日向ぼっこが好きな猫にも紫外線対策は必要?猫の日光皮膚炎について

 

こんにちは! りんさく(@sakurarin72)です。

 

陽気な天気に誘われて、海へ遊びに行くと、半袖のシャツを着た方がチラホラ。

「もうそんな季節か。今年の夏も暑くなりそうだ」

と、しみじみ思う今日この頃。

 

家に帰ると、猫たちは窓際で日向ぼっこ中。

晴天だと気持ちがいいのは、猫も同じだ。

 

しかし、天気がいいと気になるのは「紫外線」

特に今からの時期は、日差しが強くなってくるので、紫外線対策には気を配らなければいけません。

 

人間の肌には、水分の蒸発を防ぎ、微生物などからの侵入を守る「保護層」というものがあります。

紫外線を浴びることによって、保護層の働きを弱めてしまうために、肌は老化してしまうのです。

肌が老化をする原因は、約80%が紫外線の影響によるものだと言われています。

 

紫外線は、皮膚ガンの発生率も高めるといいますので、これからの季節は十分な対策をとって下さいね。

人間なら色々な対策グッズで予防をする事ができますが、日向ぼっこが大好きな猫はどうでしょうか?

 

ほぼ毎日、紫外線を受けているような気もしますが...

 

という事で今回は、猫は紫外線を受けても大丈夫なの?というお話です。

 

スポンサーリンク

紫外線(UV)とは

5月頃から、徐々に強くなると言われる「紫外線」

紫外線は、波長の長さによって3種類に分類され、波長が短い順に「UV-C」、「UV-B」、「UV-A」と呼ばれています。

 

美容の大敵、皮膚ガンになる、などと言われ、あまり良いイメージを持たない紫外線ですが、人間の体にはある程度の紫外線が必要だ、という研究結果が出ているのです。

 

スポンサーリンク
UV-C

大気圏などに吸収されるため、地表へは到達しません。

 

UV-B

これも、ほとんどが大気圏に吸収されますが、一部は地表へ到達するため、人体へは悪影響を及ぼすそうです。

「レジャー紫外線」とも呼ばれ、皮膚や目に影響を与えるために、シミなどの原因になると言われています。

 

スポンサーリンク
UV-A

最も波長が長いため、皮膚の奥深くまで到達し、コラーゲンなどを破壊するそうです。

「生活紫外線」とも呼ばれ、しわやたるみ、白内障の原因になると考えられています。

 

これだけ見ると、良いことはない紫外線ですが、実は人間の体には必要だと言われているのです。

人間の体に必要な「ビタミンD」は、1日の必要量を食事から取る事は難しいと言われています。

しかし、3分間日光浴をするだけで、1日分のビタミンDが体内で作れるのです。(天候や地域などによって、時間が異なることがあります)

 

人間の体には、適量な紫外線が必要なのですね。

 

では、暇さえあれば日光浴をしている猫は、紫外線を長時間浴びているけど、大丈夫なのでしょうか?

 

スポンサーリンク

猫も日焼けをする

猫は、日向ぼっこが大好きです。

陽に当たって、のんびりと気持ちよさそうな姿を見ると、こちらまでほっこりとした幸せな気持ちになりますね。

天気が良い日は、1日中日向ぼっこをしている時もありますが、「日焼けしないの?」と考えた事はありませんか?

 

実は、猫も日焼けをするのです。

猫が日焼けをすると、耳や鼻や目などの被毛が少ない部分やメラニン色素の少ない部分が、赤くなってきます。

しかし、すべての猫が同じように日焼けをするわけではありません。

 

茶色や黒色が多めの猫は、被毛である程度の紫外線をガードできるため、日焼けはしにくいと言われています。

逆に、メラニン色素が少ない白猫や白色が多めの猫は、紫外線を防御する力が弱いため、紫外線が皮膚まで到達しやすくなるのです。

その中でも青色の目を持った白猫、白い老猫は、日光皮膚炎になりやすいと言われています。

 

ある専門家によると、「完全室内飼いの猫ならそれほどシビアに考えなくてもいい」という意見もあります。

なぜなら、室内だと直射日光を遮れるからだそうですが、気をつけるに越したことはないようですね。

 

 

スポンサーリンク

日光皮膚炎とは

別名「日光過敏症」とも言い、日光に含まれる強い紫外線(UV-B)を、長時間浴びることで発症する皮膚病です。

耳の先端、鼻、目や口周りなどの、毛が少ない部分の皮膚が赤くなったり、フケ、脱毛などの症状が見られます。

軽い日光皮膚炎は、猫同士のケンカで出来た傷と似ているため、気づきにくいとも言われています。

 

ただケンカ傷と違う点は、痒みを伴う事です。

人間も日焼けをしてある程度の時間が経つと、肌が痒くなったりしますが、猫も同様に日焼けをすると痒みを伴います。

痒みを伴うため、搔いて患部を出血させて、皮膚炎を悪化せてしまう事も多々あるそうです。

 

日光皮膚炎が進行すると、患部が赤くただれて潰瘍(かいよう)ができたり、黒いかさぶたで覆われたり、耳が変形したりします。

最悪の場合は、「扁平上皮がん(へんぺいじょうひがん)」という皮膚がんにまで進行するケースもあるため、十分な注意が必要です。

 

外猫、家で飼っていても外に出している猫は、夏の紫外線を長時間浴びさせないようにしましょう。

 

特にメラニン色素が少ない白猫、老猫は要注意です。

 

スポンサーリンク

猫の紫外線対策

猫が日光皮膚炎を引き起こさないためには、紫外線を避けてあげる事が大切です。

紫外線は5月頃から増え始めて、7月~9月頃までがピークだと言われています。

その中でも、12~14時までが最も強くなる時間帯です。

この時間帯は、なるべく猫を外に出さないようにしましょうね。

 

家で日向ぼっこをしている猫も、直射日光ではないにしろ、紫外線の被害を受ける事があります。

カーテンで紫外線を遮ってあげたり、ガラスにUVカットフイルムを貼ってあげるなど、紫外線対策をしてあげて下さいね。

 

しかし色々な対策をしても、家と外を出入りさせている猫の場合だと、知らない間に出て行っていた、という事もあると思います。

 

ある専門家は、「赤ちゃん用の日焼け止めクリームを塗ると紫外線対策になる」と言っていました。

専門家が言うので間違いはないのでしょうが、人間用を猫に塗っても、絶対に大丈夫という保証はないと思います。

もし、猫に赤ちゃん用の日焼け止めクリームを塗ってあげるのなら、舐めないように注意をしてあげて下さいね。

 

スポンサーリンク

さいごに

猫も人間と同じで、紫外線には気をつけてあげなければいけません。

 

猫は、涼しい場所、暖かい場所を探すのは、人間よりも数段に優れているので、あまり気にする事ではないのかもしれませんが、もしもの事を考えると、やってあげるに越したことはないはずです。

 

愛猫も僕たち人間も、紫外線対策をバッチリとして、暑い夏を楽しく過ごしましょうね。

 

おしまい

 

 


 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました