意味を知って愛おしさ倍増⁉愛猫が頭突きをしてくる時の心理とは

 

こんにちは! りんさく(@sakurarin72)です。

 

仕事が終り家へ帰ると、愛猫がどこからともなく走ってきて、必ずと言っていいほど、足へ頭突きをしてきます。

まるで、「おかえり~」と言われているようで、その瞬間がたまらなく好きです。

 

たまに、寝ている時でも急に頭突きをしてきます。

さすがに、寝ている時は「止めてくれー」と言うのですが、内心はちょっと嬉しいです(笑)

 

しかし、なぜ猫は頭突きをしてくるのでしょうか?

今回は、猫の頭突きについてのお話です。

 

スポンサーリンク

猫が頭突きをしてくる時の心理

猫は人間に対して、様々な仕草や行動で自分の気持ちをアピールしてきます。

その中の1つに、「頭突きをする」という行動があるのはご存知でしょうか?

 

猫を飼っている方なら、「愛猫に頭突きをされた!」という経験が、1度はあると思います。

「もしかして、私の事を嫌いなの?」と、不安に思っちゃいますよね。

 

人間同士なら、攻撃的な感情で相手に頭突きをする事がほとんどですが、猫の場合は少し違います。

猫の頭突きには、どんな気持ちが込められているのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

愛情表現

猫が頭突きをしてくる理由の一つは、相手に対して「大好き」という気持ちを伝える意思表示です。

この行為は、人間に対して頭突きをする以外にも、猫同士でもよく見られます。

 

言わば、信頼し合っている猫同士の、あいさつのようなものです。

相手に対して、「大好きだよ」「大切に想っているよ」などの感情を抱いていないと、猫は誰かに頭突きをする事はありません。

 

人間もそうですが、頭といえば急所にあたる部分です。

急所である部分を、相手へくっつけにいくのですから、信頼していなければできませんよね。

 

愛猫が頭突きをしてきたら、飼い主さんの事を大切に想っている証拠です。

優しく頭を撫でて、お返しをしてあげて下さいね。

 

ちなみに、生後1歳未満の猫が頭突きをするのは、ほとんどが愛情表現からだと言われています。

飼い主さんの事を、母猫のように信頼している証拠です。

 

スポンサーリンク

 

匂いづけ

猫は、相手に自分の匂いを付けたい時に、頭突きをする事があります。

つまり、「マーキング行為」です。

縄張り意識が強い猫は、周囲に「これは僕のものだ!」と主張するために、自分の匂いをつけます。

 

猫の身体には、臭腺(しゅうせん)と呼ばれる臭いを分泌する箇所が、いくつもついています。

特に顔には、たくさんの臭腺が付いているのです。

 

猫の顔には、「おでこ」「下あご」「上唇」「耳の後ろ」などに臭腺が付いています。

猫が頭突きをしてくるのは、顔に付いている臭腺で、相手に自分の匂いを付けたいからなのです。

 

外出先から帰ってきたり、お風呂上りに頭突きをしてくる事が多いと言われています。

それは、外出先やお風呂で自分の匂いが消えてしまったからだそうです。

 

飼い主は僕のものなのに、なんだこの知らない匂いは💢

 

という感じで、頭突きをして匂いを付け直しているのです。

何とも健気な(〃艸〃)クスッ

 

「猫がヤキモチ妬き」というのは、本当なのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

あいさつ

人間でいうと、恋人や仲のいい友達とするハグのような感覚で、猫は頭突きをするのだと言われています。

「おはよう」

「元気だった?」

「久しぶり~」

などの、軽いあいさつ代わりに、頭突きをするのです。

 

その他にも、相手に敬意を示す場合でも頭突きをします。

  • 子猫から親猫へ
  • メス猫からオス猫へ
  • メス猫同士
  • 新入り猫から先住猫へ
  • 愛猫から飼い主へ

など、自分よりも優位な相手へあいさつをする場合でも、頭突きをする事があるそうです。

ちなみに、オス猫からメス猫へ、オス猫同士で頭突きをするケースは、少ないと言われています。

つまり、オス猫は「僕が一番立場が上だ!」と感じている子が、多いという事なのでしょう。

 

この猫同士が、体や頭をこすり合わせる行為を「アロラピング」と呼んでいます。

人間でいう、ハグや握手のようなものです。

 

猫のコミュニケーションと言えば、「グルーミング」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

 

グルーミングは、お互いを舐め合って絆を深める行為。

アロラピングは、お互いの体や頭をこすり合わせて絆を深める行為。

 

どちらも、信頼している猫同士にしか見られない行為です。

飼い主さんへの場合は、「信頼しているよ」という愛猫からのメッセージなのでしょうね。

 

スポンサーリンク

 

要求をしている

「お腹がすいた」「遊ぼうよ」「撫でてよ~」など、何かを要求している時に、頭突きをしてくる事があります。

愛猫からの要求を素早く察してあげると、絆が深まる事は間違いなしです。

 

猫が、頭突きで要求を伝えようとしている時は、「ゴロゴロ」と喉を鳴らしている事が、多いと言われています。

愛猫をよく観察して、気持ちに応えてあげましょうね。

 

痒いから

単に顔や頭が痒いから、こすりつけてくる事もあります。

 

僕たちも、手が届かない所が痒くなると、誰かに搔いてもらったり、物を使って搔いたりする事がありますよね。

それと同じで、猫も自分の手が届かない所が痒くなると、何かを使って搔くのです。

壁へ身体を擦り付けたり、飼い主さんの一部に身体や頭をなすり付けて、痒い所を搔いています。

 

その行動が、頭突きをしているように見えるそうです。

もし、愛猫が身体をどこかへなすり付けているようなら、痒いのかもしれません。

 

痒い所を撫でてあげたり、搔いてあげると、愛猫はすごく喜んでくれます。

 

スポンサーリンク

さいごに

猫の頭突きには、色々な気持ちが込められているのです。

しかし、そのほとんどが相手への愛情表現だと言われています。

 

愛猫が頭突きをしてきたら、飼い主としては喜んでいいのではないでしょうか。

それだけ愛猫に、信頼をされている証拠なのです。

 

もし、愛猫に頭突きをされたなら、優しく名前を呼んで撫でてあげて下さい。

特にあごの下や頭など、愛猫が気持ちよくなる場所を撫でてあげると、絆が深まります。

 

いつまでも、愛猫の気持ちに応えられる飼い主で居てあげましょうね。

 

おしまい

 

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました