夜中に「ニャーニャー」どうしたの?愛猫が夜鳴きをする理由と対処法

 

こんにちは! りんさく(@sakurarin72)です。

 

僕は最近、悩まされている事があります。

それは「夜鳴き」です。

 

「えっ、子ども?」

「そんなに小さい子がいるの?」

 

と、聞こえてきそうですが、実はいるのです。

生後5ヵ月の子がいます。

 

「どんな子かって?」

 

色白で目がクリッとしていて、モフモフの服を着て「ニャー」と言うのが口癖の女の子です。

 

「猫やんけ!」 (* ´艸`)クスクス

 

とんだ茶番にお付き合いいただき、

ありがとうございました。m(__)mスミマセン

 

うちには、生後5ヵ月の子猫がいるのですが、最近その子の夜鳴きがひどくて寝不足なのです。

3時~4時頃になると、廊下を「ニャ~ン、ニャ~」と言って、ウロウロと歩いています。

少しすると、耳元に来て「ニャーニャー」と、何かを訴えてくるのです。

 

背中や頭を撫でてあげると、おとなしくなって寝ていきますけどね。

 

猫を飼っている方なら、同じような経験をされた方もいると思います。

それも、猫を飼っている醍醐味の1つかもしれませんね。

 

では、なぜ猫は夜鳴きをするのでしょうか?

今回は、猫の夜鳴きについてのお話です。

 

スポンサーリンク

猫の夜鳴きとは?

夜泣き(夜鳴き)とは読んで字のごとく、夜に泣く事です。

多くの方は、夜に寝て朝がくると起きる、という生活をしていると思います。

子育ての経験をされた方なら「夜中に赤ちゃんが泣くから眠れない」という悩みを、抱えた事があるのではないでしょうか。

 

猫の夜鳴きもそれと同じで、夜中に「ニャーニャー」と鳴くのです。

 

人間の場合は子供に個体差はありますが、生後約13ヶ月ぐらいまでは、夜泣きをすると言われています。

原因は、はっきりとは判明していませんが、赤ちゃんの睡眠リズムの乱れが原因ではないかと、考えられています。

その他にも「お腹が空いた」「おむつを交換して!」など、何かを要求している時に、泣くこともあるそうです。

 

では、猫の夜鳴きも人間の赤ちゃんと、同じような理由なのでしょうか?

猫は、薄明薄暮性(はくめいはくぼせい)動物だと言われているので、夜中に鳴くことは普通の事なのです。

薄明薄暮性とは、夕暮れや明け方の薄暗い時間帯に、行動をする事)

 

しかし、猫は何かを要求する時や伝えたい時、恐怖を感じた時以外は、あまり鳴く事はないとされています。

つまり猫の夜鳴きは、飼い主さんに何かを伝えようとしているのです。

 

いったい、何を訴えているのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

猫が夜鳴きをする理由

野生の猫は、敵に居場所を察知される事を恐れて、ほとんど鳴かないと言われています。

逆に飼い猫は、飼い主さんとのコミュニケーションのために、鳴くことが多いとされているのです。

 

猫が鳴く時は、

  • 甘えている
  • 何かを要求している
  • 恐怖を感じている
  • 発情期
  • 威嚇をする時

という理由から、鳴く事がほとんどです。

特にメスよりオスの方が、鳴く頻度が多いとされています。

 

では、夜鳴きはどれに当てはまるのでしょうか?

猫は年齢によって、夜鳴きをする理由が違います。

 

スポンサーリンク

 

子猫

生後1ヵ月未満の子猫は、母猫や飼い主さんの姿が見えないと、不安になり夜鳴きをすると言われています。

子猫に限らず、母猫と離れた直後や里親さんに引き取られた後は、環境が変わった不安と寂しさから、夜鳴きをする事が多いようです。

 

しばらくして環境に慣れてきても、夜になり飼い主さんが寝てしまうと、周りに誰もいないという不安と寂しさから、夜鳴きをしてしまうと考えられています。

 

子猫が、今の環境に慣れるのには少々時間がかかりますが、母猫になったつもりで温かく見守ってあげると、自然と夜鳴きをしなくなります。

 

 

成猫

今の環境に不満やストレスを感じると、夜鳴きをする事があります。

 

例えば

  • 夜中にお腹がすく
  • トイレが汚れている
  • 構ってほしい
  • 寒い

などの理由が、夜鳴きにつながると言われているのです。

 

夜中にお腹がすくと「ミャー」「ニャーオン」「ニャー」「ニャオ」といった感じで、少し長く強めに鳴きます。

このように鳴く時は、何か要求をしている事が多いです。

 

「腹減った~」

「トイレをきれいにしてよ」

「遊ぼうよ」

「寒いよ」

と、要求は様々です。

夜中や明け方に行動をする猫にとっては、夜中に鳴いて何かを伝える事は、普通のことなのかもしれませんね。

 

成猫になると、要求以外にも夜鳴きをする事があります。

それは、発情期を迎えた時です。

 

成猫が夜鳴きをする最も多い理由は、発情期の興奮からだと言われています。

いつもより甲高い声で夜鳴きをしている時は、発情期を迎えた時かもしれません。

メス猫よりオス猫に、よく見られると言われています。

 

スポンサーリンク

 

老猫

猫も人間と同じように、歳を重ねるごとに聴力や視力が衰えていきます。

その不安から、夜鳴きをしやすくなると考えられているのです。

 

それと、今問題となっているのが「猫の認知症」です。

猫が認知症になると、夜鳴きをする回数が増えると言われています。

今までのように、要求をして鳴くのではなく、無意味に鳴くいわゆる「無駄鳴き」が多くなるのです。

 

この認知症は、老化以外にも病気が原因で起こるケースもあります。

無駄鳴きや夜鳴きが増えると

  • 甲状腺機能亢進症
  • 高血圧症
  • 脳腫瘍

などへの、病気の疑いがあります。

 

猫の認知症は気づきにくいとされていますが、毎日一緒にいればわかるはずです。

いつもと違う行動や仕草が見られた時は、早めに動物病院に連れていってあげて下さい。

 

スポンサーリンク

夜鳴きをした時の対処法

子猫

子猫が夜鳴きをしていると、「どうしたの?可哀想に」と、ついつい構いたくなりますよね。

その気持ちもわかりますが、夜鳴きをするたびに構ってあげていると「鳴けば構ってもらえる」と、子猫が思い込んでしまいます。

 

少し可哀想な気もしますが

「鳴けば何でもしてくれると思うなよ」

ということを勉強させましょう。

 

夜鳴きをしても、基本無視で大丈夫です。

 

 

成猫

「トイレが汚いから」「お腹がへっている」「寒いから」などの理由で鳴いている時は、その要求を解消してあげれば済むことです。

しかし「寂しいから」「遊んでほしい」という理由で夜鳴きをしている時は、子猫の時と同様に相手をせず無視をしましょう。

 

あと、発情期を迎えた成猫の夜鳴きは、去勢、避妊手術をしないと、なくなることはありません。

猫は発情期に交尾ができないと、強いストレスを感じてしまいます。

夜鳴き以外に、そのストレスから解放してあげる事も大切なことです。

 

「子猫が産めなくなる」というデメリットな事もありますが、病気やストレスの事を考えると、去勢、避妊手術を検討してみる価値はあると思います。

 

 

 

スポンサーリンク

 

老猫

認知症などで夜鳴きをする老猫には、今以上にコミュニケーションをとってあげて下さい。

歳を重ねると「目がよく見えない」「匂いがいまいちわからない」「耳が聞こえにくい」といった事が不安になって、夜鳴きをする事が多くなります。

という事は、不安な気持ちを和らげてあげたら、夜鳴きをする回数が減るということです。

大好きな飼い主さんに体を撫でられたり、話しかけられるだけで、愛猫は安心します。

 

「いつもそばにいるから大丈夫だよ」と、飼い主さんの愛情を伝えてあげて下さい。

 

スポンサーリンク

さいごに

猫の薄明薄暮性な生活リズムを、いかに飼い主さんと同じ生活リズムに持っていくかが、ポイントではないでしょうか。

 

しかし、そう思い通りにいかないのが「猫」です。

根気強く、しつけをしてあげましょうね。

その時には、決して大きな声や手を上げないようにして下さい。

 

それと、あまり鳴かない猫が鳴くという事は、何かを伝えたがっている証拠です。

愛猫が、飼い主さんだけに見せる「わがまま」という愛情表現なのかもしれません。

夜中に鳴かれて辛いかもしれませんが、母猫になったつもりで、優しく見守ってあげて下さい。

 

愛猫にとって、1番の理解者でいてあげましょうね。

 

おしまい

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

猫との暮らし
スポンサーリンク
SNSフォローボタン
りんさくをフォローする
りんさくBOOKS

コメント

タイトルとURLをコピーしました