邪魔でもないのになぜ物を落とすの?猫が上から物を落とす理由とは

 

こんにちは、りんさく(@sakurarin72)です。

 

1週間前、長距離トラックの運転手をしている友達から、「仕事先でいいものを見つけた」と言って、陶器で作られた黒猫のお土産をもらいました。

仕事先で、わざわざ買って来てくれたのですが、渡す時のセリフが...

「お前ん家は、魔物が住んでるやろ。これ厄除けにいいらしいで」と

 

「どういうこと?俺ん家で魔物を見たことあるのかい!」

まぁ、そんなやり取りもありましたが、僕はその黒猫の置物を、玄関の下駄箱の上に飾りました。

 

一昨日、仕事が終わり家へ帰ると、見るも無残に黒猫の置物が玄関で、砕け散っているではありませんか😱

目が点になるとは、まさにこの事ですね。

 

玄関で、砕け散った黒猫を拾い集めていると、犯人らしき人物が...いや犯ニャンらしきニャン物が、のそのそと歩いてきました。

犯ニャンは、黒猫の破片を手で触って、「フフフッ」と含み笑いをして逃げて行きました。

まぁ、本当に笑っていたかどうかはさておき(笑)

 

たぶん犯ニャンは、「こんな物に頼るな!僕が魔物を追い払ってやる」と思って、壊したのでしょう。

 

よし、そう思うことにしておこう。

頼むぜ、うちの猫たち!

 

「友達、ゴメン。4日でお土産が散ってしまった😿」

 

猫を飼っている方なら、一度は同じような経験をした事があると思います。

 

今回は、「なぜ猫は物を落とすのか?」というお話です。

 

スポンサーリンク

なぜ猫は物を落とすの?

テーブルの上にある物を落とされた!

棚の上に飾ってあった大切な物を落とされた!

猫を飼っている方なら、このような経験をされた事があるのではないでしょうか?

 

猫の邪魔にならない所に置いていても、なぜか次々と落としていきますよね。

まるで、困っている姿を楽しんでいるかのように...

 

「猫の行動には、必ず何かしらの意味がある」と言われています。

では、猫が物を落とす行動には、どんな意味が込められているのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

狩りの練習

アメリカのコネール大学で、動物行動学を研究する教授は、

「猫が物を落とす行動は、ほとんどが夜中に発生している」

と、発表をされました。

そのため、薄明薄暮性(はくめいはくぼせい)の猫は、夜中に物を落とすことで、狩りの練習をしているのではないかと、考えられています。

 

薄明薄暮性とは、夕暮れや明け方などの薄暗い時間帯に、狩りをする動物の事です。

 

朝起きて、部屋の物が落とされていたら、愛猫が夜中に狩りの練習をしていたのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

落ち方の研究

物をよく落とすのは、若い猫や子猫に多いと言われています。

若い猫や子猫は、好奇心が旺盛でよく動くために、当然の事なのかもしれません。

 

しかし、好奇心が旺盛だけで、物を落としているわけではないようです。

若い猫や子猫は、色々な事を勉強していかなければなりません。

 

そのため、「これをこうしたらどうなるのか」を、様々な事を試して研究をしているそうです。

その一環で、物を落とす観察をしているのだと、考えられています。

 

物が落ちていく様子、床に落ちた時の衝撃、音や壊れ方や転がり方などを見て、安全か危険な物なのかを、猫なりに研究をしているそうです。

 

僕たちも、自分の周りにある物が安全な物か危険な物なのかを、手に取ったり見たりして、把握をしますよね。

それと、よく似た感覚なのかもしれません。

 

猫も、自分の周りにどのような物があるのかを、把握をして安心に過ごしたいのでしょう。

 

スポンサーリンク

 

邪魔だから

猫は、自分が通りたい道や、寝ようとしている所に物があると、「邪魔な障害物だなぁ」と感じて、置いてある物を容赦なく落とします。

人間からしてみれば、「なぜ落とすの?」と感じてしまいますが、猫からすると「邪魔だから、ちょっとどかしただけ」という感覚なのでしょう。

 

これ以外にも、猫は縄張り意識の強い動物です。

どの猫も、自分の生活空間という縄張りを持っています。

自分の縄張りに見慣れない物があると、「なんだこれは?人の縄張りに勝手に入ってきて邪魔だ!」と、追い払う感覚で物を落とす事があるのです。

 

また、少し気の強い猫の場合は「ここは僕の場所だから、物を置くな!」と、物を落として、飼い主さんへアピールをしている場合があると言われています。

 

いずれにせよ、マイペースな猫らしい理由ですね。

 

スポンサーリンク

 

飼い主さんを振り向かせたい

僕たち人間は大きな音がすると、音がした方が気になって振り向いたり、覗きに行ったりしますよね。

その事を、猫は知っているのです。

「大きな音をたてれば、こっちを向いてくれる。こっちへ来きてくれる」という想いから、物を落とす事があります。

 

愛猫は「こっちへ来る=構ってくれる」という期待を込めて、物を落としているそうです。

これだけを見ると、けなげで可愛いらしく感じますね。

 

しかし、頭のいい猫になると「ニャー」と鳴くよりも、大きな音をたてる方が、飼い主さんが見てくれる、すぐに来てくれる、という事を知っているために、物を落とす事があるそうです。

 

猫なりに、飼い主さんの行動を見て、色々な事を学習しているのでしょうね。

 

スポンサーリンク

さいごに

猫は、様々な理由で物を落とします。

愛猫に「物を落とすな!」と言っても、聞くわけがありません。

専門家の中には、「猫が物を落とす行動は、やめさせられない。しつけではどうにもならない」と、言っている方もいます。

 

しかし、治らないからと言って、ほっておくのもどうでしょうか。

もし、落とした物でケガをしたり、落とした下に他のペットや誰かがいた場合は、大変な事にもなりかねません。

 

一番いいのは、大切な物や割れ物を置かない事です。

もし愛猫が、遊びの一環で物を落としているのなら、落ちても安全な物を置いてあげると、いいかもしれません。

 

猫を飼っている以上、予想もしない危険な事が、起こる可能性があります。

しかし、愛猫のため、自分のために安全な環境を作ってあげるのも、飼い主の役目です。

 

猫も人間も、快適で幸せに暮らせる環境を、作ってあげましょうね。

 

おしまい

 

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

猫との暮らし
スポンサーリンク
SNSフォローボタン
りんさくをフォローする
りんさくBOOKS

コメント

タイトルとURLをコピーしました