コーヒーも魚も鮮度が大切!コーヒー豆の保存方法

コーヒーの味は鮮度で決まる!と言うほどですから、保存方法には気を付けなければ、美味しいコーヒーは飲めません。

空気や湿気にふれると、酸化の原因になってしまい味が変わってしまいます。

せっかくリラックス効果が優れている飲み物なのですから、美味しいコーヒーを飲みましょう。

 

一度口を開けてしまったコーヒーの鮮度を保つ、保存方法をご紹介します。

インスタントコーヒーの保存方法(ビン、缶入り編)

コーヒー粉は、高温多湿な場所、直射日光が当たる場所には、弱いものです。冷暗所で保存するのがベストです。

みなさんは、どこで保存してますか?そのまま常温で?冷蔵庫?それとも冷凍庫?

場所によって、保存の仕方も違ってきます。1つずつ見ていきたいと思います。

 

常温で保存する場合

インスタントコーヒーは通常、常温保存で大丈夫です。ビンに入っているものは、フタを必ずしっかりと閉めるようにしましょう。

コーヒー粉が、空気や湿気にふれると、酸化して風味が失われてしましいます。コーヒー粉が酸化すると、酸味が強くなりコーヒー本来の味よりすっぱくなってしまいます。

ふたをしっかり閉めて冷暗所に保存してください。

冷蔵庫で保存する場合

飲み切るのにけっこうな時間(3週間ぐらい)がかかる場合は、冷蔵庫で保存するのもいいと思います。

ですが、コーヒー粉には匂いを吸収する性質があります。冷蔵庫の匂い、冷蔵庫の中に入ってる食材の匂いを吸収してしまう可能性があるので、あまりオススメはできないです。あと、温度差で湿気を招く可能性もあります。

冷蔵庫内の温度と冷蔵庫から出した時の温度が、あまりにも違いすぎると水滴がでて、湿気を含んでしまいます。使ったら、すぐに冷蔵庫に戻しましょう。

もし、冷蔵庫で保存する場合は、

使い終わったら、しっかりフタを閉めて早めに冷蔵庫に戻してください。

冷凍庫で保存する場合

飲み切るのに1ヵ月以上かかる場合は、冷蔵庫がオススメです。冷凍庫保存は酸化がしにくいです。

こちらも冷蔵庫同様、匂い移りには気をつけてください。

冷凍庫も出し入れする時の温度差で湿気を呼び込んでしまいます。

使い終わったら冷蔵庫同様に、しっかりフタを閉めて早めに冷凍庫に戻してください。

ビンの開け方

フタを開けると紙が貼ってありますよね。あの紙ってどうしてますか?

下記の開け方であけてませんか?これは、悪い開け方です。

これだと湿気が中にこもっています。湿気はコーヒーの天敵です。

開けるときは、紙を全部はがしましょう。そしてビンのふちだけ残すのが良い開け方です。

インスタントコーヒーの保存方法(袋入り編)

ビン、缶入りより、空気にふれる率が高いです。空気にふれる率が高いと言うことは、湿気を含む率も高くなると言うことです。

湿気を含むと言うことは、酸化しやすくなり味、風味が失なわれてしまいます。

あとコーヒーは光(太陽)が苦手です。

袋入りで保存する場合は、クリップ、輪ゴムなどでしっかり口を閉めて、空気が入らないようにしてください。オススメは、保存用のビン、缶(光を通しにくい黒っぽいものが良い)に移して冷暗所に保管するのがベストです。

レギュラーコーヒーの保存方法

コーヒー豆は、挽いた直後から劣化が始まると言われています。生鮮食品と同じ感覚です。

美味しく飲める期間は、1週間ほどと言われています。

 

常温で保存する場合

鮮度が命のレギュラーコーヒーが、美味しく飲める期間は、『1週間まで』と言われています。

その後は、だんだんと劣化していき酸味が強くなってきます。

挽いたコーヒー豆は、ビンか缶に入れて空気には、触れささないようにしてください。高温多湿な場所、直射日光が当たらない場所は避けてください。冷暗所で保管してください。
コーヒー豆を挽いた後は、なるべく早めに飲みましょう。

冷蔵庫で保管する場合

コーヒー豆を挽いた後すぐに飲み切れないときは、冷蔵庫で保存するのが良いでしょう。冷蔵庫保存でも長くて、3週間ぐらいまでが目安です。
冷蔵庫で保存していても、少しずつではありますが劣化していきます。
保存方法は、ビン、缶に入れてしっかりフタを閉めてください。インスタントコーヒー同様、匂い移りをする可能性があります。それと、温度差によって湿気を招く恐れがありますので、使い終わったら早めに冷蔵庫に戻しましょう。

冷凍庫で保存する場合

飲み切るのに3週間以上かかる場合は、冷凍庫で保存してください。

冷凍庫でも、1ヵ月ぐらいが限度です。1ヵ月過ぎると、味はさほど落ちることはないですが、香りがあまりしなくなります。日がたつにつれて、香りがなくなっていきます。味は5ヵ月ぐらいまでは、普通に飲めると思います。

保存方法は、冷蔵庫同様ビン、缶に入れてしっかりフタを閉めてください。使用後は、早めに冷凍庫に戻しましょう。
長い期間保存する場合は、アルミパックに入れて光を遮りましょう。

最後に

コーヒーは、生鮮食品です。開封して3~5日目ぐらいが一番美味しいと言われてます。せっかく飲むのだったら美味しいコーヒーを飲みたいですよね。
どうしても保存期間が長くなってしまうときは、冷暗所でしっかりフタを閉めて保存してください。
開封後は、なるべく早めに飲みましょう。
コーヒー
スポンサーリンク
SNSフォローボタン
りんさくをフォローする
りんさくBOOKS

コメント

タイトルとURLをコピーしました