愛猫と年越しそばで新年を迎えよう。 猫はそばを食べても大丈夫?

 

こんにちは、りんさく(@sakurarin72)です。

 

あと少しで、今年も終わりですね。

 

大晦日の夜は、こたつに入ってテレビを見ながら、年越しそばを食べる方も多いのではないでしょうか。

「健康長寿」「家運長命」「金運アップ」などの縁起を担ぐという意味で、江戸時代から年越しそばを食べる風習が、定着したと言われています。

しかし地域によっては、そばではなくうどん食べるご家庭も少なくはないようです。

そばは栄養素も高く、手軽に食べれるために、昔からたくさんの人に好かれていた食べ物だと言われています。

 

そんな縁起を担ぐそばを、「ペットと一緒に食べて新年を迎えたい」と、考える飼い主さんが多いそうです。

しかし、いくら栄養素が高いとは言え、猫にはどうなのでしょうか?

 

今回は、猫がそばを食べても大丈夫か?というお話です。

 

スポンサーリンク

猫はそばを食べても大丈夫?

「1年を締めくくる食べ物を、愛猫と一緒に食べたい」という飼い主さんも、少なくはないはずです。

1年間を共に過ごしてきたので、当然のことでしょう。

今年を締めくくる食べ物と言えば、「年越しそば」ですよね。

 

そばは、栄養素が豊富な食べ物なので、

与え過ぎなければ、猫がそばを食べても大丈夫!

 

しかし、気を付けなければいけないのが、そばアレルギーです。

 

スポンサーリンク

猫にそばを与える時の注意点

そばアレルギーは、人間にとって代表的な食物アレルギーの1つですが、猫にも発症する可能性があります。

 

猫のそばアレルギーは、少量でも発症をする事があり、重症化もしやすいと言われているため、十分に注意をしなければいけません。

主な症状は

  • 痒み
  • 喘息
  • くしゃみ
  • じんましん
  • 嘔吐
  • 下痢

などですが、重症化するとアナフィラキシーショック」を引き起こす事もあるほどの、危険な食物アレルギーです。

 

アナフィラキシーとは、複数の臓器や全身にアレルギー症状が出て、命にかかわるほど過敏に反応するを事です。

症状は

  • 血液低下
  • 呼吸困難
  • 不整脈
  • 失神
  • 意識障害

などがあります。

これらを伴って重症化する事をアナフィラキシーショック」と言います。

 

与える時は必ず少量で、様子を見るようにしましょう。

しかし、すぐにアレルギー反応がでない猫もいます。

1週間後や10日後、遅い時には1ヵ月後に出る猫もいるそうなので、事前にアレルギー検査をしておくと、いいかもしれません。

 

それと、そばにはたくさんの塩分が含まれています。

猫にそばを与え過ぎると、塩分の過剰摂取により体調不良になる可能性があるため、十分に注意して下さい。

 

あと、そばには小麦が含まれている時があります。

小麦アレルギーも猫は発症をするので、それにも十分な注意が必要です。

 

スポンサーリンク

そばに含まれる栄養素

そばは、高たんぱく低カロリーなため、ダイエット食品として多く取り入れられています。

それと、猫の体に必要な栄養素が、たくさん含まれています。

 

  • ビタミンB1

脳や神経を正常に機能させる効果、疲労回復。

 

  • ビタミンB2

粘膜や皮膚を健康に保ったり、被毛を綺麗にする効果、栄養の代謝を助ける効果。

 

  • ルチン

活性酸素の働きを抑える効果、血液をサラサラにする効果。

 

  • 食物繊維

腸内環境を整える効果、高血圧予防をする効果。

 

スポンサーリンク

そばの与え方

栄養素が豊富なそばですが、与え過ぎはいけません。

そばには、食物繊維が含まれているため、過剰に摂取をしてしまうと、下痢になってしまう可能性があります。

 

子猫(12ヵ月未満)は、消化器官が完全に発達していないため、与えない方が無難です。

もし、そばアレルギーを持っている子猫なら、命にかかわる危険性があるため、十分に注意して下さい。

 

成猫(12ヵ月以上)は体重にもよりますが、5g~7g程度を与えてあげて下さい。

しかし、アレルギーを持っているかもしれないので、少しだけ与えて様子を見るようにしましょう。

 

それと、塩分を取り過ぎてしまうため、味付けはしないで下さい。

あと、人間が食べているそばは、与えないで下さい。

人間用のそばには、猫に危険なネギなどの薬味や香辛料などが入っています。

 

猫の楽しい食事の時間にストレスを与えていませんか?という事が書いてあります。興味がありましたら読んでみて下さい。

スポンサーリンク

そば以外に

そばが苦手な方は、年越しうどんや年越しパスタなどにする方もいると思います。

うどんもパスタも猫にとっては大丈夫なのですが、うどんには小麦、パスタには卵と小麦が含まれています。

 

小麦も卵も、猫がアレルギーを発症する可能性がある食物なので、与える時は十分に注意して下さい。

与える時は、そば同様に味付けや人間が食べているものを与えるのはNGです。

 

スポンサーリンク

さいごに

1年の最後の夜は、年越しそばを食べながら、愛猫とのんびり過ごしたいですよね。

そばアレルギーを持っていない猫なら、栄養も豊富なので少しぐらい与えても問題はありません。

 

もし、愛猫と一緒に年越しそばを食べるのであれば、そばアレルギーには十分に注意して下さい。

病気で、新年を迎える事のないようにしましょうね。

 

愛猫と1年を振り返りながら、良いお年をお迎え下さいね。

 

おしまい

 

 

寒い冬の必需品、ペット用のこたつです。安全性に優ているので安心して使用できます。

 

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました