愛猫と一緒にお酒でかんぱ~い⁉もし猫がアルコールを舐めたら?

 

こんにちは、りんさく(@sakurarin72)です。

 

お正月だ!よ~し今日はとことん飲むぞ!

 

おめでたい時の必需品のお酒。

「いやいや、おめでたい時に限らず、いつも飲んでるよ」という方もたくさんいると思います。

 

「酒は百薬の長」ということわざがあります。

適量のお酒は、どんな素晴らしい薬より効果がある、と言われるぐらい体にいいものとされています。

しかし、飲み過ぎると体に負担がかかって、毒になるとも言われています。

 

お正月だからといって、飲み過ぎには注意して下さいね。

 

ところで、「好きな人とは自分が好きなものを共有したい」「一緒に何かをしたい」という気持ちってありますよね。

お正月ぐらいは、いや…お正月に限らず「好きなお酒で愛猫と一緒に乾杯をしたい」と考えたことはありませんか?

 

今回は、愛猫と一緒にお酒で乾杯ができるの?というお話です。

 

スポンサーリンク

猫にアルコールを飲ませてもいいの?

答えは、絶対にダメです。

 

たまにYouTubeとかSNSで、酔った猫といってアップしていますが、アルコールは猫の命にかかわる危険なものです。

人間は飲めなくても、一口ぐらいなら全然平気という方もいますが、猫は一口でも死に至る事があります。

 

アルコールが危険な理由

人間はアルコールを摂取すると、約20%が胃へ残り約80%は小腸へと吸収されて、肝臓でアルコール分解が始まります。

しかし、猫には人間のようなアルコール分解酵素がないために、有害な物質として体に残ってしまうのです。

アルコールが分解されずに体内に残ってしまうと、脳や心肺に影響を及ぼす恐れがあります。

人間は、アルコールを摂取して完全に抜けるまでに約10時間程かかると言われていますが、猫にはアルコールを分解する機能がないので、アルコール濃度が薄れるまでの間は、ずっと酩酊(めいてい)状態が続いてしまうのです。

 

酩酊(めいてい)状態が続くと?

酩酊状態とは、中枢神経に影響が及ぼすためになるものです。

ということは、ずっと二日酔い状態が続くということなのです。

二日酔いを経験された方ならわかると思いますが

「つらい!」

これしか出てこないですよね。

 

人間でもあれだけつらいのに、体の小さい猫ならもっとつらいはずです。

酩酊状態になると、高確率でアルコール中毒になる、最悪の場合は意識がなくなると言われています。

 

スポンサーリンク

 

猫は飲むとどうなる?

先ほども言いましたが、アルコールを摂取すると中枢神経に影響を及ぼします。

そのために

  • 嘔吐
  • 呼吸困難
  • 昏睡状態
  • 意識障害
  • 心肺停止

などの重度の中毒症状を引き起こす可能性が高いそうです。

 

致死量

体重1㎏あたり5.6mlのアルコールを摂取すると致命的と言われています。

  • ビール(アルコール度数5%)は110ml/kg
  • ワイン(アルコール度数10%)は50ml/kg
  • 日本酒(アルコール度数15%)は37ml/kg

が致死量です。

 

例えば、体重3kgの猫がアルコール度数10%のお酒を150ml飲むと、命にかかわる可能性があるということです。

 

しかし、これ以下なら大丈夫というわけではありません。

猫の個体差によっては、上記の値に達しなくても重篤な状態になる事があります。

 

少量でも猫にアルコールはNGです。

 

スポンサーリンク

猫がアルコールを舐めたら?

無理に吐かそうとせずに、すぐに動物病院に連れて行ってあげましょう。

「応急処置で猫の口に指を入れて吐かせる」ということをよく聞きますが、絶対にしないで下さい。

吐かせたものが喉に詰まって窒息死した、という話もよく聞きます。

もし猫がアルコールを舐めてしまったら、動物病院に連絡をして、獣医さんに指示をもらいましょう。

 

「猫にコーヒーは危険だよ」という事が書いてあります。興味がありましたら読んでみて下さい。

スポンサーリンク

お酒以外で危険なアルコールは

このコロナ禍の時代、消毒は当たり前になりましたね。

最近どこにでも置いてあったり、家でもよく使う事が増えたと思います。

 

「除菌スプレー」「除菌シート」「消毒液」など、アルコールが含まれている物は猫には危険です。

しかし、手をアルコールで消毒して、乾いた手で猫に触れる事は問題がありません。

直接猫に消毒液(アルコール)を振りかけたり、アルコール入りの除菌スプレーをすることは危険です。

それとアルコール入りの除菌シートで愛猫の体を拭いてあげることも危険です。

中毒症状を引き起こす可能性があるので、十分に注意して下さい。

 

スポンサーリンク

愛猫と乾杯したい時は

甘酒で乾杯というのは、いかがでしょうか。

古くから「飲む点滴」と言われている甘酒は、人間だけでなく猫にも栄養価の高い飲み物なのです。

ビタミン、食物繊維、アミノ酸など猫の体に必要な栄養素がたくさん含まれています。

 

ただし、甘酒なら何でもいいというわけではありません。

酒粕から作られている甘酒はアルコールを含むために猫にはNGです。

米麴から作られている甘酒は原料は米なので、猫に与えてもOKなのです。

与える量は、大さじ1杯を目安に与えましょう。

 

水分補給にも栄養補給にもなる「米麴甘酒」で、愛猫と乾杯なんていかがでしょうか。

 

犬猫用の無添加でノンアルコールの甘酒です。

さいごに

猫が酔っぱらった姿が「可愛い」とか「面白い」とか言ってSNSにアップしていますが、猫にアルコールは本当に危険です。

こぼれているお酒を「ペロッ」と舐めた、目を離したすきに舐めていた、という事のないようにしっかりと管理してあげて下さい。

 

お酒は楽しく飲むものです。

愛猫がお酒を飲んで一気に酔いがさめた!

楽しい時間が最悪な時間になってしまった、ということのないように気をつけましょう。

 

愛猫と一緒に、素晴らしい時間を共有して下さいね。

 

おしまい

 

三毛猫の可愛いとっくりとおちょこセットです。

 

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました