愛猫にキスをしようとしたら拒否られた!猫がキスを嫌がる理由とは

 

こんにちは! りんさく(@sakurarin72)です。

 

先日、仕事が終わり家に帰ると、すごい勢いで11ヶ月になる愛猫が玄関まで走ってきました。

そして、玄関先でチョコンと座り、お出迎えをしてくれたのです。

 

その姿が何とも可愛かったので、抱きかかえて「チュー」ってキスをしようとすると、手で僕の口をふさいで、全力で拒否!

 

「なんでやねん!迎えに来てくれたんとちゃうんかい」

 

そう思いながら隣を見ると、3歳になる愛猫がこっちを見ているではありませんか。

「よし、次のターゲットはあいつだ!」

と思い、近づいていくとダッシュで逃亡。

 

どいつもこいつも、どういうこと??

「ちぇっ!」と思いながら部屋に入ると、寝ている愛猫を発見!

 

すかさず、その子に「チュッ」(〃艸〃)ムフッ

すると、ムクッと起きあがり猫パーンチ!

 

俺って、みんなに嫌われてるのか?( ノД`)シクシク…

 

みなさんは、愛猫にキスをしようとしたら、嫌がられた、拒まれたという経験はありませんか?

 

今回は、なぜ猫はキスを嫌がるのか?というお話です。

 

スポンサーリンク

なぜ人はキスをするのか?

恋人同士の愛情表現には欠かせない「キス」ですが、今やあいさつ代わりに、友達同士(女性同士)でキスをする事も増えているそうです。

 

キスの始まりには、いろいろな説が残されています。

  • 動物が口移しで、子供に食べ物を与えたのが始まり
  • 「ツバをつける」というように、自分の所有物だとアピールするため
  • 相手の顔に鼻を近づけて、匂いを確かめる行為が進化したもの

など、色々と言われています。

どれをとっても、ロマンティックな愛情表現とは程遠いようですね。

 

キスが行われるようになったのは、紀元前1500年頃のインドが始まりだと言われています。

実際はそれ以前から行われていたそうですが、記録が残されていないため、定かではないようです。

 

では、なぜ人はキスをするのでしょうか?

これには、様々な意見があります。

  • お互いの情報交換のため
  • キスをすると、オキシトシン、セロトニン、アドレナリンなどの物質が分泌されて、幸福感を得られるから

などと、科学的に証明がされているようです。

 

これは人間同士の事なのですが、ペットに対しても当てはまるような気がします。

僕たちが愛猫にキスをしたくなるのは、その子の事をもっと知りたい、幸福感を得たい、与えたい、という愛情表現からなのでしょう。

 

しかし、猫には「キスをする」という習慣はありません。

その、キスを知らない猫に飼い主がキスを迫ると、猫はどんな気持ちなのでしょうか?

 

スポンサーリンク

猫がキスを嫌がる理由

愛猫にキスをしようとすると、

 

「おいおい、ちょっと待て!なにすんねん💢」

 

と言わんばかりに、手で顔を押さえられ全力で拒否された経験はありませんか?

飼い主としては、少し寂しい気持ちになりますね。

 

先ほども言いましたが、猫には「キス=愛情表現」という概念はありません。

なので、飼い主さんの事が嫌いで、拒否をしているわけではないのです。

 

では、なぜ嫌がるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

威嚇行為

キスをする前って、相手を見つめますよね。

その「見つめる」「見つめられる」という行為が、猫は苦手なのです。

 

人間は、恋人同士や友達同士で見つめ合ったり、目を合わせておしゃべりをしたりする事は、親愛の証だと言われています。

しかし、猫にとって目を合わすという行為は、「ケンカを売っている」という意味になります。

それが、大好きな飼い主さんでも同じ事で、猫からすると「威嚇をされている⁉」という気持ちになるのです。

 

そのため平和主義の猫は、飼い主さんや信頼のある猫に見つめられると、ケンカを避けようとして、自分から目をそらす事がほとんどなのです。

しかし、キスをしようとする飼い主さんは見つめながら、どんどんと顔を近づけてきます。

 

そうすると、

「ケンカなんてしたくないから向こうへ行け-!」

という気持ちになり、全力で拒否をしてくるのです。

 

一つの例として、カメラも同じ気持ちになると言われています。

写真を撮ろうと思い、愛猫にスマホやカメラを向けると、顔を背けられた事はありませんか?

あれも、猫はカメラのレンズが「目」に見えるために、顔を背けるのだと考えられています。

 

つまり、猫は「目を合わす」という事が苦手なために、拒否をしてくるのです。

 

愛猫に少しでも「キス」を拒否された時は、素直に諦めましょうね。

あまりにもしつこくすると、本当に嫌われてしまう可能性があるので、注意して下さい。

 

この点は、人間と同じですね(* ´艸`)クス

 

 

スポンサーリンク

匂いが気になる

キスに限らず、愛猫に顔を近づけると、断固拒否!なんて事があると思います。

もしかして「口臭が臭い?」と、思った方も少なくはないでしょう。

 

猫の嗅覚は人間の約2倍あるため、人間が気づかない匂いでも、猫には感じる事ができます。

それが猫にとってイヤな匂いなら、猫は断固拒否をしてくるのです。

 

猫が苦手とする匂いは、

  • 柑橘系
  • メンソール
  • 香辛料
  • コーヒー
  • タバコ

などが、猫は嫌がるとされています。

 

例えば、歯磨きをしてから猫にキスをしようとしても、歯磨き粉に含まれるメンソールの匂いが口からすると、猫は顔を背ける事があります。

コーヒーを飲んだ後、タバコを吸った後なども同様に、飼い主さんの口から苦手な匂いがすると、猫はその匂いから「離れたい」と考えるのです。

 

そのため、飼い主さんの口から苦手な匂いがすると、猫は手で飼い主さんの顔を押さえたり、顔を背けるといった行動を取ってしまうのです。

 

愛猫に顔を近づける時は、匂いも気にした方がいいかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

口より鼻でキスをしよう

どんなに親愛されてても、猫には口を合わせて「キスをする」という概念はありません。

嫌がる愛猫に無理矢理キスをしても、嫌われてしまうだけです。

 

じゃあどうしたらいいの?

ここは猫にあやかって、猫流のキスをしましょう。

 

スポンサーリンク

猫流のキス

僕たち人間は、口と口を合わせてお互いの愛情を確認しあいますが、猫の場合はお互いの鼻をくっつけて愛情表現をします。

いわゆる「鼻チュー」と呼ばれるものですね。

これは、敵意のない信頼しあう猫同士が、愛情表現、挨拶や情報交換をするための仕草だと言われています。

 

お互いの鼻をくっつけて匂いを確認しあう仕草が、人間でいう「キス」に相当するのです。

じゃあ、愛猫にこちらの匂いを嗅がせれば、猫流のキス「鼻チュー」をしてくれるの?と考えてしまいますよね。

 

猫は冷たそうに見えて、愛情が深い生き物です。

自分が信頼している人、親愛なる人には必ず愛情を返してくれます。

 

愛猫の鼻先に指を出すと、匂いを嗅ぐ仕草をします。

その匂いが信頼する人、大好きな人とわかれば、鼻先をチョンと当てたり、ペロッと舐めてきます。

 

これが、人間に対する猫の「キス」なのです。

 

このように指先とは限らずに、まずは猫にこちらの匂いを納得するまで、嗅がせてあげる事がポイントです。

その時にしてはダメな事が、猫の目を見つめない事です。

 

先ほども言いましたが、猫と目を合わす行為は、威嚇をしている事になります。

それだけは、絶対に避けなければなりません。

 

ではどうしたらいいのか?

じっと猫を見つめない、顔を逸らすなどして匂いを嗅がせましょう。

その中でも一番効果的なのは、「ゆっくりと瞬きをしながら匂いを嗅がせる」事です。

 

猫が瞬きをする仕草は、愛情表現の一つとされています。

という事は、こちらが愛猫に瞬きをするのは、「◯◯ちゃんの事が大好きだよ」と伝えている事になるのです。

 

ゆっくりと瞬きをしながら、猫流のキス(鼻チュー)をすると、案外と受け入れてくれるかもしれませんね。

 

 

スポンサーリンク

さいごに

猫が持っている「キス」への感性は人間とは違います。

顔を押さえられたり、背けられても、嫌われているわけではないので、安心をして下さい。

 

愛猫が可愛いすぎて、愛おしくて、とキスをしたくなる気持ちはよくわかります。

僕も同じですから。

 

しかし愛情表現とは言え、無理矢理するのは逆効果です。

嫌われてしまう可能性がありますので、ほどほどにしましょうね。

 

 

ところで、5月23日は何の日かご存知でしょうか?

 

こんな話をしているので、察しはつくと思いますが、日本で5月23日と言えば、

「キスの日」

です。

 

ちなみに、世界的な「キスの日」は、7月6日です。

この日は、好きな人や愛猫に思いきりキスをして、幸せな1日にしましょうね。

 

まぁ、この日以外もね😽

 

おしまい

 

Amazonでベストセラー第1位の猫用オモチャです。安全に楽しく遊ばせてあげましょうね。

 

 

Amazonベストセラー第1位のキャットタワーです。

 

 

Amazonベストセラー第1位の猫用食器です。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

猫との暮らし
スポンサーリンク
SNSフォローボタン
りんさくをフォローする
りんさくBOOKS

コメント

タイトルとURLをコピーしました