猫はマリア様とクレオパトラに愛されていた⁉額のMとクレオパトラライン

 

こんにちは! りんさく(@sakurarin72)です。

 

突然ですが、猫の顔をじーっと見たことがあるでしょうか?

吸い込まれそうな瞳、ぷっくりとしたひげ袋、ツンとした表情、どれをとっても「可愛い」の一言に尽きますよね。

この可愛さが、長年人間に愛されてきた理由の一つなのでしょう。

 

しかし、顔の作りは同じでも、柄が同じの猫はいないと言われています。

 

最近のペットブームで、様々な猫が飼われるようになりました。

その中でも一番多いのが「雑種猫」だそうです。

 

「雑種猫」

「なんか聞こえが悪いなぁ」と感じられる方もいると思いますが、昔から日本にいる純血種ではない猫、2種類以上の異なる品種の間に生まれた猫の事を「雑種猫」と呼んでいるだけです。

最近では、雑種猫=野良猫という印象が強いために「ミックス猫」「交配種猫」と呼ぶようになってきました。

 

ちなみに、日本にいる猫の約80%は、雑種猫だと言われています。

その雑種猫の原型が、縞模様のあるキジトラ猫です。

猫の先祖「リビアヤマネコ」の柄を、受け継いでいるそうです。

 

その縞模様の猫が、唯一共通している模様があります。

額の模様と目尻から伸びる模様です。

 

キジトラ、サバトラ、茶トラなどの額に「M」という柄があるのを見たことがあるでしょうか?

目尻から頬に伸びているラインをご存知でしょうか?

 

今回は、その2つの柄についてのお話です。

 

スポンサーリンク

猫の額のMとは

縞模様の猫(キジトラ、サバトラ、茶トラ、アメリカンショートヘアなど)の額をよく見るとアルファベットの「M」の文字が見えませんか?

この「M」は、猫の先祖「リビアヤマネコ」から受け継いだものだそうです。

リビアヤマネコの額には4本の縦線があるのですが、それが進化をして「M」となったと考えられています。

 

この「M」は、自分の体が自然界へとけこめるように、言わば迷彩柄のような役割をしているそうです。

たしかに、物陰に隠れていると見つけにくいですよね。

 

しかしある一説によると、猫の額の「M」はマリア様が刻んだのではないか、と言うお話があります。

 

イエス・キリストが誕生した日に、たくさんの猫がマリア様の元へ祝福をしに来たそうです。

その時、猫が赤ん坊にイタズラをしないようにと、マリア様が猫の額に手を当てると「M」のマークがついたと言われています。

 

その他にも、キリストが赤ん坊だった頃のお話もあります。

グズってなかなか眠りにつくことができなかった時、茶トラ猫が赤ん坊のそばに来て、ゴロゴロ音を出したところ、癒されて眠りにつくことができたそうです。

それを聞いたマリア様は、その茶トラ猫の額にキスをした、あるいは指で額に触れた時に「M」のマークができたとも言われています。

 

このマリア様以外にも色々な説があるようですが、真相は未だにわかっていません。

ただ1つ言えることは、猫が神様に愛されているのは、たしかなようです。

 

スポンサーリンク

 

クレオパトラライン

「クレオパトラ」世界三大美女の1人として有名ですよね。

その中でも、絶世の美女と言われていました。

しかし実際は、容姿がすごく美人というわけでもなく、知的で品のある雰囲気が美しかったとも言われています。

 

クレオパトラと言えば、はっきりとした目元のメイクが特徴的ですよね。

最近では、クレオパトラのメイクを真似て、幅の広いアイラインをしている方が多いと聞きます。

 

そんなクレオパトラの名前が入ったラインが、猫の顔にあるのはご存知でしょうか?

アイラインを伸ばした感じで、目尻から頬にかけて伸びたラインを「クレオパトラライン」と呼んでいるのです。

クレオパトララインは、ほとんどのタビー(縞模様)の猫が持っていると言われています。

しかし、猫によって濃さや太さや長さは、様々のようです。

 

このクレオパトララインは、猫の目尻から頬にかかるラインにクレオパトラが魅了されて、真似てメイクをするようになったことから「クレオパトラライン」と呼ばれるようになったそうです。

 

「猫界のクレオパトラ」と言われる「アビシニアン」に魅了されたのが、メイクを真似る始まりだったと言われています。

クレオパトラが、最も愛した猫がアビシニアンだったそうです。

 

しかし当時は、美しい顔を真似するよりも、害虫から目元を守るためにメイクをしていたと考えられています。

 

古代エジプトでは、猫は神のように崇拝されていました。

クレオパトラも、猫の虜になった1人なのでしょう。

 

猫の人間にたいする影響力は、昔も今も計り知れないものがあるのかもしれませんね。

 

 

「猫は毛色で持つ力が違うんだよ」という事が書いてあります。興味がありましたら読んでみて下さい。

スポンサーリンク

さいごに

「猫の柄って、猫によって違うよね」と、思われる方も多いと思いますが、実は共通する模様があったのです。

その模様に、偉大な2人が関わっていたなんて驚きですね。

 

すべての猫は、その部屋で最も美しい女性である

 

という名言があります。

もしかすると偉大な2人の女性も、猫には敵わなかったのかもしれませんね。

 

そばにいて、癒しを与えてくれる猫ですが、実はものすごく秘められたパワーを、持っているのではないでしょうか。

猫を見ていると、今以上に素晴らしい世界が、見えてくるかもしれませんね。

 

おしまい

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました