ブラックコーヒーを飲んで虫歯、歯周病予防をしよう!その理由とは

 

こんにちは、りんさく(@sakurarin72)です。

 

朝はやっぱりコーヒーにかぎりますね。

コーヒーは歯が黄ばむからイヤだ。口臭が臭くなるからイヤだ。という人も少なくないはずです。

現にその通りなのですから。

ですが、歯に対して悪いことばかりではないのです。

実は、コーヒーを飲むと虫歯予防ができるのです。

 

コーヒーで虫歯予防ができる

 

虫歯予防の飲み物と言ったら、お茶や紅茶を思い浮かべると思いますが、ブラジルのリオデジャネイロ連邦大学の研究チームが、

コーヒーは虫歯予防になる」と発表しました。

研究内容は、子供の乳歯に細菌を付着させ、虫歯の原因の細菌バイオフィルムを培養させ、それをコーヒーに浸けたところ細菌バイオフィルムを分解したのです。

 

細菌バイオフィルムとは、歯垢が歯の表面に張り付いている状態のこと

 

コーヒーが虫歯予防になる理由

 

コーヒーには、色々な成分が入っています。代表的なものですとカフェインですが、もう一つ忘れてはならないのが、ポリフェノールです。

ポリフェノールの効果には抗菌作用、抗酸化作用などの菌を抑える効果があるため、虫歯菌も抑制してくれるということなのです。

歯周病にも効果があると、言われています。

 

 

どのようなコーヒーを飲むと良いか

 

濃い目のブラックコーヒーが効果的です。

「え~。体に悪そう」と思われる方も多いはずです。それは飲み過ぎたらの話で、普通に飲んでる分には身体に良いのです。

  • がん予防
  • 糖尿病予防
  • 肝硬変予防
  • ダイエット効果
  • 美肌効果         など

 

様々な効果が望めます。

1日3~4杯がベストです。飲み過ぎには注意しましょう。

 

ご参考にして下さい。

 

コーヒーを飲むときの注意点

 

砂糖は入れないようにしましょう。

砂糖は虫歯菌を増殖させてしまいます。これでは、コーヒーの抗菌作用の意味がなくなってしまいます。

虫歯予防でコーヒーを飲む場合は、ブラックコーヒーで飲んで下さい。

 

それとコーヒーには、コーヒー酸というものが含まれています。コーヒー酸は、歯のエナメル質を浸食してしまう可能性があります。飲み過ぎにはご注意してください。

 


雑談ですがエナメル質とは、人の体の中で、1番固い組織で2~3ミリの厚みで歯の表面を覆うものです。

酸で歯が浸食されると、

  • 黄ばみ
  • 変色する
  • 光沢を失う
  • 白っぽさがなくなる、透明になってくる
  • 知覚過敏になる    など

が、あります。

コーヒー以外にも酸触してしまう飲み物は、炭酸飲料、ワイン、ドレッシングなどがあります。

 

気になる方は、おすすめな歯磨き粉です。シュミテクト最大の高濃度フッ素です。


 

まとめ

 

虫歯予防は、ブラックコーヒーで飲みましょう。

砂糖は禁物です。

虫歯予防になるからと言って、飲み過ぎには気をつけてください。1日3~4杯を目安にしましょう。

 



 

さいごに

コーヒーにはたくさんの効果があります。たくさん飲むと、効果もたくさん得られるとは限りません。逆に身体を壊す時もあります。

お子さんの虫歯予防にブラックコーヒーを飲ますことは、どうかと思います。

 

これは、コーヒー牛乳ですけど、読んでみて下さい。(コーヒー牛乳では虫歯予防はできません。)

 

適度なコーヒーが身体を守ってくれています。これからも素晴らしいコーヒーライフを楽しんで下さい。

 

 

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

 

 

 

 ポチっとしていただけると幸いです
   ↓
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村


コーヒーランキング

 

 

 

コーヒー好きの方の本です。少し分厚いですがイラストも入って読みやすい本です。

 





コーヒー
スポンサーリンク
SNSフォローボタン
りんさくをフォローする
りんさくBOOKS

コメント

タイトルとURLをコピーしました