猫はお留守番をどう思っているの? 前後の行動で気持ちを読み取ろう

 

こんにちは、りんさく(@sakurarin72)です。

 

愛猫にお留守番をさせて出かける時って、なんとなく後ろ髪を引かれるような気持ちになりませんか?

 

僕なんて仕事に行くだけなのに、名残惜しくて玄関先で遊んでいる時があります(笑)

猫の狩猟方法は獲物を待って仕留めるという方法なので、猫は待つことを得意としていると言います。

 

でも1人でお留守番は可哀想・・・

 

って思ってしまうのは、僕だけでしょうか。

まぁ、そんなことを考えていると、どこにも行けないですよね(笑)

 

意外に猫たちは

「うるさい飼い主がいなくてのんびりできるにゃ~」

と思っているかもしれません。

 

それはそれでちょっと寂しい気が…(´;ω;`)ウゥゥ

 

今回は「愛猫がお留守番をどう思っているか」というお話です。

 

スポンサーリンク

猫はお留守番をどう思っているの?

猫は単独行動で縄張り意識が強いので「寂しい」という感情は、あまりないと言われています。

しかし、それは野生で生きている猫であって、子猫の時から飼い主さんと一緒に暮らしている猫は、そんな事はないと思います。

近年、猫と人間の脳は似ているという事から「実は猫にも感情がある!」と脳科学者から発表されました。

 

以前、海外で猫のお留守番の実験が行われました。

結果は外出時間が4時間以上になると、猫は飼い主さんがいないことに寂しさを感じる、という結果が出たそうです。

逆に30分ぐらいの外出なら、全然平気で外出している事さえ気づかないという事でした。

しかし、4時間以上で寂しさを感じるとは言え、猫は1日に14時間以上は寝て過ごすため、人間が思うほど寂しくは感じていないのかもしれませんが、感情があることは確かなようです。

 

「あれ?今日は遊び相手の飼い主がいないなぁ...寝るか」

ぐらいにしか思っていないのかも。

 

基本猫は、1~2日ぐらいならお留守番が出来ます。

しかし人間もそうですが、小さい子供を1人残して、1~2日程外泊するなんてことはしませんよね。

それは猫も同じで、子猫を1人残して外泊する事は危険がありすぎます。

子猫がいるご家庭は、長期間留守にする事は控えてあげましょう。

 

スポンサーリンク

 

お留守中のトラブル

猫は「1~2日程なら家を空けても大丈夫」と言いましたが、全ての猫が大丈夫というわけではありません。

子猫の時から飼い主さんと一緒にいる猫は、飼い主さんを母親だと思っています。

その母親の姿が1日中見えないと、ストレスを感じてしまう猫がほとんどのようです。

そのストレスが強くなると、トラブルを起こしやすくなります。

 

トイレ

1番多いトラブルが「トイレの粗相」です。

猫はキレイ好きなために、汚れて気に入らなかったらトイレで排泄はしません。

 

「早く掃除をしてよ」

というメッセージを込めて、トイレ以外で粗相をしてしまう事があります。

家に帰ってきてトイレ以外で粗相がしてあったら、トイレが汚れている事にストレスを感じているのかもしれません。

 

1日以上愛猫にお留守番をさせる時は、トイレの設置個所を増やしてあげましょう。

 

物を壊す

猫は、犬ほどお留守番中に物を壊す事はないそうですが、退屈しのぎに物を落としたり本棚や家具に登って遊んだりします。

帰ってきて、部屋の中がぐちゃぐちゃになっていた事ってありませんか?

 

あれは猫が、ストレス解消でやっている事が多いそうです。

大切な物や入ってほしくない部屋は閉めておきましょう。

 

特に、気をつけないといけないのが、電気のコードです。

電気のコードは、必ずコンセントから抜いて下さい。

誤ってかじってしまうと、感電する恐れがあるからです。

 

スポンサーリンク

 

ゴミ箱

ストレスが溜まって、ゴミ箱のゴミを散らかす事があります。

 

散らかすだけならまだしも

「何かないかにゃ~」

と言って、ゴミ箱を漁って誤飲する事故も多いと聞きます。

 

人間には良くても、猫にとって危険な食べ物はたくさんあります。

猫は、普段食べないものでもお腹が減ると、何でも食べてしまう事があるそうです。

 

中毒や命にかかわるような事がないように、ゴミ箱に限らず食べ物は隠しておきましょう。

 

「猫はストレスが溜まると行動で訴えているのだよ」という事が書いてあります。興味がありましたら読んでみて下さい

 

前後の行動で気持ちを読み取ろう

愛猫がお留守番中に何をしているか気になりませんか?

 

「もしかして、寂しすぎて私を探し回っているのでは…」

なんて考えてしまいませんか。

 

僕は「寂しがってないかなぁ」と心配になり、急いで家に帰ったりしますけど、たいてい人の気も知らないで寝ています。

 

「ちぇっ、お出迎えもなしに寝とんかい!」

って突っ込んでみたりもしますけど(笑)

 

基本猫は、寝てお留守番をしています。

たまに起きて、トイレに行ったり、ご飯を食べたり、部屋の中をパトロールしたりしています。

これが長時間飼い主さんが帰ってこないと、ストレスが溜まりトラブルメーカーとなってしまうのです。

 

大体いつも同じ時刻に帰ってくる飼い主さんであれば、愛猫も飼い主さんの生活のリズムに合わせて、玄関までお出迎えしてくれるそうです。

「いいなぁ、うらやましい~」

 

それじゃあ猫は、飼い主さんの外出前と帰宅後に、どのような寂しさの伝え方をしているのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

外出前

身支度をしている時に愛猫が足元に寄って来て、頭や体をスリスリとこすりつけてくる時がありませんか?

 

「どこか行くのぉ~」

「寂しいな」

「行かないでよ」

 

と訴えているのです。

あと玄関先で「ニャー」と長めに鳴いたり、「ミャー」「ナーン」と大きな声で長めに鳴く時も寂しさを訴えている時です。

 

そんなことされると、出掛けづらいですよね。

 

帰宅後

行く前と同様に頭や体をスルスルしてきたら

 

「おかえり~、待ってたよ」

「寂しかったよぉ」

 

と訴えています。

 

あと、ダッシュでお出迎えをしてくれたり、お腹を見せてゴロンとしてきたり、喉をゴロゴロ鳴らして寄ってきたりする時は、飼い主さんが帰ってきたことを喜んでいる証拠です。

 

猫は、飼い主さんの匂いを感じる事で、すごく安心をすると言われています。

思いっきり匂いを嗅がせてあげてスキンシップをとると、すごく喜んでくれます。

 

「飼い主さんといつも一緒にいる猫は、寂しくなりすぎると病気になるんだよ」という事が書いてあります。興味がありましたら読んでみて下さい

 

さいごに

どうしても、愛猫にお留守番をさせる時があると思います。

猫は、1日ぐらいのお留守番なら平気ですが、2、3日家を空けるようなら、それなりに対応してあげなければなりません。

猫の欲望の中で、最も強いと言われているものは「食欲」です。

それと、ストレスを感じやすいと言われているのが「トイレの汚れ」です。

 

もし長時間、愛猫にお留守番をさせるのなら、食事とトイレには十分に気をつけてあげて下さい。

ストレスの少ないお留守番にしてあげましょうね。

 

帰宅後はスキンシップをとりながら、いっぱい褒めてあげて下さい。

愛猫はいつだって、飼い主さんの帰りを楽しみに待っていますよ。

 

おしまい

 

ベストセラー1位の自動給餌器です。1日4食を最大20日連続で自動給餌。

 


ストレス解消、運動不足には体を動かすのが一番!楽しく遊ばせてあげましょうね。

 

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました