猫にお餅を食べさせても大丈夫なの⁉ 与える時に気を付けたい事とは

 

こんにちは、りんさく(@sakurarin72)です。

 

突然ですが、お正月の食べ物と言えば「お雑煮」「焼き餅」「ぜんざい」…

お餅を使った食べ物を思い浮かべませんか?

お正月に限らず「あんこ餅」「大福」「みたらし団子」など、お餅を使った食べ物はたくさんあります。

 

先日、知り合いからみたらし団子をもらったので食べていると、いつものように匂いに誘われて奴らが…

「何を1人で食べているんだニャー」

と寄ってきました。

 

「クンクン...なんだ、この食べ物は?

ひとくちおくれ!」

という顔をして、ジッとこちらを見て座っていましたが、あげようともしない僕に愛想が尽きたのか、しばらくすると退散していきました(笑)

 

日本人なら、誰もが一度は口にしたことがあるお餅。

これからの時期、食べる機会が増えると思います。

 

今回は「猫がお餅を食べても大丈夫?」というお話です。

 

スポンサーリンク

猫がお餅を食べても大丈夫⁉

お餅の原材料はもち米です。

もち米は、猫の体に有害な成分は含まれていません。

そのため、猫がお餅を食べて中毒症状を引き起こす可能性は、ゼロに近いと言えます。

 

ちなみに、きな粉餅の「きな粉」、あんこ餅の「あんこ」も少量なら、猫が食べても問題はありません。

ただ「きな粉」も「あんこ」も、大量の砂糖を使用している事が多いため、与え過ぎると糖尿病などになるリスクが高まります。

 

あと、団子や大福も原材料はもち米なので、猫が食べても問題はありませんが、きな粉餅やあんこ餅同様に、砂糖を大量に使用をしている事が多いです。

もし、与えるのであれば、病気になるリスクを考えて、少量だけにしましょう。

与え過ぎには、十分に注意して下さいね。

 

 

愛猫のご飯時にストレスを与えていませんか?という事が書いてあります。興味がありましたら読んでみて下さい。

スポンサーリンク

与える時に気を付けたい事とは

「それじゃあ、猫が中毒になる事がないのなら、食べさせても大丈夫だね」

と、思ってしまいそうですが、そんなことはありません。

たしかに、お餅自体には問題はありませんが、食べるにあたり注意をしなければならない事がいくつかあります。

 

喉に詰まらせる

毎年お正月になると、お年寄りや小さな子供さんが、お餅を喉に詰まらせる事故をよく耳にします。

それは人間だけでなく、猫や犬もニュースにならないだけで、多々あるのです。

 

お餅といえば「ネバネバ」「モチモチ」とした食感が特徴ですね。

あの「ネバネバ、モチモチ」とした食感が、たまらなく好きという方も多いと思いますが、あの食感が嚙みにくく、飲み込みにくい原因でもあります。

 

人間でも飲み込みにくいのに、食道の細い猫が上手に飲み込めるわけがありません。

食道だけでなく、消化器官のどこかに詰まらせる可能性も考えられます。

詰まってしまったお餅は、ネバネバしているために消化器官のどこかにくっついて、上手く吐き出せないことが多いそうです。

 

特に、嚙む力や飲み込む力が弱い、子猫と老猫は十分な注意が必要です。

もし愛猫にお餅を与えるなら、細かく切ってから与えて下さい。

 

スポンサーリンク

 

お餅を上手に消化できない

猫は肉食動物のため、餅やお米などに含まれている糖質を、消化する能力が低いのです。

そのため、下痢や嘔吐などの消化不良を起こす危険性があります。

 

猫の体に必要なのは、タンパク質です。

お餅を与えるより、肉などのタンパク質が豊富に含まれている食べ物の方が、猫は喜んでくれるはずです。

 

スポンサーリンク

 

アレルギーが出ることもある

お米は、アレルギー反応が起きにくいと言われています。

しかし、それは人間の話で、猫によってはアレルギー反応を起こす事もあるのです。

 

アレルギー反応が出た猫は、強い痒みを伴います。

搔きすぎてハゲてしまったり、傷口が化膿するほど搔いてしまったりすることもあるので、与えるなら最初に少し与えて、アレルギー反応が出ないかを確認しましょう。

 

スポンサーリンク

 

体にお餅がくっつく

餅と言えば「ネバネバ」「ネチャネチャ」しているのが特徴の一つです。

お餅を食べていて、口や歯や手にお餅がくっついてしまうことがありますね。

お餅の粘着力は意外に強く、くっつくとなかなか取れません。

 

それは猫も同じで、お餅を食べると口や歯にくっついたり、被毛についてしまう場合があります。

お餅が体のどこかにくっついてしまうと、猫はお餅を必死で取ろうとします。

そうすると、爪で口や体を引っかいて化膿してしまったり、被毛を舐めすぎて皮膚炎を起こす原因にもなりかねません。

最悪の場合は、飲み込む時にお餅が食道にくっついて、息ができない事もあるので、十分に注意してあげて下さい。

 

スポンサーリンク

さいごに

お餅は栄養素も高く「パワーフード」と言われて、僕たち人間の中では親しみのある食べ物です。

しかし、猫に食べさせるのはどうでしょうか?

 

お餅自体は、食べさせても猫の体に影響はないですが、それなりのリスクを伴います。

肉食動物の猫には、タンパク質の豊富な食べ物を食べさせてあげる方が、ベストではないでしょうか。

 

食べる事が大好きな愛猫に、安全で好きな食べ物を食べさせてあげて下さいね。

 

おしまい

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました