そんなに写真を撮らニャいで!猫がカメラを嫌う理由と慣れさせる方法

 

こんにちは、りんさく(@sakurarin72)です。

 

「愛猫との思い出を写真に残しておきたい」

飼い主さんなら、誰もが思う事ですよね。

僕なんて写真ホルダーは、愛猫のばかり写真です(笑)

 

しかし愛猫にカメラを向けると、顔を背けたり、走って逃げて行ったりする事がありませんか?

 

実は猫って、カメラが苦手なのです。

 

今回は「なぜ猫はカメラが苦手なのか」というお話です。

 

スポンサーリンク

なぜ猫はカメラが苦手なの?

愛猫の可愛い姿を写真に収めようとして、デジカメや一眼レフカメラを構えた途端に逃げ出したり、こっちを向かなくなった事ってありませんか?

 

それは、猫がカメラを苦手だからです。

 

猫が、カメラを苦手とする理由は3つあります。

 

スポンサーリンク

レンズが怖い

猫はカメラのレンズが、大きな目に見えるそうです。

猫がじっと見つめ合うことは、敵意を示しています。

 

「なんだよ。やっちゃうぞ!」

という意思表示です。

 

しかし、猫は平和主義者。

「揉め事は、出来る限り避けたい」という性質を持っています。

 

カメラのレンズを大きな目と思っている猫は、

「大きな目を持っているヤツに狙われている⁉怖い…」

と感じて、目を背けたり、逃げてしまうのです。

 

「愛猫の可愛いショットを撮りたい」という気持ちはわかりますが、カメラを持って追いかけ回す事は、猫にとってすごくストレスになります。

「飼い主さんに何かされる」と思い、警戒心が強くなり、嫌われてしまうかもしれません。

カメラを持ってしつこく付け回す事は、やめてあげましょうね。

 

スポンサーリンク

シャッター音がウザイ

カメラのシャッターを押すと「パシャ」「カシャ」という音が猫にとっては、聞きなれない怖い音に感じてしまうのです。

猫の聴力は、人間の8倍、犬の2倍と言われています。

 

愛猫の可愛い寝顔を撮ろうと、近くでシャッターを「パシャ、パシャ」すると、猫にしてみれば迷惑な話なのです。

 

「うるさいニャー、寝れないじゃないか!」

と、起こされた事にイライラしてしまいます。

 

リラックスしている時に「パシャ、パシャ」されるのも

「寛いでいるのに、なんだこの聞きなれない音は?」

と、不快に感じてしまうのです。

 

耳の良い猫からすると、カメラのシャッター音は、うるさくて耳障りな音に聞こえてしまうのです。

 

スポンサーリンク

フラッシュが嫌い

ことわざに「猫の目」という言葉があります。

 

意味は

猫の目が明暗により、細くなったり丸くなったりすることから、物事がめまぐるしく変化をする、ということのたとえです。

 

猫の目は、光の量に応じて瞳孔を変化させています。

それがカメラのフラッシュで、急にたくさんの光が目に入ってくると、猫はすごく疲れて強いストレスを受けてしまうのです。

ひどい時には、失明する事もあるといいます。

 

出来る事ならフラッシュなしで、写真を撮るようにしましょうね。

 

猫の目について書いてあります。興味がありましたら読んでみて下さい。

スポンサーリンク

カメラに慣れさせる方法

要は、「カメラって怖くないのだよ」という事がわかれば、猫だって嫌がる事はないはずです。

あまり見かけない物なので、警戒をしてしまう事もあるのだと思います。

普段からカメラに触れていれば、カメラを見ても怖がらずに、いられるのではないでしょうか。

 

もしカメラにふれさせるのであれば、安い物でもないので傷をつけられない、壊されない程度に触れさせてあげましょうね。

 

スポンサーリンク

離れて撮る

「やっぱり愛猫のおもちゃには高すぎるよ」という方が、ほとんどだと思います。

僕は、そんなに高いカメラを持っていませんが、もしその立場だったら絶対に嫌ですね(笑)

 

猫の力で、カメラが壊れるわけないとわかっていても、なんとなく・・・ね。

 

愛猫がカメラを嫌がるようなら、少し離れた所からズームや望遠で撮る事をおすすめします。

その時でも、シャッターの音やフラッシュは消してあげて下さいね。

 

もし気づかれて逃げるようなら、一旦諦めましょう。

嫌われてしまう可能性があるので、深追いは禁物です。

 

最近は、スマホのカメラ性能が素晴らしいので、デジカメ並みに綺麗に撮れたりもします。

スマホだと猫が苦手とするレンズも小さいので、一瞬のスキをついて撮れるのではないでしょうか。

 

お手軽ですしね。

 

「猫はストレスが溜まるとこんな行動をするのだよ」という事が書いてあります。興味がありましたら読んでみて下さい。

スポンサーリンク

さいごに

親御さんが、子供の成長を写真に残しておく気持ちと同じで、飼い主さんなら愛猫の可愛い姿を残しておきたいですよね。

 

それをSNSなどにアップして、「いいね」がもらえたり、誰かに「可愛い」って言ってもらえたら、飼い主としてこんな嬉しい事はありません。

 

ですが、「愛猫の可愛い姿を収めたい」という気持ちもわかりますが(僕も同じなので)、嫌がる愛猫の気持ちも、少しだけ考えてあげて下さいね。

 

猫の機嫌がいい時は、耳としっぽがピンと立っています。

機嫌がいい時が、愛猫の一番可愛い時だと思います。

 

愛猫に負担がかからない程度に、愛猫との素晴らしい思い出を、たくさん写真に残しましょうね。

 

おしまい

 

 

ストレス解消、運動不足には体を動かすのが一番!楽しく遊ばせてあげましょうね。

 

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました