猫がかかりやすい3種類の耳の病気は?原因・症状・治療法について

 

こんにちは、りんさく(@sakurarin72)です。

 

愛猫の健康状態を把握していますか?

どこか痛くても「ここが痛い」なんて言いませんよね。

猫は、表情に出す事が苦手な生き物ですので、「病気になっていてもなかなか気付いてあげられない」というのが現状です。

 

様々な猫の病気がありますが、今回は耳の病気についてお話したいと思います。

 

スポンサーリンク

猫がかかりやすい3種類の耳の病気

猫は病気でなくても、耳を触られる事を嫌いますので、病気になっていても、なかなか気付いてあげられないことが多々あります。

「気付かなかった、知らなかった」と言って、ほっておくのも可哀想な事です。ほっておいても悪化するだけで、治ることはありません。

いつもと違うしぐさや行動をしていたら、「体調が悪いのかな?何かおかしいぞ」と気付いてあげて下さい。

 

耳の病気になりやすい順にお話したいと思います。

 

耳疥癬(みみかいせん)

猫の耳の病気で、最もなりやすいのが外耳炎です。

その一種に耳疥癬という病気があります。

 

原因

外耳炎の原因として最も多い寄生虫の病気です。

ミミヒゼンダニという0.3㎜程のダニが、外耳の中に寄生して起こる皮膚病です。

感染性が非常に強いので、猫同士の接触で感染する事が多いです。猫をたくさん飼っている人は要注意です。

人間にもうつると言われていますので、注意が必要です。

 

症状

黒い耳垢が塊となっていたり、茶色い垢が耳に付着していたり、耳から分泌物が見られたりします。

猫の病気の中で、一番痒みがあるのがこの病気です。

激しい痒みを伴うため、耳を搔いたり頭を振ったり、時には搔きすぎて、耳の毛が抜けたり出血したりすることもあります。

 

治療法

動物病院で耳垢を検査してもらい、ミミヒゼンダニと分かれば、耳に投薬してくれます。症状がひどければ注射をしてくれます。

ダニを壊滅させるには、1ヵ月以上かかると言われていますので、通院が必要になるかと思います。

 

予防法

ダニが食している耳垢やフケの手入れを定期的に行う事。

見える範囲で十分ですので、耳の掃除をしてあげて下さい。

何より耳を清潔に保つ事を心掛けてあげましょう。

 

 

日本製なので安心して使えます。使い方も簡単で耳に液を垂らすだけです。

 

 

外耳炎(がいじえん)

外耳炎とは、外耳(耳の穴から鼓膜までの間)が炎症を起こしてしまう病気です。

 

原因
  • 耳垢に細菌、真菌(カビ)が繫殖する
  • 耳疥癬(ミミヒゼンダニという寄生虫)が原因で炎症を起こす。
  • 異物混入(植物など)で耳道を傷つけて炎症を起こす。
  • アレルギーで耳道が炎症を起こす。

 

症状

痒みと痛みを伴うので、耳を頻繫に搔いたり、頭を振ったり、こすりつけたりする姿がよく見られます。

搔きすぎて耳の毛がはげていたり、顔や頭に引っかき傷ができることもあります。

耳道が炎症を起こしている為、耳を触ると痛がったり、耳が熱をもっていたり、赤くなっていたりします。

黒い耳垢の塊ができていたり、耳から悪臭がすることもあります。

 

治療法

ほっておいたら自然に治るものではありません。

耳疥癬の治療と同様に耳の状態を診察して、耳を洗浄してくれます。

痛みや痒みを抑える薬が服用されます。

2週間程度で落ち着くと言われていますが、耳ダニに感染していた場合は、1ヵ月以上かかります。

 

予防法

耳疥癬同様に清潔に保つ事が重要です。見える範囲で大丈夫ですので、優しく拭いてあげて下さい。

外から帰ってきた時や水に濡れた時などは気にしてあげて下さい。

たまに匂いを嗅いだり、耳に汚れが付着していないか、確認してあげましょう。

特に、スコティッシュフォールドは耳が折れている為、かかりやすく気づきにくい、と言われていますので、定期的にチェックしてあげましょう。

 

 

パウダー状なので、液漏れの心配もなく手軽に使えます。パウダーを耳に入れてサッと拭き取るだけです。ただ、耳に入れて首を振られると、粉が飛び散ってしまうのが難点です。

 

 

中耳炎(ちゅうじえん)

鼓膜より奥に行くと鼓室というところがあり、その付近を中耳と言います。

外(外耳)から入ってきた音、振動を内耳に伝える役目をしています。言わば外耳と内耳の仲介役みたいなものです。

その仲介役の中耳が炎症を起こしてしまう病気です。

 

原因

まれに腫瘍が原因という事もあるそうなのですが、ほとんどが細菌、真菌によるものです。

外耳炎の炎症が、鼓膜を突き抜け中耳まで広がって、炎症を起こしてしまうというケースが最も多いです。

あとは、鼻炎が原因で中耳炎になるとこもあるそうです。

 

症状

中耳炎は痛みを伴う為、頭や耳を触られる事を嫌がります。

頭を振ったり、頭を傾けたり、耳を後ろに倒したりします。

症状が悪化すると、回転するよう(旋回運動)に歩いたり、立つこともできずに倒れてしまったり、ふらふらと歩いたりします。

口を開ける筋肉が不十分になり食欲不振になったり、まぶたが重く目を開きにくそうにしていたり、眼球が一定方向に向いていたりします。

 

治療法

内科的治療と外科的治療があります。

細菌や真菌などで中耳炎になった場合は、内科的治療で、抗生物質などを投薬して治療を行います。抗生剤の内服薬ももらえます。

完全に治さないと、ぶり返す恐れがありますので、獣医師さんのアドバイスをよく聞いて治療してあげて下さい。

ポリープ、腫瘍、外耳炎の悪化による耳の変形などは、外科的治療になります。

鼓膜を切断したり、中耳の手術を行います。

 

予防法

中耳炎自体の予防は、明確にはありません。

外耳炎にならないことが、中耳炎の予防だと思いますので、耳を掃除して清潔にしてあげましょう。

 

 

 

まとめ

  • よく耳を搔く
  • 頭を振る
  • 頭を撫でられる事を嫌がる
  • 耳垢が溜まっている
  • 耳が臭い
  • 耳の毛が剥げている
  • 耳が赤い
  • 元気がない
  • 真っ直ぐ歩けない

上記の症状が見られたら、早めに動物病院に連れて行ってあげて下さい。

悪化して手術となる前に治療してあげましょう。

 

「猫を助ける猫もいるんだよ」ということを書きました。興味がありましたら、読んでみて下さい。

 

さいごに

愛猫の健康管理は、飼い主さんの務めです。

 

いつも触れ合っている愛猫なので、ちょっとした変化にも気づいてあげられると思います。

「まだ、これぐらいなら大丈夫!」と思わずに、いつもと様子が違うなら、獣医師さんに相談をしてみて下さい。

早期発見、早期治療を心がけてあげましょう。

 

いつまでも元気で、一緒にいてほしいものですね。

 

おしまい

 

最初から綿棒にイヤークリーナーを染み込ませてあるので、手軽ですごく便利です。

1本づつの包装なので、清潔に保つ事ができます。

 

 

消臭以外にも、毛の手入れ、口臭、耳掃除など様々な使い方ができる優れた商品です。

これ1本あれば何にでも対応できます。

 

 

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

 

 

 

ポチっとしていただけると幸いです

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村

猫との暮らしランキング

 

 


 

 




 



 



スポンサーリンク
SNSフォローボタン
りんさくをフォローする
りんさくBOOKS

コメント

タイトルとURLをコピーしました