仕事をサボっても猫動画を見ろ⁉猫動画が与える人間への影響力は

 

こんにちは! りんさく(@sakurarin72)です。

 

今や、猫の映像や画像を見ない日がないですね。

CMやTVはもちろんのこと、町中でも猫をモデルにしたポスターやグッズがたくさんあります。

これだけ猫が人間社会に浸透してきたのには、それなりの理由があるのです。

 

今のストレス社会で人間が求めているものは、『癒し』だと言われています。

美味しいものに癒されたり、絶景を見て癒されたりと、癒され方は人それぞれですが、最近ではペットに癒しを求める人が増えているそうです。

 

ある研究で、「ペットと過ごす時間は好きな人と過ごす幸せな時間に相当する」という結果が出ています。

人間は知らず知らずのうちに、ペットに甘えているのかもしれませんね。

 

しかし、触れ合うことだけが癒しに繋がるとは、かぎりません。

今現在はスマートフォンの普及により、インターネットで動画を見るのは当たり前の時代です。

スマートフォンがあれば、いつでもどこでも動画を楽しむことができますね。

 

色々な動画を見て楽しむのも、癒しの一つだと言われています。

その中でも1番効果的だと言われているのが、猫の動画を見る事だそうです。

 

今回は、猫動画が人間にどんな影響を与えるのか?というお話です。

 

スポンサーリンク

仕事をサボっても猫動画を見ろ⁉

『仕事をサボってでも猫動画を見ろ!』

このようなフレーズを、聞いたことはありますか?

 

アメリカ・インディアナ大学のジェシカ・ガル・マイリック准教授は、約7000人を対象に猫の動画を見ると、人間はどのような気分になるのか、という実験をしました。

約7000人のうち、36%の人は自称「猫好き」だったそうです。

 

猫動画を見た結果、

  • 元気が出る
  • ポジティブになる
  • 不安が和らぐ
  • 怒りがおさまる

などと、気持ちに変化が表れたそうです。

 

この実験では気持ちの変化以外に、「いつ、どのような時に見るのか?」という事も検証されました。

この質問に対して多くの人が、「気分が乗らない時」、「何かを嫌々している時」、「仕事中」、「勉強中」という、嫌なことを先送りにしたい気分の時に、見る事が多かったようです。

 

しかし、仕事中や勉強中にサボって猫の動画を見るのは、少し罪悪感を感じてしまいますよね。

ですが、その罪悪感を吹き飛ばすくらい「気持ちが安らぐ」、「やる気が出る」という結果が出たそうです。

マイリック准教授は、仕事をサボって猫の動画を見ても、その後の仕事に絶大な成果を出せる、と発表しました。

 

今やYouTubeなどに、多くの猫動画が配信されています。

その中で、自分が気に入った猫の動画を見るだけで、モチベーションが上がるのです。

 

毎年、猫動画の視聴回数は、100億回を軽く超えると言われています。

それだけ人気があるのは、可愛いからという理由だけではなく、気持ちを穏やかにしてくれるからだったのですね。

 

スポンサーリンク

なぜ猫動画は癒されるの?

人間は、自分より弱くて小さい生き物を見ると、「守ってあげたい!」という衝動になるそうです。

人間の赤ちゃんを見て、邪険にする人はそうはいないと思います。

 

赤ちゃんが、クリッとした大きな目でこっちを見ていると、可愛くて相手をしてあげたくなりますよね。

それが我が子なら、なおさら愛おしく感じるのではないでしょうか。

その愛おしい赤ちゃんを見ている時の感覚と、猫を見る時の感覚が似ている、と考えられているのです。

 

猫も赤ちゃんのように、クリッとした大きな目を持っています。

その目が、人間の赤ちゃんの目と重なり錯覚してしまうために、親のような感情で猫を見てしまうそうです。

 

なので、猫が人間の赤ちゃんのように、無邪気に遊んだり、可愛い寝顔をしている姿を見ると、気持ちが落ち着き不安がなくなるのは、そのためだと考えられています。

 

あと猫の自然な行動が、人の心をリラックスさせるのではないか、と言われているのです。

 

大昔は今のように、地震や津波などを事前に観測できるシステムありませんでした。

そんな時代の人々は、動物の行動を観察する事で、危険を察知していたそうです。

そのため、動物が穏やかに過ごしている姿を見ると、天変地異の可能性は低いと感じて、平和に暮らせたと言われています。

 

その大昔の名残で、人間は動物が穏やかに過ごしている姿を見ると、安らいでリラックスができるそうです。

猫が仰向けで寝るへそ天や、他愛もないオモチャで遊ぶ無防備な姿を見ると、ほっこりとした穏やかな気持ちになるのは、大昔からの血がそうさせているのでしょうね。

 

スポンサーリンク

さいごに

毎日、何気なく見ている猫の動画に、こんな効果があったなんて驚きですね。

視聴回数が、100億回以上になるのもわかる気がします。

 

YouTubeに上がっているペットや動物の配信は、約50%が猫の動画だそうです。

それだけ、猫は人間と親密な関係にあるということなのでしょう。

 

もしかすると猫の動画は、栄養剤やエナジードリンクよりも元気になれるかもしれません。

仕事で失敗した時、やる気がでない時は、少し仕事を中断して、こっそりと猫動画を見るのもアリですね。

 

上司に叱られない程度にね。

 

おしまい

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

猫との暮らし
スポンサーリンク
SNSフォローボタン
りんさくをフォローする
りんさくBOOKS

コメント

タイトルとURLをコピーしました