になることが多々ある」という方も多いのではないでしょうか。まぁそれも、猫を飼う醍醐味の一つなのかもしれませんが、なぜ猫は昼間じゃなくて、夜中に鳴くのでしょうか?愛猫が夜中に鳴くと、寝不足になることよりも「なぜ鳴いているの?」と心配になりますよね。猫の夜鳴きについて、見ていきたいと思います。
猫との暮らし

「おかえり!待ってたニャー」愛猫がお出迎えしてくれる理由とは

玄関を開けると愛猫が座って待っていたことはありませんか?「えっ?どうして帰りがわかったの?」と嬉しくなりますね。うちの猫たちも、たまにお出迎えしてくれますが、なぜか毎日ではないのです。猫は気まぐれだとよく言いますが、それでたまにしかお出迎えをしてくれないのでしょうか?猫のお出迎えについて見ていきたいと思います。
猫との暮らし

猫の目は色を認識できるの? 猫にも好きな色と嫌いな色があった⁈

僕たち人間は、見るもの全てには必ず「色」がついています。そのために、景色を見て感動したり、色で物事を判別をすることができます。人間の目は3種類の錐体からできているので、およそ100万色を識別できると言われています。しかしペット(犬や猫)は2種類の錐体しか持っていません。猫から見える色の世界について、見ていきましょう。
猫との暮らし

猫が飼い主に似るって本当なの?それとも飼い主が猫に似るの?真相は

「ん…最近この子、私に似てきた?」と感じたことはありませんか?犬は飼い主に似るとよく言いますが、猫も同じように飼い主に似るのでしょうか?ある研究で、猫が似てくるのではなく、飼い主が自分に似ている猫を選ぶからだ、という研究結果が発表されました。では、保護をした猫はどうでしょうか?猫が飼い主に似る理由を見てみましょう。
猫との暮らし

柔らかくて気持ちがいいニャ~。なぜ猫はフワフワした物を好むのか?

愛猫がフワフワしたものに埋もれている姿を見ると、顔が自然とにやけてきませんか。何とも言えない可愛さがありますね。猫って、なぜフワフワした柔らかいものが好きなのだろう、と考えたことはあるでしょうか?実は、猫がフワフワしたものが好きなのには、ちゃんとした理由があるのです。なぜ猫はフワフワが好きなのかを見ていきましょう。
猫との暮らし

猫って本当は守り神かもしれない⁈猫に秘められたエネルギーとは

もしかして猫に助けられた?と思う瞬間はありませんか?猫は昔、守り神と言われていました。しかし、ある国では不吉だと邪魔者扱いをされてもいたのです。猫が人間に与える影響は素晴らしいものがあると言われています。猫が人間を守っていると言っても、過言ではないとまで言っているのです。なぜそう言われているのかを見ていきましょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました