ケガをしたダブルキャリア猫。空を飛んで幸せを手に入れる

 

こんにちは、りんさく(@sakurarin72)です。

 

野良猫を保護したけど、家族に飼う事を反対されたら、あなたならどうしますか?

今回は、3人の女性が1匹の野良猫を、幸せに導いたというお話です。

 

スポンサーリンク

空を飛んで幸せを手に入れた傷だらけの猫

3月の半ば頃に女性の前へ、頭の皮が剝がれた野良猫が現れたのが事の発端です。

 

女性が住んでいる地域は、たまに野良猫が遊びに来るそうで、彼女も野良猫たちにご飯をあげるなどして、可愛がっていました。

ある日のこと、頭の皮が剝がれて傷を負った見慣れない野良猫が、助けを求めるかのように彼女の前に現れたそうです。

 

心優しい彼女が、そんな姿をした野良猫をほっておけるはずもなく、動物病院から捕獲器を借りて、保護することにしたのです。

 

後先考えずに行動するのが、彼女のいいとこでもあり、悪いところでもあるのだ。

その時はまさか、家族に飼う事を反対されるとは、思いもしなかったのだろう。

 

猫は、彼女に身を委ねるかのように、捕獲器を設置して数分で入ったそうです。

 

「すぐにでも、動物病院へ連れて行きたい」

 

けど、仕事に行かなければならない彼女は、近所の人にお願いをして、動物病院に連れて行ってもらうことにしました。

 

彼女は、仕事が終わり一目散に病院へ向かいました。

結果は、猫同士のケンカで頭の皮が剝がれたとの事でした。

耳の後ろから皮がめくれて、傷口が化膿して大変な事になっていたそうです。

 

手術は、剝がれた皮を切って傷口を治療するという、そんなに大変な手術ではなかったようですが、色々と検査をしていくと、大変な病気にかかっている事がわかったのです。

 

ダブルキャリア

 

検査結果は、猫エイズ、白血病陽性。

 

せっかく傷口を治して、これからの猫生はケンカもなく、のんびりと過ごさせてあげようと、考えていたはずが、あまりの結果に彼女は愕然としました。

 

とりあえず、家に帰って今後の事を、家族で話し合いました。

「これ以上、ペットを増やすな。ケガが治ったら、もう一度外に返したらいい」

と言われたそうです。

 

「飼う事は出来ない」

「外に返すことはイヤだ」

「どうしたらいい」

「保護をした私が悪い?」

・・・・・

 

たくさんの想いが彼女の中を駆け巡りました。

 

自己嫌悪に陥ったこともあっただろう。

色々な気持ちが入り混じった彼女は、この時に何年分かの涙を流した。

 

スポンサーリンク

 

しかし、泣いていても始まらない。

そう思った彼女は「退院後、どうすればこの猫が幸せになるか」を必死で考えました。

 

彼女はTwitterで知り合った、近くに住む女性に相談をしたり、動物病院に相談したり、保護団体に聞いてみたりしたが、いまいち納得がいく返事を得られませんでした。

 

それでも「家族に迷惑はかけられない」と思い、来る日も来る日も1人で懸命に考えた。

だけど、いつになっても答えは出ない。

 

気持ち的にも体力的にも、相当な労力を費やしただろう。

 

しかしそんな彼女にも、唯一息が抜ける場所があった。

それは、仲良しさんとのラインだ。

彼女は、Twitterで知り合った信頼できる女性2人と、グループラインをしていました。

 

3人に面識はない。まして声を聞いたこともない。繋がっているのは心の繋がりだけ。

しかし、気持ちが同じ方向を向いている者同士ほど、心が安心できて休まるものはない。

いつも彼女は、グループラインで2人の女性から、癒しと活力をもらえると言っていました。

 

そのグループラインで、あまり弱音を吐かなかった彼女が、女性2人に猫の事を相談したのです。

相談を受けた女性2人も、自分の事のように必死で考えました。

 

この時、彼女たちはこの猫に

「りんた」

と名付けました。

 

仕事が終わって、グループラインに集まり、毎晩3人で色々と考えたが、これと言っていい案が出ません。

 

そんなある日「潰れそうな彼女を見てられない」と言って、手を差し伸べたのが、グループラインをしているうちの1人だった。

 

「うちで引き取るよ」

 

と言ってくれたのです。

 

彼女は戸惑った。

なんせ猫は、ダブルキャリアを背負った猫。

 

大切な友達にダブルキャリアの猫を託して、迷惑がかからないだろうか?

「引き取る」と言ってくれた彼女の家は、家猫が27匹いる大家族。ほかの猫に病気が移ったらどうしよう。

 

彼女は、嬉しい反面すごく悩んだ。

 

しかし、優しい友達の説得により、託すことを決意しました。

彼女は友達に、これ以上ないというぐらいに、感謝をしました。

 

ただ、託すには問題が1つあった。

 

それは、距離だ。

 

猫がいる彼女の家は神奈川県。

友達の女性の家は高知県。

 

距離にして約750km

 

「猫をストレスなく大移動をさせるには、どうするべきか」3人の女性は考えた。

 

車?

飛行機?

船?

 

獣医師さんの話によると、乗り物に猫を乗せる時点で、与えるストレスはどれも同じだそうです。

 

「それじゃあ、一番早く着いて、乗っている時間も短い飛行機にしよう」

ということになりました。

 

彼女は、どうしても外せない用事で、当日はお見送りには行けなかったそうですが、近くに住む信頼できる女性にお願いをして、お見送りをしていただいたそうです。

 

彼女は自分の想いを綴った手紙とお守りを、りんたと一緒に高知の空へ飛ばしました。

 

 

羽田空港:4月4日11時20分発

高知龍馬空港:4月4日12時50分着

 

飛行時にりんたが怖がらないようにと、彼女は花柄のシーツでキャリーを包んであげました。

彼女の代わりにりんたを守った花柄のシーツは、新しい家でもりんたを守るように、ケージを包んでいるそうです。

 

 

 

さいごに

このように、野良猫が家猫になるのは、ほんの一握りです。

野良猫を見て「汚い」「向こうへ行け」といって猫を嫌う方も、たくさんいるはずです。

嫌いなら嫌いでいいと思います。

ただ、嫌いだからと言って殺してしまったり、殺処分の対象となる保健所に持っていくのは、違う気がします。

 

懸命に生きている限り、人間も猫も命の価値は、同じではないでしょうか。

法律上、猫は物として扱われていますが、小さな命に寄り添ってあげれるのは、人間だけだと思います。

 

この女性ように、野良猫を保護して病院に連れて行き、大切に扱ってほしいとは言いません。

ただ、今もどこかで救いの手を待っている野良猫がいるかもしれません。

この猫は、たまたま運が良かっただけかもしれませんが、ケガをしたダブルキャリアの猫でも、人間が差し伸べた救いの手で、幸せを掴む事ができるのです。

ほんの少しでいいので、外で生きている猫たちを、温かく見守ってあげて下さい。

 

この傷ついたダブルキャリアの猫が、なぜ急に女性の前に姿を現したのかは分かりませんが、この人なら「助けてくれる」と思ったのでしょう。

 

この猫が、あと何年生きられるかは分かりませんが、たくさんの人で繋いだ命です。

高知県の優しい女性の愛情なら、残りの猫生はのんびりと幸せに暮らせるはずだ。

 

この猫の幸せに携わってくれた3人の女性、動物病院の方々、お見送りをしてくれた方、その他たくさんの方々

 

ありがとうございました

 

おしまい

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク
SNSフォローボタン
りんさくをフォローする
りんさくBOOKS

コメント

タイトルとURLをコピーしました