自然の神秘!河内風穴|探検家気分になって鍾乳洞へ潜入

 

こんにちは、りんさくです。

 

日本で3番目に長いと言われる鍾乳洞が滋賀県多気町にある『河内風穴』です。

総延長距離約10,200m、総面積1544平方メートルと関西でも有数の鍾乳洞と言われています。

年間を通して鍾乳洞の中の温度は、12~13度と夏は涼しく、冬は暖かいということなので、ちょっと涼みに行ってきました。

探検家気分になって鍾乳洞へ出発!

9月の初め。まだ残暑が厳しい夏の日に、「探検しに行こ」と子供のような無邪気な顔で相棒が言ってきた。

 

その無邪気な顔につられて「よし!いこっ」

 

今日の行き先決定‼

 

いつもながら他愛もない話をしながら、国道306号線から県道17号線へ曲がって山道を走ること約2時間。やっと到着。(国道306号線➡県道17号線から河内風穴までは、約10分程度)

入口近くの駐車場(駐車代は400円です)に車を停め、駐車場の気さくなおばちゃんに「いってらっしゃい」と見送られ、

入場料を払っていざ出発!

風穴までは、マイナスイオンいっぱいの自然の中をのんびりと歩いて行きます。

 

森林浴が楽しめ、きれいな空気ときれいな渓流を見ながら歩いて行けます。琵琶湖国定公園特別地域になっているため、『石や植物は採ってはいけない』ということです。

森林浴を楽しみながら歩くこと15分、見えてきました。

 

風穴の入口

入口を見た瞬間、2人で顔を見合わせて発した言葉が「せまっ!ちっちゃい!」でした。

もっと大きい入口を想像していたので、あまりに小さかったのでびっくりしました。

聞くところによると、1メートル程しかないということでした。

 

入口を抜けると

「おぉ~。すごい!」入口からは想像もできないほどの広さ。ワクワクした気持ちで階段を下りていくと、壮大な広さが印象的でした。この大空間を『大広間』と言うそうです。

 

風穴の大きさは、高さ20m、奥行きが200mだそうです。1階(1層)と2階(2層)とがあって、合わせると500mほどだということです。実際には4階(4層)まであるそうなのですが、観光できるのは2層までしか見られません。「大広間」を歩き続けていくと、階段が出てきました。

 

2階へ

手すりを伝って上がっていくと、思ったより急な階段です。手すりをしっかり持って上がって下さい。手すりも湿っていますので、上るときは気をつけてください。

 

はしごを上った先は・・・

行き止まり⁈

 

ちょっとした広間があり、その奥は行き止まりになっていました。残念・・・一般公開されているのはここまでです。

この先に行くには、予約が必要ということです。この先に行くツアーもあるとのことです。先がどうなってるか気になるところですが・・・

聞くところによると、三重県に抜けられると言われていますが、真相はわかりません。

 

最後に
大自然を堪能した!って感じになるスポットです。何十万年もの月日をかけてできた自然の神秘さを感じることができます。
行くときがありましたら、サンダル、ヒールはやめておいたほうがいいです。
中は湿っているため、滑りやすくなっています。あと女性の方は、スカートは、やめたほうがいいです。
それとできたら、スニーカーでも黒っぽいものをおすすめします。白っぽいスニーカーだと、泥だらけになって汚れが中々落ちません。
ちなみに僕は白いスニーカーで行ってしまったので、風穴から出てきたときには泥だらけになっていました。
それを見て相棒が一言、「きたなっ!何しとんねん。黒の靴を履かないとあかんやんか!」って、出かける前に言え‼って・・・。
楽しい二人だけの幸せな冒険でした。
河内風穴の住所

滋賀県犬山群多賀町河内
電話番号

0749-48-0552
入場料

大人(中学生から)…500円
小人(5歳から)…300円
団体30人以上
大人…400円
小人…200円
営業時間

夏季…9:00~17:00(受付終了)
冬季…9:00~16:00(受付終了)
交通アクセス

電車…近江鉄道多賀線の多賀大社前駅で下車。そこからタクシーで河内風穴まで行って下さい。駅から河内風穴までは、約20分。
車…名神高速道路彦根インターで降りて、国道306号線を南東方面へ走って下さい。
久徳地区まで走ると、県道17号線が出てきます。17号線に入って、芹川沿いを走って行くと到着します。彦根インターから約12㎞です。
55万年前以上も前からある河内風穴。長い月日をかけて神秘な鍾乳洞になっています。滋賀県に行った際には、是非とも立ち寄ってみて下さい。
体は200mぐらいなものなので、ゆっくり見て回っても20~30分ぐらいで回れます。
自然が生み出した神秘な鍾乳洞でパワーをもらってきては、いかがでしょうか。
おしまい
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ポチっとしていただけると幸いです
        ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


日帰り旅行ランキング

 

 

 

おでかけ
スポンサーリンク
SNSフォローボタン
りんさくをフォローする
りんさくBOOKS

コメント

タイトルとURLをコピーしました