愛猫の体調不良は洗濯物の部屋干しが原因かも⁈その理由と注意点

 

こんにちは! りんさく(@sakurarin72)です。

 

あづ~い(~_~;)

 

最近1日1回は、口にしてしまいます。

もうすっかり夏ですね。

 

「暑くて動く気にもならない」

ふと横を見ると、愛猫たちも暑さにやられて伸びているではありませんか。

 

「お前たちもかい!」

 

まぁモフモフの毛皮を羽織っているので、わからなくもない。

目で「クーラーつけろよ」と、無言の圧力を愛猫にかけられる今日この頃です。

 

この前は愛猫と散歩をしていると、急に大雨になり2人してびちゃびちゃになって帰ってきました。

もちろん外に干していた洗濯物もべちゃべちゃです。

 

最悪や~(´;ω;`)ウッ…

もう暑くなったり、雨が降ったり・・・

 

天気の良い日に洗濯物を外に干して、取り込む時に太陽の匂いがフワッと香る感じがたまらなく好きな僕にとって、雨降りはいまいち気分がのりません。

特に梅雨時なんかは、体もだるいし、最悪です。

 

やっぱり洗濯物は、スカッと晴れた日に干すのが一番気持ちがいいですね。

最近は洗濯物がいい匂いになるように、柔軟剤や匂い付きの洗剤を使うご家庭が増えているそうです。

しかし、その柔軟剤や洗剤の匂いが「人間や愛猫に悪影響を及ぼすのではないか」と話題になったことはご存知でしょうか。

 

今回は、部屋干しの洗濯物が人や愛猫の健康に悪影響を与えるのでは?

というお話です。

 

スポンサーリンク

愛猫の体調不良は洗濯物の部屋干しが原因かも⁈

「香害(こうがい)」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

香水、洗剤、柔軟剤、芳香剤などに含まれる合成香料に起因し、頭痛や吐き気やめまいなどの症状を引き起こす科学物質過敏症の一つです。

 

2018年6月と2019年6月に、シャボン玉石鹼という無添加石鹼メーカーが「香害」に関するキャンペーンを行って、話題になった事を覚えている方も多いのではないでしょうか。

シャボン玉石鹼さんの調査によると「人工的な香りをかいで、体調不良を起こした事がある」と答えた人が5割を超えたそうです。

 

その中でも、柔軟剤の香りで体調不良になった人が86%だったと発表しました。

次いで香り付きの合成洗剤だそうです。

 

このいい匂いを発している成分「香料」が、人体に悪影響を及ぼしているということが分かりました。

香料は、食品に香りと味の一部を付与する食品添加物(フレーバー)と、食品以外のものに香りを付けるフレグランス(香粧品香料)に大別されます。

 

柔軟剤や洗剤は、フレグランス(香粧品香料)になります。

香料に使われている成分は、様々な芳香化合物が混ざり合って作られている化学物質なのですが、表示の義務がないため、実際には何が使われているか、どのような製造方法なのかは、わからないのです。

その中で、作用性の強い香料があることが分かってきました。

DNAを傷つけるもの、人体に蓄積されやすいもの、環境ホルモンに該当するものなど、様々な危険性を持っているのです。

 

人体にも悪影響を及ぼす香料なのですから、体の小さい猫に影響が及ばないわけがありません。

 

 

「猫に柔軟剤は危険だよ」という事が書いてあります。興味がありましたら読んでみて下さい。

スポンサーリンク

部屋干しが猫に悪影響を及ぼす理由

柔軟剤や洗剤に記載されている表示を見ると「香料」と書かれていると思います。

先ほども言いましたが、香料とは化学物質のことです。

 

香り付け製品に使われる香料は、ほとんどが合成ムスクを使用しているそうですが、合成ムスクは体内で分解されにくく、残留しやすいと言われているのです。

この他に、アルコール系や植物由来のエッセンシャルオイルなどが使われています。

 

ご存知の方も多いと思いますが、猫にはアルコールもエッセンシャルオイルも厳禁です。

猫の肝臓は、植物や精油などの化学物質を分解する酵素を作ることができないため、体内に取り入れてしまうと、高い確率で中毒になってしまいます。

直接摂取しなくても、その空気を吸ってしまうだけで、危険だと言われているのです。

 

つまり、柔軟剤や香り付きの洗剤で洗った洗濯物を、猫のいる部屋に干しておくと、空気中に漂っている香料を吸い込んだり、体に付いた香料を毛ずくろいで、体内に取り入れてしまう可能性があるのです。

猫は、取り入れた香料を体内で分解できないため、蓄積されて体調不良を起こしたり、アレルギー反応を起こしたり、発がん、肝臓疾患、皮膚疾患などを引き起こす恐れがあります。

香料の量が多かったり、濃度が高い香料だと、命にかかわる事もある危険な成分です。

 

スポンサーリンク

部屋干しする時の注意点

天候や家の都合で、どうしても部屋干しをする時があると思います。

そのような時は愛猫の事も考えて、害のないように工夫をしてあげてましょうね。

 

洗剤を無香料無添加にする

洗濯物からいい香りがすると、気持ちがいいものですが、それは人間だけであって猫は「きつい匂い」「悪臭」とぐらいにしか思っていません。

猫の嗅覚は人間の数万倍から数十万倍と言われているので、強すぎる匂いはストレスを与えてしまう可能性があります。

 

おすすめの洗剤は、香害の心配のない香料、着色料などの添加物がゼロのものがおすすめです。

たとえばこれなんかですと、無添加、無香料、無着色で、柔軟剤なしでもゴワつかないと言って、人気の洗剤です。

 

 

 

柔軟剤も無添加、無香料、無着色のものがおすすめです。

 


愛猫が安全に過ごせるように、なるべく柔軟剤を使わなくてもいい洗剤を、使ってみるのもいいかと思います。

 

愛猫を入れない

猫は、いたずらが大好きです。

洗濯物で遊んだり、干してある洗濯物をひっぱたりすることもあるかと思います。

それに猫は湿気が多いと、ストレスを感じます。

 

香害の被害も最小限に抑えられるので、洗濯物を干している部屋に入れないのが、一番効果的ではないでしょうか。

 

換気をよくする

どうしても愛猫がいる部屋で、洗濯物を干さなければならない時は、部屋や窓を閉め切らないようにしましょう。

閉め切ってしまうと、部屋中に香料が充満して、嫌でもそれを吸ってしまうことになります。

 

香料によっては、愛猫の命にかかわる危険な香料だってあります。

ドアや窓を開けたり、空気清浄機を使用するなどをして、なるべく愛猫が香料を吸い込まないように工夫をしてあげて下さい。

 

窓を開ける時は、愛猫が脱走しないように注意して下さい。

 

 

スポンサーリンク

さいごに

部屋干しが猫にとって危険なのではなくて、柔軟剤や香り付けの洗剤に含まれている香料(化学物質)が危険なのです。

「全ての香料が猫にとって危険か」という事は、まだ解明されてはいませんが、人間にも有害と言われているものが、猫にいいとは思えません。

 

特に愛猫の物を洗濯する時は、無添加、無香料、無着色の洗剤を使うことをおすすめします。

愛猫の健康管理は飼い主の務めです。

 

より良い環境で、元気に過ごさせてあげましょうね。

 

おしまい

 

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました