賞味期限切れのキャットフードって与えても大丈夫?愛猫への影響は

 

こんにちは、りんさく(@sakurarin72)です。

 

「今日はキャットフードが大安売りだ!買い溜めしよう」

たくさん買った愛猫のごはんを、戸棚にしまい忘れていて「賞味期限が切れていた」という事はないですか?

僕はこの前「何で、こんなとこにあるの?」というところから、賞味期限が半年程過ぎたウェットフードが出てきました。

 

もし、賞味期限切れのキャットフードを見つけたら、捨てますか?それとも大丈夫だろうと思って与えますか?

 

食べられないことはないのですが、もし与えるのであれば、注意してあげてほしいです。

基本は、食べさせないに越したことがないので、賞味期限切れのキャットフードは破棄をするのが、愛猫の健康のためにはベストだと思います。

「まあいいか」が、愛猫の健康に悪影響を及ぼす可能性があるので、十分に注意してあげて下さい。

 

食べさせると、「どんな危険があるのか」「なぜダメなのか」をお話したいと思います。

 

スポンサーリンク

賞味期限切れのキャットフードって与えても大丈夫?

誰でもついうっかりしていて、賞味期限を切らしてしまう事はあると思います。

 

ところで、賞味期限と消費期限の違いはご存知でしょうか。

  • 賞味期限・・美味しく食べられる期限の事
  • 消費期限・・安全に食べられる事を保証する期限の事

こうやって見ると、消費期限が過ぎているものは、絶対に与えてはダメという事がわかると思いますが、賞味期限なら味が落ちるだけで、与えても大丈夫なのでは?と思ってしまいますよね。

人間ならその考えで大丈夫かもしれませんが、体の小さい猫にとっては、悪影響を及ぼす可能性があります。

 

なぜ危険か

人間も新鮮な食べ物の方が、美味しく感じるように、猫だって新鮮な食べ物の方が、いいに決まっています。

猫はあぁ見えて、かなりのグルメ家なので、味や匂いにはすごく敏感です。

猫にしてみれば、賞味期限が過ぎて、品質が落ちているキャットフードは、美味しい食べ物と思えないのです。

猫は、一度気に入らないと思った食べ物は、二度と口にしないという性質を持っているので、次回同じものを与えても、食べない可能性があります。

 

それと、賞味期限が過ぎているということは、品質が劣化しています。

ということは、「栄養面や安全面も劣化している」ということなので、与えない方が無難なのです。

 

特に、安いキャットフードは、品質を長持ちさせるために、いくつかの添加物(保存料、着色剤、保湿剤など)が含まれています。

いくら「ペットフード安全法」で、猫の健康に影響のない添加物量が定められているとは言え、劣化が進めば安全と言えなくなってしまいます。

 

その点、高価なキャットフードは、無添加物がないので安全なのですが、少し値段が高いのと賞味期限が短いのが難点ですね。

ただ、賞味期限が過ぎているから、絶対にダメということはありませんが、どのフード会社も「賞味期限の過ぎたキャットフードは、与えないで下さい」と言っています。

 

愛猫の健康にも大きく影響するので、与えない方が無難なのではないでしょうか。

 

 

 

愛猫への影響は

ダメと分かっていても、与えてしまう状況だったり、知らないうちに与えてしまっていた、という時があるかもしれません。

もし愛猫が、賞味期限切れのキャットフードを食べたら、どうなるのでしょうか。

 

栄養が吸収できない

体の小さい猫は、人間のように腸が長くないので、栄養を上手に吸収する事が苦手なのです。

上手く吸収できないにも関わらず、賞味期限の切れた栄養分の少ないキャットフードを食べていたら、健康でいられるための栄養分が摂取できないのです。

体調不良の原因になる可能性が、高くなってしまうのです。

 

カビや腐敗の恐れがある

湿気が多い場所で保管していると、カビが発生している可能性があります。

カビが生えていたら、見た目で分かると思いますが、腐敗をしている時は、見た目で分からない時があります。

人間も、カビや腐敗しているものを体に取り入れると、下痢や嘔吐やめまいなどの悪影響を及ぼすように、猫も同じ症状が出て、体に悪影響を及ぼします。

猫の場合は体が小さいので、最悪の場合は死に至る事がありますので、十分注意して下さい。

 



ごはんを食べなくなる

今まで普通に食べていたのに「急に食べなくなる」という事が出てくる可能性があります。

前頭でも言いましたが、猫は気に入らない食べ物は、二度と口にすることはありません。

猫はまず匂いを嗅いで、美味しいか不味いか食べても大丈夫か危険かを判断します。

賞味期限が切れて、嫌な匂いやあまり匂いがしなくなったキャットフードは、美味しいものと判断しないのです。

 

そうなると、同じキャットフードでも、見た目が同じなら食べなくなるのです。それと「この器に入っているごはんは美味しくない」と思い、いつもごはんを食べている器では、食べなくなる可能性があります。

 

病気の危険性がある

下痢や嘔吐だけで済むのならいいのですが(本当は良くないですよ)、命にかかわったり、重大な病気になる可能性だってあるのです。

日本のキャットフードは、法律が完全に整っていないため、製造する基準が甘いのです。

ペットフード安全法が定められているとはいえ、猫の体に悪い成分も、多少なりとも含まれています。

キャットフードが劣化することで、その成分が悪化しないとも限りません。それを体に取り込んでしまうと、重大な病気になる恐れがあります。

 

もし与えるのであれば、それなりのリスクを伴うことを、覚えておいて下さい。

 

 

「キャットフードで栄養を取るのも大切ですが、水分補給も大切なことだよ」という事が書いてあります。興味がありましたら読んでみて下さい。

 

目安の賞味期限

基本は、パッケージの裏に記載されていますので、確認してから購入しましょう。

開封前と開封後では、賞味期限が異なりますので、その点も注意が必要かと思います。

 

開封前

  • ドライフード:1年~1年半
  • ウェットフード:2~3年

ウェットフードの方が短いように思えますが、ほとんどが缶詰やアルミパウチといった、密閉されている容器に入っているので、空気に触れることがないのです。

そのため劣化はしにくいのですが、一度口を開けてしまうと、見る見るうちに劣化してしまうので注意して下さい。

 

開封後

  • ドライフード:1ヵ月
  • ウェットフード:1日

開封後は酸化する恐れがあります。そのため開封後は、高温多湿の場所や直射日光が当たる所には、絶対に保管しないで下さい。

あと、空気に触れさせないように、開け口はしっかりと止めてください。

密封ができる容器に移し替えるか、フードストッカーなどで開け口を密封して下さい。

 

ウェットフードの場合は、水分が多く雑菌が繫殖しやすいので、必ず違う容器に入れ替えて、冷蔵庫で保管するようにして下さい。

開封後の賞味期限は1日ですが、なるべく開封したその日に食べさせるのが、いいかと思います。

 

 

無添加のキャットフードです。愛猫の体の事を考えると、無添加の方がいいと思います。

賞味期限は長くはありませんけど…

 

子猫用の無添加のキャットフードです。

 

無添加のウェットフードです。

 

さいごに

誰だって新鮮な美味しいものを食べたいです。それは猫だって同じなのです。

確かに、少しぐらい賞味期限が過ぎているものを、捨てるのはもったいない気もしますが、愛猫の健康の事を考えると、食べさせない方がいいと思います。

 

愛猫に、新鮮で美味しいものを食べさせてあげることは、飼い主さんの愛猫への愛情だと思います。

こまめに賞味期限をチェックするのは面倒ですが、愛猫の健康のためだと思って、気にしてあげて下さい。

 

少しの気遣いで、愛猫は元気で居てくれるはずです。

 

おしまい

 

熱中症対策として、冷却マットで体を冷やしてあげましょう。これがあるのとないのでは大違いです。愛猫の為に用意しておいてあげましょうね。


 

冷却ベットです。猫の形をしていてデザインも可愛いですね。

 

 

携帯用の扇風機です。コンパクトで邪魔にならないので、外出時にいかがですか?猫耳もついて可愛くないですか。

 

 

猫を飼っている方なら、いくつか共感できる部分があると思います。人間は猫に育てられているのかもって、思える本です。

 

 

暑い時には、水分補給は十分にしましょうね。外見だけでなく、蓋を開けると肉球型の氷止めが可愛い水筒です。

 

 

ベストセラーになった猫壱さんの玩具です。ストレス解消には、体を動かすのが一番!どんな猫でも夢中になること間違いなしですので、思う存分遊ばせてあげましょう。

 

 

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

 

 

ポチっとしていただけると幸いです

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村

猫との暮らしランキング

 



 



 



 


 

猫との暮らし
スポンサーリンク
SNSフォローボタン
りんさくをフォローする
りんさくBOOKS

コメント

  1. りんさくりんさく より:

    ふうちゃんさん、おはようございます!
    いつも読んでいただきたいありがとうございます。

    いつでも、のぞきに来て下さい。
    ありがとうございました。

  2. こんばんは! ブログランキングから来ました。

    猫ちゃんにも、もちろん賞味期限内のキャットフードを与えたいと思います。
    愛猫に対する愛情がたくさん感じられました。楽しく拝見しました。

    また、のぞきに来ます。

タイトルとURLをコピーしました