コーヒー豆の種類、特徴、味の違い

コーヒーと一言で言っても、銘柄だけで何種類あると思いますか?

今現在で、200種類以上あると言われています。

せっかく飲むのだから、その中から自分好みの美味しいコーヒーを見つけたいものですね。

どんなものがあるのか、色々とご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

コーヒー豆の品種

コーヒー豆には、いくつかの種類が存在します。その中でも、アラビカ種、ロブスタ種、リベリカ種は、コーヒーの三大原種と呼ばれています。

日本で飲まれているのは、、「アラビカ種」と「ロブスタ種」の2種類です。

アラビカ種

エチオピアの高原で、栽培されています。コーヒー市場の約7割を占めています。

アラビカ種の木は、標高1000mを超える高地で栽培されます。土壌は、火山灰性の土壌が最適と言われてます。そのため、多大な労力を持って収穫しなければなりません。

気温も重要な条件になります。夜は寒くて、昼は暑いという温度差が必要です。

非常にデリケートで繊細な品種です。気温の影響を受けやすく、病気、害虫にも弱いです。

育てにくい豆だからこそ、味は素晴らしいものになります。栽培環境によって異なるため、一概には言えませんが…。

豊かな風味とコーヒーらしいいい香りが特徴です。苦み、甘みも十分にあり、ほかの原種より酸味が強いです。

ジャマイカ産の「ブルーマウンテン」、タンザニア産の「キリマンジャロ」もアラビカ種のコーヒーです。

 

アラビカ種の主な品種

ティピカ・・・香りが強く、酸味、甘みもしっかりした味わいです。病気、害虫に弱いため栽培が難しいとされています。有名な銘柄はモカコーヒーです。

ブルボン・・・黄色い実があるのが特徴です。通常は、赤い実です。苦味、酸味がマイルドで甘みのある香りと風味が特徴です。舌触りも良く、飲みやすい豆です。

カトゥーラ・・・ブラジルでブルボンの突然変異種として発見されました。酸味、苦味が強いのが特徴です。

ムンド・ノーボ・・・ブラジルを代表する品種です。沖縄でも栽培されています。酸味がなくやわらかい甘みとくせのない味わいが特徴です。

ゲイシャ・・・近年、注目されている豆です。希少価値が高く、柑橘系の香りが特徴です。爽やかな風味と香りが特徴です。

カトゥーアイ・・・カトゥーラとムンド・ノーボを人工的に交配された豆です。病気、害虫に強く、育てやすいとされています。軽い味わいで、飲みやすいのが特徴です。

 

ロブスタ種

別名、カネフォラ種とも言います。

病気、害虫に強く、アラビカ種より安価という特徴があります。

ロブスタ種をそのまま飲むと、苦み、渋みが強く泥臭いので、非常に飲みにくいコーヒーです。そのため、缶コーヒーやインスタントコーヒー、ブレンドコーヒーとして飲まれています。

アラビカ種の2倍のカフェインが含まれています。脳の活性化には最適な豆です。

ロブスタ種は、ベトナムで多く生産されています。有名なベトナムコーヒーもロブスタ種の豆を使用しています。

ベトナムコーヒーとは、ロブスタ種の豆を粗めに挽き、それをフィルターで抽出したコーヒーにコンデンスミルク(練乳)を入れてのむコーヒーです。

最近では、日本でもベトナムコーヒーが飲めるお店も増えてきました。ベトナムコーヒーにチョコレートやアイスクリーム、バターなどを入れて日本人好みにアレンジしたコーヒーが人気らしいです。

 

リベリカ種

アフリカのリベリア共和国が原産地です。過酷な環境でも立派に育つのが、特徴です。

収穫量が少なく、アラビカ種、ロブスタ種と比べると風味が劣ります。

リベリカ種は流通がすくないため、日本では幻のコーヒーと言われてます。「幻」と聞くと、一度は飲んでみたいものです。

「苦味が強いため濃く感じる。飲みにくい」「酸味が少なくて飲みやす」と賛否両論です。

 

コーヒー豆の種類

ブルーマウンテン

ジャマイカ産で「最高級のコーヒー」と呼ばれています。香り、味とバランスのとれたコーヒーです。滑らかな喉ごしで飲みやすいのが特徴です。

キリマンジャロ

タンザニア産。コクがあり、甘い香りと強めの酸味が、特徴です。

モカ

イエメン、エチオピア産。甘い香りとまろやかな酸味とコクがあるのが特徴です。

コナ

ハワイ産。強い酸味とこくがあり、甘い香りが特徴です。

マンデリン

インドネシア産。やわらかな苦味とコクがあり、酸味がほとんどないのが特徴です。

コスタリカ

コスタリカ産。苦味が弱めな軽いスッキリとした口当たりが特徴です。

コロンビア

コロンビア産。甘い香りと酸味と甘みとコクのバランスが良いコーヒーです。

グアテマラ

グアテマラ産。酸味、コク、香りとバランスが良いキレのいい後味が特徴です。

ケニア

ケニア産。酸味が強くキレのあるスッキリした味わいです。

ベネズエラ

ベネズエラ産。クセのある苦味と弱めの酸味が特徴です。

キューバ

キューバ産。ブルーマウンテンに似た、バランスの良い上品な味わいが特徴です。

メキシコ

メキシコ産。酸味と香りのバランスが良い、とてもやわらかな味わいが特徴です.

 

まとめ

産地によって色々な特徴を持ったコーヒーがあります。

機会があれば色々なコーヒーを飲んで味比べしてみてはいかがでしょうか。きっと自分に合った美味しいコーヒーが見つかるはずです。

好きな時間に好きな場所で美味しいコーヒーを飲むのが、一番のリラックスかもしれませんね。

 

 

コーヒー
スポンサーリンク
SNSフォローボタン
りんさくをフォローする
りんさくBOOKS

コメント

タイトルとURLをコピーしました