いつもクールにしている猫に「恥ずかしい」という感情があるのか?

 

こんにちは! りんさく(@sakurarin72)です。

 

以前、小学校ぐらいのお子さんを連れたご家族が、ペットショップで子猫を見ていました。

 

子供:「可愛い~。この子キャットタワーへ登ろうとしているよ」

お母さん:「こんな小さいのに、あんな高い所へ飛び乗れるのかな?」

 

子猫:「ジャーーンプ。ボテッ...コロン...」

 

子供:「え?(笑)。失敗しちゃったね。猫ちゃん大丈夫?」

お母さん:「子猫ちゃん、こっちをチラッと見たよ。恥ずかしかったんだね」

 

という会話をしていました。

盗み聞きするつもりはなかったのですが…すいません。

 

猫は、「ポーカーフェイス」などとよく言われますが、実はとても感情が豊な生き物です。

しかし、いくら感情が豊かだからといって、人間のように「恥ずかしい」という感情を、猫は持っているのでしょうか?

 

今回は、猫も恥ずかしがる事があるの?というお話です。

 

スポンサーリンク

猫に「恥ずかしい」感情はある?

猫と生活をしていると、色々な仕草に癒される事が多々ありますね。

特に、やんちゃ盛りの子猫の仕草は、見ているだけで口元が緩んでしまいませんか?

 

最近、うちにも茶トラの子猫がやってきたのですが、その子を見ているだけで癒されちゃいます。

昨日も、テーブルの上へ登ろうとして、ジャンプをしたのですが、失敗をして転んで恥ずかしそうに走り去って行きました。

 

その姿がすごく可愛いくて~(* ´艸`)クスクス

 

しかし、猫はクールでポーカーフェイス。

そんな猫にも「恥ずかしい」という感情はあるのでしょうか?

 

昔から猫は、自分の失敗を認識できると言われています。

そのため、「恥ずかしいという感情はある」と考えられていますが、専門家の中には「恥ずかしい感情はない」という意見もあるようです。

 

スポンサーリンク

 

恥ずかしいという感情はある

猫は、自分の失敗を認識できる生き物です。

そのため、失敗をするとそれを誤魔化そうと転移行動を取る事があります。

 

転位行動とは、猫が気を紛らわすためにとる行動です。

猫が、軽いストレスを感じた時に、気持ちを落ち着かせ、心のバランスを整えるためにする行動だと考えられています。

 

人間も失敗をしたり、恥ずかし事をすると、髪の毛を触ったり、頭をかいたり、イライラした時には、貧乏ゆすりをしたりしますよね。

それも全て「転位行動」なのです。

 

猫が失敗をして恥ずかしい時の転移行動は、毛づくろいをしたり、爪をといだりします。

 

「チェッ!失敗をしちゃったよ。さっきのは無かったことにしよう」

という恥ずかしい気持ちを、誤魔化すための行動だと言われています。

 

「猫にも恥ずかしい感情があるという専門家の意見の中に、人間と猫の脳は約90%が同じ構造だから、「猫にも人間と同じ感情はあるはずだ!」という意見もあるようです。

 

スポンサーリンク

 

恥ずかしいという感情はない

昔から猫は、「周囲の目を気にしない生き物だ」と言われています。

 

人間は何かに失敗をすると、「誰かに見られたかも⁉」と、人目を気にしてしまいますよね。

しかし猫は、「あぁ~あ、失敗しちゃったよ」ぐらいにしか、思っていないそうです。

 

要は、他人にどう思われていようが、どうでもいいという事なのでしょう。

 

しかし一方では、「失敗をした時に誤魔化すような仕草(転移行動)をするという事は、恥ずかしいと感じているからじゃないの?」という、反論の意見もあるようです。

それに対して、「いやいや、あれは失敗をした時のストレスを緩和する行動だ」と断言しています。

 

他にも、

猫の感情は、人間でいうと1歳半程度の感情しかないと考えられています。

その頃は、まだ「恥ずかしい」という感情を持っていない、猫は恥ずかしいと感じないという意見もあるようです。

 

なんにせよ、「恥ずかしいと感じている確証がない」という事なのでしょう。

 

実際のところ、明確にはわかっていませんが、猫と暮らしていると「今、絶対に恥ずかしいと思ったよね」という仕草をする時がありますよね。

 

スポンサーリンク

さいごに

専門家の間で、猫に恥ずかしいという感情は、「ある」「ない」と意見が分かれているようですが、感情が豊かな猫なので、「恥ずかしい」という感情はありそうな気もしますね。

 

猫と一緒に暮らしている飼い主さんのほとんどの方は、「ある」と言っているようです。

 

猫は、恥ずかしがる仕草の他にも、様々な仕草や行動で僕たちを癒してくれます。

愛猫の可愛い姿で、日々の疲れを吹き飛ばしましょうね。

 

おしまい

 

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

猫の気持ち
スポンサーリンク
SNSフォローボタン
りんさくをフォローする
りんさくBOOKS

コメント

タイトルとURLをコピーしました