ちょっと待って!それ与えても大丈夫?愛猫と一緒に食べる夏の食べ物

ネコ

 

こんにちは、りんさく(@sakurarin72)です。

 

さて質問です。

夏の食べ物と言えば?

 

アイスクリーム、スイカ、ビール、そうめんなど、どれも夏を感じさせてくれる、涼しげなものばかりです。

(僕の好きなものばかりですいません笑)

僕が食べていると、必ずと言っていいほど、ヤツが寄ってきます。

 

それは、愛猫のリンです。

「僕にもたべさせてよ」と言わんばかりに、こちらをじっと見ています。

猫を飼っている方なら、一度は自分が食べているものを、愛猫に与えた事があると思います。

 

その食べ物は猫にあげても大丈夫?

 

人間には大丈夫でも、猫には危険な食べ物がたくさんあります。

これからの季節「夏」の食べ物で、猫に与えても大丈夫なもの、ダメなものを紹介します。

 

スポンサーリンク

愛猫と一緒に食べる夏の食べ物

実は、猫ってすごくグルメなんですよ。新鮮で、人肌程度の温かい食べ物が大好きなのです。

さっきごはんあげたのに、人が食べていると欲しそうな顔をして寄ってきますよね。

人間が食べている物は美味しそうに見えるのでしょうか。

基本、猫には人間が食べている物は、与えない方がいいですが、目の前で「ニャー」と鳴かれたら、与えてしまいますよね。

 

猫って、あげてもあげてもごはんを食べませんか?

あれは野生時代の名残で、1日に何回も獲物を捕らえては、食べていたからだと言われています。

猫はお腹いっぱいになるまで食べないので、何回もごはんを食べるのです。

ごはんに満足した時の合図は、顔を洗って寝るのです。

なぜ顔を洗うかと言いますと、顔に食べ物の匂いを残さないためなのです。

食べ物の匂いが残っていると、獲物に気づかれてしまうためなのです。これも野生時代の名残を受け継いでいるのです。

すいません、話が脱線してしまいました…。

 

「ニャー」と鳴かれても、あげないのが一番なんですが、可愛さのあまりに与えてしまったり、目を離した隙に食べていた、という時があると思いますが、基本は人間の食べ物は与えない方がいいです。

 

 

 

夏の飲み物

夏の飲み物と言えば、ビール、麦茶、スポーツドリンクなどですね。

はたして、猫に与えても大丈夫でしょうか?

 

・ビール

猫にビールは、絶対にダメです。猫だけじゃなくて、犬にもダメです。

ビールというよりも、アルコールがダメなのです。アルコールを「1㎏あたり5.6ml」飲ませるだけで、致命的なのです。

ビール(アルコール度数5%)は、体重1㎏あたり約100ml飲ませると呼吸困難となり、死に至る事となります。

少しだけと言って飲ませたり、舐めさせたりしないで下さい。

 



・麦茶

暑い夏に冷えた麦茶は最高ですよね。

そんな麦茶は、猫が飲んでも大丈夫なのです。

麦茶の成分には、マグネシウムとカルシウムが含まれているので、尿結石になるのでは?と思ってしまいますよね。

でも大丈夫!

小さな体の猫でも、害のない量ぐらいしか入っていないのです。

 

猫によっては、麦茶が大好きな子もいます。それは、猫の好きな「猫草」が関係しているのです。

猫草と麦は、同じイネ科の植物なので、匂いが似ていると言われています。。

だから、猫は好んで麦茶を飲んでしまうのです。

ただ、麦茶は大丈夫と言いましたが、毎日は与えないで下さい。マグネシウムとカルシウムの過剰摂取になってしまいます。

それとカフェイン入りはダメです。猫にとってカフェインは体調不良になる原因となります。

烏龍茶、ほうじ茶、緑茶はカフェインが含まれているので、与えないで下さい。

 

・スポーツドリンク

スポーツドリンクと言えば、「飲む点滴」と言われるポカリスエットですね。

飲む点滴と言われるぐらいなので、猫が飲んでも大丈夫なのです。

猫が、脱水症状や熱中症や低血糖症にかかったら「ポカリスエットで対応をするように」と言われるぐらい、猫にとってもサポートドリンクなのです。

飲ませる場合は、2~3倍程常温の水で薄めて与えて下さい。

いくら飲む点滴と言っても、猫に毎日与えるのは、リスクが高すぎます。サポート程度に少量だけ与える程度にしてあげてましょう。

もし、夜に愛猫が熱中症などで体調不良になった場合は、動物病院が始まるまでポカリスエットを飲ませて、水分補給をしてあげるといいと思います。

ただし、腎不全で脱水症状になった場合(腎不全の猫は脱水症状になりやすい)は、ポカリスエットでの水分補給は、症状が悪化する場合があります。その時は常温の水を与えてあげましょう。

 

人間用でも害がないとはいえ、猫にとっては濃度が高い感じがします。安心して与えられるのが、ペット用のスポーツドリンク「ペットスエット」です。

 

・アイスコーヒー

先ほど、麦茶のところで言いましたが、猫にカフェインは絶対にダメです。

体重1㎏あたり150㎎のカフェインを摂取すると死に至ると言われています。

アイスコーヒーに限らず、カフェインが入った飲み物は、少量でも与えてはいけません。

 

詳しく知りたい方は、こちらを参考にして下さい。

 

夏の食べ物

暑くてあまり食欲がなくても、冷たいものなら食べれることができたりしますよね。

そんな食べ物は、猫にとってどうでしょうか。

 

・そうめん

夏には欠かせない食べ物の一つです。

よくYouTubeで、そうめんを食べている動画を目にしますが、猫にそうめんは大丈夫なのでしょうか。

 

実は、大丈夫なのです。

 

そうめんは、猫の体に害を与える成分が入っていないので、食べても大丈夫なのです。

かと言って、猫の体に良い成分が入っているかというと、入っていません。

もし食べられても、あまり気にすることはありません。

わざに与える場合は、必ず茹でた麵を水で洗い流してから、細かく切って少しだけ与えて下さい。

乾麵のままだと塩分が残っています。塩分の取り過ぎは、結石の原因にもなりかねないので、必ず水でよく洗ってから与えてあげましょう。

 




・アイスクリーム

これは夏に限らず、好きな方は1年中食べると思いますが、特に夏のアイスは格別ですよね。

そんな美味しいアイスクリームは、猫にとって有害なのです。

アイスの中には、猫にとって有害なチョコレート、抹茶、ナッツ類、乳製品などが使われています。

下痢や嘔吐、最悪の場合は死に至ることもあるので、アイスクリームを食べさせるのは絶対にダメです。

それと、人間でも冷たいものを食べると、キーンと頭が痛くなることがあると思います。この現象を「ブレインフリーズ」と言って、猫も同じ現象になるのです。

ちなみに、日本の医学名称は「アイスクリーム頭痛」と言うのです。

猫が「ブレインフリーズ」になると、動きが止まって、白目をむいたり、目を細めて口が開いたままになっています。

猫も「頭がキーンとなったよ」と言っているのです。

よくYouTubeで、アイスを食べてキーンとなる猫と言って動画をあげていますが、猫にとっては痛みを伴う危険な状態です。

 

猫にアイスクリームは食べさせないで下さい。

 

・スイカ

夏と言えばやっぱりスイカですね。

スイカを食べると、夏が来たという感じがしませんか?

そんなスイカですが、猫にとっては害になる成分は入っておらず、逆にすごくいいのです。

猫には甘みを感じる機能がないので、「あっ!このスイカ甘くて美味しい」という感覚がないのです。

じゃあなぜ猫はスイカを食べるのか言いますと、それはただの水分補給の為か、それとも食感が好きなだけなのかもしれません。

人間はスイカを食べると、抗酸化作用(病気の元となる活性酸素を抑える)、利尿作用、熱中症予防などの効果があります。

この効果が、そのまま猫にも適用できるので、猫にとっても体に良いのですが、与え過ぎは下痢の原因になってしまいます。

あと、高齢猫や腎臓が悪い猫にも、与えてはいけません。スイカに含まれているカリウムが、心臓に負担をかける場合があります。

 


 

・トマト

夏野菜の人気ランキング1位のトマトは、水分補給や豊富な栄養分を含んだ食べ物として、夏には良い食べ物とされています。

トマトに含まれる「リコピン」は、肝臓疾患、ガン予防、ダイエット効果に良いのです。

猫にとっても、人間同様の効果が得られると言われているので、少量なら果実部分は、食べても大丈夫ですが、葉っぱ、花、茎には「トマチン」と言う、猫にとって有毒な成分が含まれています。

果実を舐める程度なら、問題はありませんが、葉っぱ、花、茎は絶対に与えない(舐めさせない)で下さい。

 

もしトマトを与えるなら、熟した真っ赤なトマトに、火を通してから与えてあげて下さい。

決して未熟なトマト、葉っぱ、花、茎は与えないで下さい。

 

・ナス

夏野菜人気ランキング2位はナスです。

人間にとっては、人気な夏野菜ですが、猫にとっては危険な食べ物なのです。

ナスには、「アルカロイド」と言う、猫にとって有害な成分が含まれています。

下痢や嘔吐、ひどい時には昏睡状態となり、死に至る事もあるのです。

アルカロイドは、トマトの葉っぱや茎や熟していない実にも含まれています。

 

猫にナスを与えないで下さい。舐めさせるのもダメです。

 

 

まとめ

夏の食べ物、飲み物を色々とあげましたので、ちょっと整理してみます。

 

猫が食べても大丈夫な物

  • 麦茶
  • スポーツドリンク
  • そうめん
  • スイカ
  • トマト

 

猫が食べると危険な物

  • ビール
  • アイスコーヒー
  • アイスクリーム
  • ナス

 

猫にも暑い夏には、エアコンって必要?という事が書いてあります。興味がありましたら読んでみて下さい。

 

さいごに

人間には大丈夫でも、猫にとっては危険な食べ物がたくさんあります。

食べたそうだから、可哀想だからといって、むやみに与えるのは、危険すぎます。

「食べたらダメ!」と怒る事も大切です。

 

愛猫の健康のためにも、猫用の食べ物をあげるのが一番です。

いつまでも元気でいてもらいましょうね。

 

 

おしまい

 

熱中症対策として、冷却マットで体を冷やしてあげましょう。これがあるのとないのでは大違いです。愛猫の為に用意しておいてあげましょうね。


 

冷却ベットです。猫の形をしていてデザインも可愛いですね。

 

 

携帯用の扇風機です。コンパクトで邪魔にならないので、外出時にいかがですか?猫耳もついて可愛くないですか。

 


猫を飼っている方なら、いくつか共感できる部分があると思います。人間は猫に育てられているのかもって、思える本です。

 

 

暑い時には、水分補給は十分にしましょうね。外見だけでなく、蓋を開けると肉球型の氷止めが可愛い水筒です。

 

 

ベストセラーになった猫壱さんの玩具です。ストレス解消には、体を動かすのが一番!どんな猫でも夢中になること間違いなしですので、思う存分遊ばせてあげましょう。

 

 

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

 

 

ポチっとしていただけると幸いです

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村

猫との暮らしランキング

 



 



 



 


 

 

ネコ
スポンサーリンク
SNSフォローボタン
りんさくをフォローする
りんさくBOOKS

コメント

タイトルとURLをコピーしました