猫にも「食欲の秋」はあるのか?愛猫と一緒に食べる秋の食べ物とは

 

こんにちは、りんさく(@sakurarin72)です。

 

まだまだ暑い日が続きますが、体調は崩していませんか?

朝、晩は少し涼しくなった気がします。

 

暑い夏が終わると、次は過ごしやすい秋ですね。

 

秋は美味しい食べ物が色々あって、ついつい食べ過ぎて体重が気になる、という方も多いはずです。

日本人の好きな季節の2位が秋なのです。ちなみに、1位は春だそうです。

でも、30代以下になると秋が1位なのです。理由は、花粉症がないからだそうです。

 

「芸術の秋」「スポーツの秋」「食欲の秋」など「○○の秋」という言葉で季節を表現するのは、秋だけなのです。

その中でも生きていくうえで、絶対に欠かせないのが、食べることです。

 

今回は、猫も人間と同じように、食欲の秋があるのか、旬な秋の食材を猫が食べてもいいのか?というお話です。

 

スポンサーリンク

猫にも「食欲の秋」はあるのか?

そもそもなぜ「食欲の秋」と言われるようになったのか、ご存知でしょうか?

それは、僕たちが主食としているお米など多くの食材が、旬を迎える季節なので、それで食欲が増すために「食欲の秋」となったそうです。

 

それじゃあ、猫の食べ物には旬がないから「食欲の秋」はないのでは?

と思いがちですが、猫も季節によって食欲の変化があるのです。

 

人間は季節が変わる前に身支度をしますが、猫も同じように身支度をするのです。

猫は寒さが苦手な生き物なので、冬を乗り越えるために秋から用意を始めるのです。

1日の日照時間が短くなると、猫は寒い冬を越すために、被毛を長くしたり、フワフワ(密集)の毛に生え変えて、寒さ対策をするのです。

それと同時に、食事をたくさんとって、体脂肪を増加させるのです。

 

猫の食欲旺盛な時期は、晩秋から冬にかけてです。

猫は4ヶ月周期で、摂取カロリーが変動すると言われています。

  • 春・・・普通
  • 夏・・・食欲ない
  • 秋・・・少し多めに食べる
  • 冬・・・たくさん食べる

というサイクルになっているのです。

 

 

猫は1年で一番活発になる時期が、秋だと言われています。

そのため、体を動かしている時間が増えるので、お腹も減って食欲旺盛になるのです。

 

ですが、よく食べるからと言って、必要以上にごはんを与えたり、何でも与えていい、というわけではありません。

食べ過ぎによる肥満や糖尿病などの、病気になる可能性もあるので、十分に気をつけなければなりません。

 

飼い主さんが美味しいものを食べていると、愛猫が横に座って、欲しそうに見つめてくる時があると思います。

人間が食べているものは、猫に与えない方がいいのですが、隣で愛おしい愛猫に見つめられると「一緒に食べるか」という気持ちになってしまうと思います。

 

「与えてはいけない!」

わかっていてもなかなかねぇ・・・

 

そこで、秋の食べ物は何を与えていいのか、悪いのかを見ていきたいと思います。

 



愛猫と一緒に食べる秋の食べ物

秋は、色々な旬の食べ物がありますが、一番人気は「サンマ」なんですって、知ってましたか?

僕は、てっきり「栗」かと思っていました(笑)

 

人間は、秋の旬な食べ物を美味しくいただくことができますが、猫はどうでしょうか?

 

秋の味覚の代表的な「栗」は、猫に与えても大丈夫です。

ですが、甘栗はダメです。

 

栗には、ビタミンB1、ビタミンC、カリウム、アミノ酸などの様々な栄養素が含まれています。

どれも猫の体に必要な栄養素です。

 

与える時は、中身だけを水のみでよく煮たてて、柔らかくして少しだけ与えましょう。

決して味付けはしないようにして下さい。糖尿病や心臓病のリスクが高くなる可能性があります。

それと栗は、カロリーが高いので与えすぎると、肥満や尿路結石の原因になってしまいます。

与えすぎには十分に注意して下さい。

 

サンマ

秋の味覚の代表的な「サンマ」も猫に与えても大丈夫です。

ちなみに、サンマの横についている大根おろしも、猫が食べても大丈夫です。

 

サンマには、血液をサラサラにしてくれる栄養素が含まれています。

それと同時に悪玉コレステロールを減らす栄養素も含まれているので、猫の体にとってはすごく良いのですが、与え過ぎは危険です。

 

青魚を食べ過ぎると、ビタミンEが不足して脂肪が炎症を起こす、黄色脂肪症(イエローファット)という病気になる可能性があります。

与え過ぎには十分に注意して下さい。

 

与える時は、味付けはしないで、火を通してから与えましょう。味付けをすると腎臓への負担がかかり、腎臓病へのリスクが高まります。

それと、サンマには柔らかい細かい骨がたくさんあるので、喉に刺さる危険があります。骨を取り除くか細かく刻んであげて下さい。

 


きのこ

猫が、秋の人気食材のきのこを食べている姿って、あまり見たことがないと思いますが、猫はきのこを食べても大丈夫なのです。

ですが、猫にはきのこを消化させる機能が備わっていないので、キノコの栄養をあまり取り入れられないまま、便として出てしまうそうなのです。

自分が美味しいからと言って、無理に食べさせる必要はないかと思います。

 

愛猫がどうしても欲しがるようなら、水で柔らかくなるまで茹でて、細かく切って与えてあげましょう。

先程も言いましたが、猫にはきのこを消化する機能が備わっていないので、生で与えたり、味付けをして与える事は、しないようにして下さい。

 

それと、日本には4000種類以上のきのこが存在すると言われています。

その中には、毒を持っているきのこも多数存在します。きのこなら全て猫には大丈夫、というわけではありません。

スーパーに売っているきのこ以外(山や道に生えているきのこ)は、与えない方がいいと思います。

 

さつまいも

秋はやっはり焼きいもですよね。

ホクホクの焼きいもを、食べている時の幸せ感はたまらないです。

そんな焼きいも(さつまいも)は猫も大丈夫なのです。

 

さつまいもには、食物繊維、ビタミン(A、E、B1、B2、B6、C)、ミネラル、カリウムなどの猫に必要な栄養素がたくさん含まれています。

キャットフードにも、さつまいもを使用している商品があるので、無理に与えて栄養を取らせる必要は、ないと思います。

 

もし与えるのなら、水で柔らかくなるまで茹でるか、もしくは蒸してから、細かく刻んで与えるようにしましょう。

その時さつまいもの皮は、つけたまま茹でてあげると、いいかもしれません。

さつまいもの皮には、抗がん作用があるからです。

これも味付けはしないようにして下さい。

 

さつまいもには、ミネラルが含まれているので、与え過ぎると嘔吐、下痢、高カリウム血症などの病気の原因になる危険性があるので、注意してあげて下さい。

 

秋の果物と言えば、柿ですよね。

柿を食べると「秋だなぁ」とつくづく実感するのは、僕だけでしょうか。

そんな柿ですが、これも猫に与えても大丈夫です。

 

そもそも肉食の猫に、果物の栄養素って必要なのでしょうか?

僕は、キャットフードだけで十分に栄養を取ることができるので、与える必要はないと思うのですが・・・

 

柿には、ビタミンC、βカロチン、食物繊維などが豊富に含まれているので、免疫力アップや動脈硬化などを防いでくれる、抗酸化作用があります。

与える時は、皮をむいて実だけを少量だけにして下さい。ペースト状にしてあげると食べやすいですね。

食物繊維が豊富に含まれているので、過剰摂取は下痢や嘔吐の危険があります。

 

それと、柿なら何でもいいというわけではありません。渋柿と干し柿は与えないで下さい。

渋柿には「タンニン」、干し柿には「カリウム」が含まれています。

下痢や嘔吐、肝臓や腎臓障害の危険があるので、絶対に与えないで下さい。

 

ちなみに「海の牡蠣」も、猫には絶対に与えないで下さい。

食中毒になる危険性が高いです。

 

秋の味覚ベスト5をご紹介しましたが、どれを与えても大丈夫ですが、与え過ぎには十分に注意して下さい。

 


その他

<与えても大丈夫なもの>

  • ニンジン
  • じゃがいも
  • 山芋
  • ごぼう
  • カボチャ
  • なす
  • 白菜
  • 白米

 

<危険なもの>

  • 玉ねぎ
  • 銀杏
  • パパイヤ
  • イチジク
  • ぶどう
  • アボカド

 

夏の食べ物で、与えて良いもの悪いものが書いてあります。興味がありましたら読んでみて下さい。

 

さいごに

人間が食べているものは、猫に与えない方がいいとは思うのですが、可愛い愛猫に見つめられると、与えてしまう時もあるかと思います。

適度な量と与え方を間違わなければ、全然問題はないと思うのですが、今のキャットフードはどれも栄養バランスに優れているので、それだけで十分だと思います。

 

愛猫のために、美味しいものを食べさせてあげたい気持ちもわかりますが、与え過ぎには十分注意して下さい。

 

愛猫の健康管理は、飼い主さんの務めです。

お互いに、いつまでも健康で一緒に居たいものですね。

 

おしまい

 

猫の事を考えた猫砂です。針葉樹のチカラで脱臭・抗菌。

ニオイや菌の発生を抑える効果を持つ成分(総称:フィトンチッド)を含む、針葉樹の木材が主原料。粉が舞いにくく、愛猫にもやさしい素材です。香料・抗菌剤不使用ですが、撥水剤と脱臭剤は使用されています。

トイレには流せませんが、燃えるゴミとして処理ができます。

 

 

猫が大好きなハンモック。日向ぼっこやストレス解消に最適です。

 

 

人間も猫も水素水できれいになろうね。人気の高い猫用の水素水です。

 

 

冷却ベットです。猫の形をしていてデザインも可愛いですね。

 

 

猫を飼っている方なら、いくつか共感できる部分があると思います。人間は猫に育てられているのかもって、思える本です。

 

 

ベストセラーになった猫壱さんの玩具です。ストレス解消には、体を動かすのが一番!どんな猫でも夢中になること間違いなしですので、思う存分遊ばせてあげましょう。

 

 

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

 

 

ポチっとしていただけると幸いです

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村

猫との暮らしランキング

 

 



 



 



 


 

 

 

猫との暮らし
スポンサーリンク
SNSフォローボタン
りんさくをフォローする
りんさくBOOKS

コメント

タイトルとURLをコピーしました