猫にとって日向ぼっこは気持ちいいだけじゃない!陽向に集まる理由

 

こんにちは、りんさく(@sakurarin72)です。

 

窓際で猫がゴロンと、日向ぼっこをしている光景をよく目にしますね。

うちの猫たちも天気がいい日は、縁側や出窓のカウンターでボーッと日向ぼっこしています。

 

気持ちよさそうやな、可愛いなぁと思いながら、いつも眺めています。

 

猫は、ボーっと日向ぼっこしているように見えますが、実は意味があるのです。

 

スポンサーリンク

日向ぼっこは気持ちがいいだけじゃない!

猫(イエネコ)の先祖は、中東の暑い砂漠で生活していました。

その名残なのか、猫は暖かい太陽の光が大好きです。

夜行性で、明るい光を苦手とする猫が、どうして太陽の光は好きなのでしょうか。

 

体温調節

猫の体は、体温を一定に保つようになっています。

寒い時には、体を動かして体温を上げたり、丸まって体温を逃がさないようするなど、様々な工夫をしながら体温を一定に保っています。

猫は「いざ!」という時のために、体力を温存する生き物なので、体力が消耗することはあまりしません。

 

日向ぼっこと、どういう関係があるの?と思いますよね。

実は、日向ぼっこをする一番の理由は、太陽光発電です。

言わば、自己発電のようなものです。

 

猫がじっとして日向ぼっこをしていると、体を動かさなくても、太陽熱で自然と体温が上がります。

猫が体温を上げる時は、ある程度の体力を消耗しなければならないそうです。

 

その点日向ぼっこは、体力を使わなくてもいいし、体温も維持できるので、猫にとっては一石二鳥なのです。

 

スポンサーリンク

殺菌作用

僕たちは、天気がいいと布団を干して、ダニや菌を紫外線で殺菌しますよね。

それと同じで、猫は被毛や皮膚についたノミやダニや細菌の繫殖を防いでいるのです。

 

紫外線を当てる事で、ノミやダニを死滅させる事はできませんが、予防をする事はできます。

太陽の光(紫外線)を浴びる事は、皮膚炎の防止に繋がるのです。

 

しかし、紫外線の浴びすぎや夏の強い紫外線は、皮膚を傷つける恐れがあるため、逆効果になるとも言われています。

 

ストレス解消

猫のストレス解消の一つは、「よく寝ること」です。

人間もお腹がふくれて、ポカポカ陽気で体温が上がると、眠くなってきちゃいますよね。

猫も同じで、太陽の光で体温が上がると、ウトウトと眠くなってきます。

 

特に家猫は、外敵に襲われる心配がないため、暖かい場所で寝ると、眠りも深くストレス解消になるのです。

 

スポンサーリンク

栄養素を取り入れる

体温が上がることで血流が良くなって、免疫力がアップしたり、新陳代謝にも期待ができます。

血流が良くなることで、栄養素が体の隅々にまでいきわたるので、内臓の働きや毛ヅヤが良くなるそうです。

 

除湿効果

猫は、体が濡れる事をすごく嫌がります。

湿気でジメジメしていたり、雨などで被毛が濡れたりしたら、強いストレスを感じてしまうのです。

 

濡れた体を乾かすには、日向ぼっこが最適なのです。

濡れたままだと、細菌の繁殖や皮膚炎にも繋がってしまうので、愛猫の体が濡れていたりしたら、水分を取ってあげて下さい。

 

スポンサーリンク

幸せホルモンが増える

人間も猫も、太陽の光を浴びると、幸せホルモン「セロトニン」が分泌されると言います。

 

「紫外線は、シミになるから」と言わずに、たまには愛猫と一緒に、太陽の光を浴びてみてはいかがでしょうか。

精神が落ち着いて、幸せな気持ちになれると思います。

 

吸盤で窓に付ける猫のハンモックです。日向ぼっこには、最適なスペースの出来上がりです。

 

日向ぼっこをする時の注意点

日向ぼっこには、猫の体に様々な良い効果があるのですが、ずっと日向ぼっこをさせているわけにはいきません。

させ過ぎは逆効果になり、体調不良になってしまう可能性があります。

 

熱中症、脱水症

狭い部屋で日向ぼっこをすると、熱中症や脱水症状になる危険性があります。

 

猫は、お気に入りの場所を見つけると、そこが暑くても我慢して居続けてしまう事があります。

黒猫や黒い毛が多い猫は、熱を体内に吸収してしまう可能性があるため、十分な注意が必要です。

 

カーテンをして光を遮ってあげたり、エアコンをつけるなどをして、体内に熱がこもらないように、気をつけてあげて下さい。

部屋は閉め切らずに、自分で涼しい場所にも行けるようにしてあげましょう。

特に高齢の猫は、十分な注意が必要です。

 

 

愛猫にも、水分補給をちゃんとさせてあげないと、大変なことになってしまうよ、という事を書いてあります。興味がありましたら読んでみて下さい。

スポンサーリンク

皮膚炎

白猫や白い毛が多い猫は、メラニン色素が少ないため、皮膚炎にかかりやすいです。

耳の先、耳の裏側、目の下、鼻、顎などの毛が薄い所が皮膚炎になりやすい場所です。

 

赤く腫れてきたり、引っかいて出血をする場合があります。

症状がみられましたら、すぐに動物病院に連れて行ってあげて下さい。

 

猫は、辛くても我慢をして隠す癖があります。

飼い主さんが管理してあげないと、取り返しのつかないことにもなりかねませんので、気を付けてあげましょうね。

 

スポンサーリンク

さいごに

日向ぼっこには、猫にとって良いことがたくさんありますが、一つ間違えば命を落とすことだってあります。

愛猫の管理は、飼い主さんの務めです。

 

最適な環境で、のんびりと気持ちのいい日向ぼっこをさせてあげて下さいね。

 

おしまい

 

 

猫を飼っている方なら、いくつか共感できる部分があると思います。人間は猫に育てられているのかもって、思える本です。

 


暑い時には、水分補給は十分にしましょうね。外見だけでなく、蓋を開けると肉球型の氷止めが可愛い水筒です。

 

 

ベストセラーになった猫壱さんの玩具です。ストレス解消には、体を動かすのが一番!どんな猫でも夢中になること間違いなしですので、思う存分遊ばせてあげましょう。

 

 

可愛い猫のトイレットペーパーカバーです。トイレも猫グッズで可愛く飾って癒されましょう。

 

 

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

 

 

ポチっとしていただけると幸いです

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村

猫との暮らしランキング

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました