なぜ十二支に「ネコ」がいないの?ネコ年がない理由とネコ年がある国

 

こんにちは! りんさく(@sakurarin72)です。

 

2022年になりましたね。

改めて、新年あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

 

今年2022年は寅年ですね。

十二支にはそれぞれ特徴があり、込められた意味があると言われています。

ちなみに今年の寅は、決断力と才知の象徴で縁起物として親しまれているのです。

 

総務省統計局の推計によると、2021年1月1日現在で日本人に一番多い干支は「子(ね)」、2位は「亥(い)」、3位は「丑(うし)」だそうです。

今年の「寅(とら)」は、9位となっています。

 

新年を迎えて干支が変わると、いつも疑問に思う事があります。

それは、なぜ「猫年」がないのかという事です。

猫好きさんなら、一度は考えた事があるのではないでしょうか。

 

古くから人間と共に歩んできた猫が、干支に入っていないなんて・・・と思った事はありませんか?

 

今回は「どうして猫年がないのか」というお話です。

 

スポンサーリンク

干支とは

干支は、古代中国で作られました。

当時は、年や日や方角を表すのに使われていたそうです。

干支は「十千(じっかん)」の10種類と「十二支(じゅうにし)」の12種類を組み合わせて構成されています。

十千のと十二支のを合わせて「干支」と呼んでいるのです。

 

十二支
  • 子(ね)…ネズミ
  • 丑(うし)…ウシ
  • 寅(とら)…トラ
  • 卯(う)…ウサギ
  • 辰(たつ)…ドラゴン
  • 巳(み)…ヘビ
  • 午(うま)…ウマ
  • 未(ひつじ)…ヒツジ
  • 申(さる)…サル
  • 酉(とり)…ニワトリ
  • 戌(いぬ)…イヌ
  • 亥(い)…イノシシ

の12種があり、紀元前の中国で暦や方向を表すために、使われ始めたと言われています。

 

中国では、木星を大切な星だと考えていました。

木星が、太陽を12年かけて回ることから「12」という数字になったそうです。

それで1年は12ヶ月、時間も12を境に午前、午後と分かれているのだとか。

 

当時の中国では、子(ね)~亥(い)の12の漢字は、数を表すために使われていました。

これを民衆に浸透させようと、動物の名前を付けたとされています。

 

その12個の漢字を2時間おきに当てはめていくと、ちょうど12時の位置に「午(うま)」が来たことから「正午」、12時より前を「午前」、後を「午後」と言うようになったそうです。

 

スポンサーリンク

 

十干

「十干(じっかん)」あまり聞きなれない言葉ですよね。

これも古代中国で、年や日を表すために使われていたとされています。

 

十干とは、10日間を一区切りにし、1日ずつ名前をつけたものの事です。

  • 甲(こう)…きのえ
  • 乙(おつ)…きのと
  • 丙(へい)…ひのえ
  • 丁(てい)…ひのと
  • 戊(ぼ)…つちのえ
  • 己(き)…つちのと
  • 庚(こう)…かのえ
  • 辛(しん)…かのと
  • 壬(じん)…みずのえ
  • 癸(き)…みずのと

この10種類から成り立っています。

 

日本では、十干を独自の読み方で表しました。(緑文字)

これは、中国の「陰陽五行思想」が関係しているそうです。

 

スポンサーリンク

 

干支

最初にも言いましたが、十干(10種類)と十二支(12種類)を組み合わせた60種類を「干支」と呼んでいます。

 

「あれっ?10×12で120種類じゃないの?」

と疑問に思いますよね。

 

なぜかというと、十干と十二支とでは2つの差があります。

2つずつずれていく事によって、1つの十二支と組み合わさる十干が、5種類になってしまいます。

そのために、5×12=60種類となるのです。

 

60歳になると「還暦」といって、お祝いをしますよね。

これは干支が、60年で1周するからだそうです。

 

十干とは、あまり聞きなれない言葉ですが、意外なところに十二支と組み合わされたものが、使われていたりします。

 

例えば「甲子園球場」も、その一つです

甲子園球場は1924年(大正13年)に竣工されました。

この年の干支は、十干が「甲」で十二支「子」の「甲子(こうし)」の年です。

甲子は、十干と十二支の中で一番最初の組み合わせです。

そのために、縁起がいい年と言われていたので「甲子園」と名付けられました。

 

なんとなく、干支の事をわかっていただけたかと思います。

では、なぜ大人気の猫は干支に入る事ができなかったのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

猫が干支に入れない理由は

猫は、多くの国で愛されてきました。

そんな猫が、どうして日本の干支に入れなかったのでしょうか?

 

入れなかった理由として、3つの説が囁かれています。

 

1・ネズミに騙された

ある年の暮れにお釈迦様が

 

「元日の朝に私の所へ挨拶に来なさい。

着いた者から順に12番目までを、その年の代表にする」

 

と、動物たちにおふれを出しました。

 

それを聞いた動物たちは「我こそは!」と、はりきって出発しました。

ところが、猫はお釈迦様からのおふれを、うっかり忘れてしまったのです。

困った猫は、ネズミに聞きに行きました。

するとネズミは「2日の朝だよ」と、猫に噓を教えたのです。

 

当然2日に着いた猫は、12番目までに入ることが出来ませんでした。

なので、十二支には入れてもらえなかったのです。

ネズミに騙された事を知った猫は、怒ってネズミを追いかけ回しました。

このことから、猫はネズミを見ると、追いかけ回すようになったと言われています。

 

ちなみにネズミは、1位でした。

歩くのが遅いウシは、大晦日の夜から出発しました。

それを見たネズミは、こっそりとウシの背中に飛び乗ったのです。

そして、ゴール直前にウシの背中から降りて、お釈迦様の元へ1番で到着しました。

ついで、ウシ、トラ、ウサギ・・・とゴールしたそうです。

 

スポンサーリンク

 

2・ネズミを食べちゃった

お釈迦様が、体調を崩された時の話です。

体調が悪いお釈迦様は、ネズミに薬を取りに行くように頼みました。

 

その取りに行く道中で、ネズミは猫に食べられてしまったのです。

そのせいで病状が悪化して、お釈迦様は亡くなってしまいました。

 

薬さえあれば、お釈迦様は亡くならずにすんだのに…

 

という理由から、猫は干支に入れてもらえなかったそうです。

 

スポンサーリンク

 

3・中国に猫がいなかった

この話が、1番の有力説ではないかと言われています。

干支が作られた頃の中国には、まだ猫がいなかった、もしくはあまり知られていなかったから、という説です。

 

猫は古代エジプトで、神として崇められていましたが、他の国々ではあまり好かれていませんでした。

そのため、古代エジプトが崩壊する紀元前30年頃までは、猫が他の国々へ行くことは少なかったとされています。

 

猫が中国に伝わったのは、紀元前3世紀頃だそうです。

干支が使われ始めたのが、紀元前4世紀頃とされています。

 

つまり猫のいる時代より干支の方が、先に使われていました。

しかし、本当に猫がいなかったのかは、定かではないようです。

 

この時代に、人間の身近に猫の存在があったら「猫年」が作られていたかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

猫年がある国

海外では「猫年」がある国もあります。

  • チベット
  • タイ
  • ベトナム
  • ベラルーシ

などでは、卯(ウサギ)年が猫年に変わっているようです。

ウサギ(卯)よりも猫の方が、身近な存在だったためだと言われています。

 

1度ベトナムに行って「猫年」というものを、体験してみたいものです。

 

この他にも、

  • ブルガリア・・「トラがネコ」
  • モンゴル・・「トラがヒョウ」
  • 中国、韓国・・「イノシシがブタ」
  • 中東・・「ドラゴンがワニ、クジラ」

に変わっているそうです。

 

伝わった国の文化によって、色々な動物へと変化をしているのですね。

 

さいごに

猫好きの僕にとっては、猫年がないのはちょっとショックですが、海外にあると聞くと嬉しく思えます。

いつか、海外の「猫年」を体験してみたいものです。

 

干支は、一つ一つに意味が込められていると聞きます。

自分の干支に、どういう意味が秘められているのかを、調べてみるのも面白いかもしれませんね。

 

2022年寅年の幕開けです。

今年も、愛猫と素敵な1年をお過ごしくださいね。

 

おしまい

 

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました