コーヒー風呂でリラックス、リフレッシュ!!

 

こんにちは、りんさく(@sakurarin72)です。

 

コーヒーは、飲んで楽しむものと思っていました。まさかコーヒーの残りかすが、体にすばらしい効果があるとは、思いませんでした。

残りかすをお風呂に入れてコーヒー風呂でリフレッシュ!!

お風呂に入る第1目的は、疲れを取るですよね。コーヒー風呂の効能と作り方をご紹介します。

 

スポンサーリンク

コーヒー風呂の効果

飲むだけでも素晴らしいコーヒーをお風呂に入れるとどうなるでしょうか。

 

「もちろん良いに決まってるでしょう」

そうなのです。素晴らしい効果を発揮します。

 

リラックス効果

コーヒーの香りを匂うと、人間の脳からはアルファ波と言うものがでます。それが、リラックスする元のようなものです。アルファ波が分泌されるとストレス解消につながり、疲労回復効果に期待がもてます。

 

ダイエット効果

コーヒーに含まれるカフェインが脂肪を燃焼させると、話題になっています。それをもとにブラックコーヒーダイエットが流行ってきました。

普通にお湯に浸かるより、「コーヒー風呂にした方がダイエット効果があるのでは」と注目されています。発汗作用、老廃物を排出するデトックス効果にも優れているとのことです。

 

美肌効果

コーヒーに含まれるポリフェノールという成分が、肌の老化防止、毛穴の引き締めに効果があるようです。ガン、糖尿病の予防にも優れていると研究結果がでてます。

 

 

 

コーヒー風呂の作り方

ドリップコーヒーを飲むと、必ずでるドリップコーヒーのカス。それをお風呂に入れてリフレッシュしましょう。
  1. コーヒーかすを天日干しにして乾燥させてください。
  2. 乾燥させたコーヒーかすを、ストッキング、お茶パックに入れてください。
目の細かいものに入れてください。目が粗いとコーヒーかすがこぼれて、お風呂がコーヒーのかすだらけになってしまいます。
3.2で作ったものをお風呂に入れて完成です。

(使用したものを乾かすと、薄くはなりますが、また使用できます。)

 



あと、ドリップしたコーヒーをそのままお風呂に入れる方法もあります。適量は、250mlです。
お風呂のお湯の量に応じて、コーヒーの量を調整してください。

インスタントコーヒーでする場合は、そのまま粉をお風呂のお湯に入れて下さい。

少しぬるめにして、ゆっくり長く浸かるのが、オススメです。香りもいい、お湯もいいのでリラックスしすぎて、自然と目がふさがってしまいます。

 

注意点


お風呂に入ってゆっくりしたい気持ちは分かりますが、コーヒー風呂に入った後は、すぐに浴槽を洗わないと、コーヒーが浴槽に付着してしまいます。

コーヒーのお湯が、体についたままバスタオルなどで拭くと、バスタオルがコーヒー色に染まってしまうおそれがありますので、出る時はシャワーで体を洗い流してから、出るようにして下さい。
残り湯を洗濯に使わないようにしてください。洗濯物が、すべてコーヒー色になってしまいます。

 

毎日何気なく入っているお風呂。ちょっとした工夫で、リラックス空間に早変わり。日頃のストレスをコーヒー風呂で、リフレッシュして明日も頑張りましょう!!

 

 

 



 



コーヒー
スポンサーリンク
SNSフォローボタン
りんさくをフォローする
りんさくBOOKS

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました