コーヒーと一緒に食べて良いもの。悪いもの。体に与える影響は?

コーヒーを飲んでリラックスしている時、なにか食べたくなるときありませんか。

体に良い成分がコーヒーには、たくさん含まれていますが一緒に食べるものによっては、体に悪影響を及ぼすものもあります。

コーヒーと相性が良いもの、ダメなもの、体に良いもの、悪いもの、色々見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

コーヒーと相性が良い食べもの◎

 

ヨーグルト

 

朝食にコーヒーとヨーグルトを、食べる人は多いはずです。

ヨーグルトとは、乳酸菌を発酵させて固まらしたものです。

ヨーグルトには、善玉菌を増やして、腸の環境を整えるため、便秘改善の効果があります。あと、美肌効果、ウイルスへの免疫力、コレステロール値の低下など、体に良いさまざまな効果があります。

コーヒーには、脂肪燃焼に効果のあるカフェインが入っています。

ヨーグルトの腸を整える効果と、コーヒーの脂肪を燃焼させる効果が合体すると、すばらしいダイエット効果になるのです。

ベトナムでは、ヨーグルトコーヒーという飲み物が、存在しています。ダイエット食として、人気が高まっています。

ヨーグルトコーヒーの作り方

深煎りのコーヒーにヨーグルトを1:1もしくは、1:2(ヨーグルトを少し多め)の割合で作って下さい。それに、練乳を大さじ3杯入れると出来上がりです。練乳の代わりにハチミツでもO.Kです。

 

 

生姜

 

コーヒーに生姜?って思われる人がほとんどだと思いますが、ダイエットに効果大なのです。

生姜には、ジンゲロールという成分が含まれています。

ジンゲロールは、殺菌作用や体を温めてくれる効果があります。あと、カプサイシンという、血の流れを良くする成分も入っています。

コーヒーに含まれるカフェインの脂肪燃焼効果と、生姜のカプサイシンの新陳代謝を良くする効果で、ダイエットに高い期待ができます。あと、冷え性にも最適です。

生姜コーヒーの作り方

少し濃いめでいつも通りコーヒーを作って下さい。(150mlのお湯にコーヒー11~14g)

それにおろし生姜を小さじ半分、ハチミツ又は砂糖を小さじ1杯入れて、完成です。お好みでハチミツ、砂糖の量を調整してください。

シナモンを入れても美味しいです。寒い日に飲んでみてください。

 

 

ナッツ類

よく喫茶店に行ってコーヒーを注文すると、ナッツがついてきますよね。あれには、ちゃんと意味があるのです。

ナッツとは、アーモンド、クルミ、カシューナッツ、マカダミアナッツ、ピスタチオ、ココナッツ、ヘーゼルナッツなど、たくさんの種類があります。

その中でも、アーモンド、カシューナッツ、ヘーゼルナッツは、世界三大ナッツと呼ばれています。

ナッツには、ダイエット、アンチエイジング、ガン予防、便秘解消、生活習慣病の予防と様々な効果があります。

その中でもダイエット、「高い脂肪燃焼効果がある」といって注目を集めています。

コーヒーに含まれるポリフェノールと、ナッツに含まれるアルギニンとが合うと、高い脂肪燃焼効果が見込めるというわけですが、コーヒーを飲んでナッツを食べたらダイエット効果がでる。というわけではありません。

コーヒーとナッツの組み合わせは、脂肪燃焼に高い効果を発揮するというだけです。

つまり、体を動かして汗を流して脂肪を燃焼させないと効果がありません。【コーヒー×ナッツ】の、すばらしいところは、脂肪を燃焼させることなのです。

【コーヒー×ナッツ】を食べた後、運動すると高い効果が見込めます。

有酸素運動(ジョギング、ウォーキング、水泳、サイクリングなど)で汗をかくことが、高いダイエット効果につながるのです。

運動するのがイヤ、めんどくさいって人は、お風呂に入って汗を流してみては、いかがですか? 半身浴で長めに入って発汗させると、良い効果が見込めます。

あと、ナッツコーヒーもオススメです。

ナッツコーヒーの作り方

いつも飲むコーヒーにピーナッツクリーム(パンに塗るもの)を、大さじ1杯混ぜるだけです。甘さは、自分好みでピーナッツクリームを調整してください。

簡単に作れるので、一度飲んでみてください。

 

 

バナナ

コーヒーとバナナってすごく相性が良く、体にも良い効果を与えてくれます。

バナナは、たくさんの栄養素が含まれています。そのため、効能も色々あります。

バナナに含まれるカリウムには、高血圧の予防効果、むくみ防止、脂肪を燃焼させる効果があります。ダイエット方法で、バナナダイエットはよく聞くだダイエット法の1つです。

バナナには、たくさんの食物繊維が含まれています。その食物繊維が腸を整えて、便秘を解消させてくれます。

ビタミンB群もたくさん含まれているため、新陳代謝の効果もあります。

コーヒーのポリフェノールと、バナナのカリウムには、動脈硬化の抑制効果と血圧を下げる効果があります。

コーヒーを飲んで頭が痛くなったことないですか?それは、カフェインの取り過ぎによるものです。その症状を防いでくれるのが、バナナです。バナナに含まれる成分が、血糖値を整えてくれるため、頭痛になりにくくなるのです。

バナナコーヒーの作り

バナナ3分の1~半分を潰してください。それを、電子レンジで20秒温めてください。

最後に温めたバナナをコーヒーに入れて完成です。フルーティーでまろやかなコーヒーになります。もう少し甘さが欲しいな。って人は、ハチミツを入れると飲みやすくなります。

ミキサーでバナナと牛乳とハチミツを混ぜて、それをコーヒーに入れても美味しいです。

 

 

いちご

コーヒーのカフェインとイチゴに含まれるビタミンCが合うと、疲労回復効果が見込めます。

イチゴにも、ポリフェノールがふくまれてます。イチゴポリフェノールには、抗酸化作用があるため、美肌効果が望めます。シミやシワを和らげてくれます。

コーヒーにも、ポリフェノールが含まれています。イチゴポリフェノールとコーヒーポリフェノールを合わすと、美肌効果、肝臓機能の改善、コレステロール値を抑えてくれる働きがあります。

イチゴコーヒーの作り方

・イチゴ1個を潰してコーヒーに入れるだけです。フレッシュなコーヒーになります。甘みが欲しいときは、シロップかハチミツで調整してください。

・イチゴがない場合は、市販のイチゴミルクを使うといいです。イチゴミルクと牛乳を1:1で混ぜて、それをコーヒーに入れるだけです。

・イチゴジャムを使うのも、楽でいいですよ。イチゴジャム小さじ2杯をコーヒーに入れて混ぜるだけです。酸味のあるコーヒーになります。

二日酔いのときに、一度イチゴコーヒーを飲んでみて下さい。

 

上記以外では

キーウィフルーツ・・・疲労回復

ハチミツ・・・ダイエット効果、美肌効果、風邪予防

栗・・・ガン予防、老化防止                  など。

コーヒーと相性が悪い食べ物×

 

ゆで卵

喫茶店でモーニングを注文すると、コーヒー、トースト、ゆで卵、サラダっていうのが定番ですよね。その中の、コーヒーとゆで卵の食べ合わせがダメなんです。

ゆで卵に含まれている硫黄と、コーヒーに含まれるカフェインの組み合わせが、ダメなんです。
鉄分の吸収が妨げられてしまうのです。鉄分が不足すると、貧血、頭痛、うつ病の原因となります。

卵を割って料理すれば、硫黄が気化して問題はないので、目玉焼きやスクランブルエッグにしてみてはいかがでしょうか。

 

 

チョコレート

コーヒーには、チョコレートというぐらい合いますよね。ですが、この組み合わせもダメなんです。

コーヒーにも、チョコレートにも、カフェインが含まれています。
カフェインの過剰摂取につながる可能性があります。過剰摂取してしまうと、頭痛、吐き気、脱水症状の原因になります。

どうしても食べたい人は、チョコレートの量を減らしてください。食べ過ぎなければ、最高の組み合わせです。

 

 

みかん

みかんに含まれるシネフリンという成分と、コーヒーに含まれるカフェインの組み合わせが、最悪なのです。
心臓や血圧に悪影響を及ぼしてしまうのです。最悪の場合は、死に至る場合もあります。

 

 

サプリメント

コーヒーのカフェインが、サプリメントの栄養素を、吸収してしまうのです。

せっかくのサプリメントが台無しになってしまうので、水か白湯で飲んでください。

 

まとめ

体に良いとされているコーヒーでも、一緒に食べるものによって様々な効果を発揮します。

リラックスできるコーヒーでも、悪いものと飲んでいては、意味がありません。

体に良いものと飲んで、楽しいコーヒータイムにしてください。

 

 

コーヒー
スポンサーリンク
SNSフォローボタン
りんさくをフォローする
りんさくBOOKS

コメント

タイトルとURLをコピーしました