言葉が通じないのになぜ話しかけちゃうの?猫に話しかける心理と効果

 

こんにちは! りんさく(@sakurarin72)です。

 

僕たち人間は、自分の心に抱いた想いを、「言葉」にして表現をします。

 

「言葉と心は連動をしている」と、よく言ますね。

 

言葉使いが優しい人は、心の中も優しい人。

言葉使いが汚い人は、心の中も汚い。

 

話す言葉は、その人の心の中を表しているそうです。

 

「動物好きには悪い人はいない」と、よく言いますよね。

あれは、犬や猫や金魚やインコなどのようなペット、あるいはその他の動物などに話しかける言葉が、赤ちゃん言葉になる事が多いためだそうです。

つまり、赤ちゃんに話しかける時のように、優しい言葉を使うため、

「話し方が優しい=心も優しい人=悪い人ではない」

と、考えられているそうです。

 

僕たち人間は、言葉が通じないとわかっていても、なぜかペットに話しかけてしまいます。

朝起きたら「おはよう」「いってきます」「おやすみ」など、パートナーに言わなくても、ペットには必ず言う人が増えているそうです。

 

人間が犬や猫、その他のペットに話しかける行動には、絶大な癒し効果があると言われています。

 

ということで今回は、

なぜ人間は、言葉も通じない猫に話しかけてしまうのか?というお話です。

 

スポンサーリンク

言葉が通じないのになぜ話しかけちゃうの?

話すことができない、言葉が通じないとわかっていても、ペットに話しかけてしまう方は、少なくないはずです。

まぁ、僕もそのうちの1人なのですけどね。

 

可愛い仕草をすると「可愛いね」

言う事を聞くと「賢いね。えらいね」

出かける時には「いってくるね。お留守番よろしくね」

 

など、返事は返ってこなくても、ついつい話しかけてしまいますよね。

 

なぜ、会話ができないとわかっているのに、人間は猫や犬、その他のペットや動物に話しかけてしまうのでしょうか?

 

スポンサーリンク
擬人化(ぎじんか)

人間がペットに話しかけてしまうのは、「擬人化」が原因ではないかと、言われています。

擬人化。あまり聞きなれない言葉ですね。

 

擬人化とは、人間でないものを人間に見立てて表現をする事です。

 

例えば、

雨が降っている事を「空が泣いている」

水に物が落ちているのを見て「◯◯が溺れてる」

などの表現を、擬人化と言います。

 

お気に入りのぬいぐるみや大切に育てている植物、美味しそうな食材などに、話しかける事があると思います。

それも全て、擬人化によるものなのです。

 

人間は誰かと接触する事で、生きる意味や価値を見出せるといいます。

そして、何かに愛着を持つ事で、自分のエネルギーになり、「生きているんだ」という実感が持てるそうです。

 

猫や犬、ペットに話しかけるのも、この擬人化がそうさせているのだと、考えられています。

猫や犬に話しかける事が、自分のエネルギーやストレス解消などになる事を、身体がわかっているのです。

 

他人から見ると、しつけや愛情表現などで、ペットに話しかけている様に見えますが、実は自分のエネルギーや癒しのために話しかけているのだと、考えられています。

要は、人間誰しも何かに話しかけないと、生きられないということなのでしょう。

 

スポンサーリンク

猫に話しかける心理と効果

「アニマルセラピー」

1度ぐらいは聞いた方も、多いのではないでしょうか?

 

動物と触れ合う事で、ネガティブな感情やストレスが緩和されて、心身ともにリラックスができるという治療法です。

実は、動物に話しかけるという行為も、アニマルセラピーと同じ効果があると言われています。

 

一見、一方的に話しかけて会話のキャッチボールができないため、ストレスが溜まりそうな感じがしますよね。

実はその逆で、猫や犬、インコや金魚などのペットに話しかけると、感情が安定し満足感や幸福感が得られて、リラックスができるそうです。

そのため、緊張状態が緩和され血圧が安定し、ネガティブな感情がなくなると言われています。

 

つまり、何気なくペットに話しかけているだけで、人間は健康でいられるかもしれないという事なのです。

 

スポンサーリンク

猫が返事をする?

愛猫に話しかけると、わかっているかのように、「ニャー」と返事をする時がありませんか?

飼い主としては、ちょっと嬉しい気持ちになりますね。

 

「猫は生涯に1度だけ、人間の言葉を話す」という言い伝えがあります。

実際には、本当かどうなのかは、定かではありませんが、愛猫が「ニャー」以外の言葉を発する姿を、1度は見てみたいものですね。

 

猫は短い単語なら、言葉がわかると言われています。

言葉がわかるというより、猫は飼い主さんの言葉の発音(音)で聞き分けているのです。

 

そして、飼い主さんの発音に反応をして、返事をしてきます。

また、声に出さなくても仕草などで、返事をする時もあるのです。

 

スポンサーリンク
あくびをする

愛猫に話しかけると、あくびをして知らんぷりをする時があります。

 

「絶対聞こえてるやろ!」

と思っても、愛猫は無視。

 

その時は、

「うるさいなぁ」

「なんだよ。ほっといてくれよ」

と、思っている時です。

 

愛猫に話しかけてあくびをされた時は、それ以上は構わずに、そっとしておいてあげましょうね。

 

ゴロゴロと喉を鳴らす

愛猫に話しかけた時、喉をゴロゴロ鳴らしているのは、嬉しい時です。

 

「やったー!構ってくれる」

「大好きな飼い主さんとおしゃべりができる」

と、思っている時です。

 

そんな時は、いっぱい話しかけて、いっぱい甘えさせてあげて下さいね。

 

スポンサーリンク
まばたきをする

猫が誰かにまばたきをする時は、信頼している人への愛情表現です。

愛猫へ話しかけた時にまばたきをしてきたら、話しかけられた事にすごく喜んでいます。

 

「大好きな飼い主さんが話しかけてくれたーー」

「やっと僕のところへ来てくれた」

と、思っている時です。

 

こちらもまばたきをしながら、頭や体を優しく撫でて、話しかけてあげましょうね。

 

しっぽを振る

「猫のしっぽは感情を示すパラメーター」と言われるぐらい、猫のしっぽはその時の気持ちが表れています。

 

しっぽをパタパタと床に激しく叩きつけている時は、イライラしている時か、うっとおしいと思っている時です。

不機嫌な時なので、そっとしておきましょう。

 

逆にしっぽをピンと立てている時は、機嫌がいい時、嬉しい時です。

そのピンと立ったしっぽが、ユラユラとしている時は、嬉しさが最高潮、リラックスをしている時、安心をしている時です。

 

話しかけた時にしっぽを見ると、面白いかもしれませんね。

 

スポンサーリンク
耳を傾ける

顔も合わそうとしない、しっぽも動かさない、と言う時は、耳を見てみましょう。

反応がなくても、耳だけは傾いていることが、猫には多いようです。

 

「何だよ。何か用?」

「聞こえてるよ」

と、思っている時です。

 

「体を動かすのがめんどくさいニャー。だけど、とりあえず返事だけしとくか」

って時に、耳だけ傾ける事があるのだとか。

 

猫は、何も反応がないように見えても、ちゃんと聞いているのです。

 

スポンサーリンク

さいごに

ペットに話しかけるだけで、癒されるなんて驚きですね。

 

言葉は、相手を喜ばす事も、悲しませる事もできる、難しいものです。

しかし、言葉が通じなくても気持ちを言葉にする事は、大切なことなのかもしれません。

 

人は誰かに言われて、1番嬉しいと感じる言葉は、

 

「ありがとう」

 

だそうです。

 

たまには、大切な人や大切なペットへ感謝の気持ちを込めて、「ありがとう」と伝えてみてはいかがでしょうか。

 

おしまい

 

 

 

Amazonでベストセラー第1位の猫用オモチャです。安全に楽しく遊ばせてあげましょうね。

 

 

Amazonベストセラー第1位のキャットタワーです。

 

 

Amazonベストセラー第1位の猫用食器です。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

猫との暮らし
スポンサーリンク
SNSフォローボタン
りんさくをフォローする
りんさくBOOKS

コメント

タイトルとURLをコピーしました