愛猫からの感謝の気持ち。大切な家族にしか見せない行動とは

 

こんにちは! りんさく(@sakurarin72)です。

 

最近、誰かに「ありがとう」を伝えましたか?

人は「ありがとう」を言われると、幸せな気持ちになると言われています。

パートナーに言ってほしい言葉ランキングでは、1位だそうです。

 

この「ありがとう」という言葉は魔法の言葉と呼ばれ、伝えた人、伝えられた人に、様々な効果をもたらすと言われています。

人間は感謝の気持ちを持つと、

  • 幸せホルモン:「セロトニン」
  • 幸福物質:「ドーパミン」
  • 絆ホルモン:「オキシトシン」
  • 免疫力アップ:「エンドルフィン」

などが分泌されて、物事が良い方へ向いていくそうです。

 

「ありがとう」は、伝えた人だけでなく、伝えられた人にも同じ効果があると考えられています。

しかし、面と向かって「ありがとう」と言うのは、照れくさいと思われている方も多いのではないでしょうか。

 

この「ありがとう」は、心で唱えるだけでも効果があると言われています。

ただ、口に出さないと相手に伝わりにくいため、伝える人、伝えられた人の効果は軽減されるのだとか。

 

つまり、感謝の気持ちは口に出して伝えた方が、お互いが幸せな気持ちになれるという事ですね。

 

しかし、人間同士は言葉やジェスチャーで通じ合えたりもしますが、言葉を話せないペットはどう思っているのか、気になりますよね。

いつもお世話をしている愛猫は、感謝をしてくれているのでしょうか?

それとも、「お世話をして当然!」と思われているのでしょうか?

 

今回は、猫って「ありがとう」を言うの?というお話です。

 

スポンサーリンク

愛猫からの感謝の気持ち

そもそも、自由気ままに生きている猫が、飼い主に感謝をするのでしょうか?

ある研究で、猫は自分の事を大切にしてくれた人、愛してくれた人には、与えてくれた愛情よりも深い愛情で、お返しをする事がわかったそうです。

その深い愛情の中には、感謝の気持ちも込められていると考えられています。

 

人間は、誰かに感謝の気持ちを伝えたい時は、言葉やジェスチャー(身体)で表現をする事ができます。

しかし、言葉が話せない猫は、どう表現をしているのでしょうか?

 

実は、猫も身体を使って「ありがとう」を表現しているのです。

 

スポンサーリンク

仰向けになってお腹を見せる

猫は、お腹を見せる事や触られる事をすごく嫌がります。

それは、お腹にもしもの事があったら、命にかかわる危険性があるからです。

 

猫のお腹の中にも人間同様、様々な臓器が入っています。

その大切なお腹に少しでも傷を負うと、体が小さい猫にとっては、命にかかわる程のダメージにもなりかねません。

そのため、猫はお腹を見せたり、触られる事をすごく嫌がるのです。

 

しかし、猫は弱点とも言えるお腹を、惜しみなく見せてくる時があります。

人間も自分の弱点は、誰にも知られたくはないものです。

ただ、心を許している人の前ではどうでしょうか?

 

自分の弱い部分を見せる時が、あったりもしませんか。

猫もそれと同じで、自分が信頼している人、安心できる人の前では、弱点であるお腹を見せます。

そのお腹を見せる仕草こそ、感謝の気持ちを伝えている時なのです。

 

「いつもお世話をしてくれてありがとうね」

「大好きだよ。感謝しているよ」

 

と表現しているのです。

甘えたい、遊んでほしい、という気持ちの時もありますが、同じぐらいに感謝の気持ちを抱いています。

 

愛猫がお腹を見せてきたら、優しく名前を呼んで、撫でてあげて下さいね。

 

スポンサーリンク

舐めてくる

猫は、起きている時間の3分の1以上を、毛づくろい(グルーミング)に費やすと言われています。

多頭飼いをしている方なら見たことはあると思いますが、猫は自分の身体以外(親や兄弟、仲の良い猫同士)でも、体を舐めあう仕草をする事があります。

 

この行為をアログルーミングといい、信頼関係が築けている相手にしか行いません。

つまり、猫同士の愛情表現なのです。

 

愛猫に、顔や体や手を舐められた事はありませんか?

猫が飼い主さんを舐めている時の気持ちは、母猫が子猫を舐めている時と、同じ気持ちだと考えられています。

 

「大切に想っているよ」

「大好きだよ」

「いつもありがとうね」

などの、愛情と感謝の気持ちを表現しているのです。

 

猫の舌はザラザラしているため、舐められると痛く感じる事もありますが、そこは少し我慢をして、気が済むまで舐めさせてあげて下さい。

愛猫との絆が、より一層深まる時間です。

 

スポンサーリンク

そばにいる

「えっ、いつから横にいたの?」と、思った事はありませんか?

人間は大好きな人を見ると、「その人の視界に入っていたい」「こっちを見て気づいてほしい」という、わざと相手の視界に入って、自分をアピールする感情が強いと言われています。

 

それは猫も同じで、「大好きな人の視界には、いつも入っていたい」と、感じているそうです。

 

猫が、飼い主さんの視界に入ってくる行為は、「かまってほしい」「ここにいるよ」と、自分をアピールする理由以外にも、

「僕が飼い主さんを守ってあげるよ」

「何かあったら、助けてあげるからね」

という、母性的な感情の時もあると考えられています。

 

この「守ってあげる」という母性的な感情の裏には、猫からの感謝の気持ちも含まれているそうです。

 

「いつもお世話をしてくれてありがとう。

今度は僕がお世話をしてあげるからね」

と思っているのだとか。

 

たまに、体調を崩して寝ていると、寄り添って寝てくれたり、体や手を舐めてくれる事はありませんか?

あれも、「僕が看病をしてあげるよ」という、感謝の気持ちの表れだと言われています。

 

これ以外にも、猫は人間に感謝の気持ちをたくさん伝えています。

愛猫が、飼い主さんだけに見せる感謝の仕草を見つけるのも、面白いかもしれませんね。

 

 

スポンサーリンク

さいごに

猫は、クールであまり感情を見せないように見えますが、実はとても愛情が深い生き物です。

そのため、可愛がってくれた人への感謝の気持ちも、人一倍強いと言われています。

 

イギリスの小説家チャールズ・ディケンズは、このような名言を残されています。

 

猫の愛より偉大なギフトがあろうか

 

猫は、僕たち人間が思っている以上に、愛情が深く義理堅い生き物です。

 

人間と猫が、いつまでも仲良く暮らしていける世の中なら、最高ですね。

 

おしまい

 

 

Amazonでベストセラー第1位の猫用オモチャです。安全に楽しく遊ばせてあげましょうね。

 

 

Amazonベストセラー第1位のキャットタワーです。

 

 

Amazonベストセラー第1位の猫用食器です。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

猫の気持ち
スポンサーリンク
SNSフォローボタン
りんさくをフォローする
りんさくBOOKS

コメント

タイトルとURLをコピーしました